お問い合わせ・ご予約

初診専用ダイヤル

050-7576-1964

再診・その他のお問い合わせ

B1F03-3775-4181

3F03-6429-1182

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

診療時間:10:00~20:00 ※土日祝は19:00まで

ホワイトニングで歯が白くなるのはどんな仕組みなのでしょうか?|大森駅北口改札のすぐの歯医者なら横須賀歯科医院

横須賀歯科医院
横須賀歯科医院へのお問い合わせ:B1F 03-3775-4181 3F 03-6429-1182

院長ブログ

  • ホワイトニングで歯が白くなるのはどんな仕組みなので 2017.10.01 NEW

  • 大田区大森駅ナカの歯医者さん、横須賀歯科医院です。
    今回のテーマは「ホワイトニングで歯が白くなる仕組み」です。
    近年、歯科の診療科目の中で最も注目されているのは審美歯科でしょう。
    虫歯や歯周病のない健康な歯を維持するだけでなく、歯そのものを美しく見せたい方が増えているのです。

    そして審美歯科で行う治療の中で特に希望の多い治療が、歯を白くするホワイトニングです。
    しかし、希望する方は多くてもホワイトニングの方法を知らない方はまだまだ多く、
    「歯が白くなる治療」と漠然としたイメージを持っている方がほとんどです。
    そこで、ここではホワイトニングの治療方法をテーマにして、なぜ歯が白くなるのかについて説明します。

    ホワイトニングの治療方法

    まずホワイトニングの治療方法について説明すると、治療方法自体は特に難しいことはありません。
    ホワイトニング剤と呼ばれる専用の薬剤を歯に浸透させる…これがホワイトニングの治療方法です。
    ただし、この治療方法には3つの種類があり、それぞれ効果や費用の点で異なる部分があります。

    オフィスホワイトニング

    歯科医院で行う方法で、歯科医によって行われるため高濃度のホワイトニング剤を使用できます。
    このため効果があらわれるまでの期間が短く、短期間で歯を白くできるのがメリットです。
    ただしその反面後戻りも早いため、「早く白くできるが元に戻るのも早い」という特徴を持っています。

    ホームホワイトニング

    専用のマウスピースとホワイトニング剤を歯科医院で受け取った後、自宅で行う方法です。
    自宅で行う点からオフィスホワイトニングほど高濃度のホワイトニング剤の使用ができません。
    このため白くなるには期間がかかりますが、その分オフィスホワイトニングより白さが長持ちします。

    デュアルホワイトニング

    オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用するため、それぞれの特徴を活かせる方法です。
    このため、「早く白くできて長持ちする」という、3つの中で最も優れた方法です。
    ただし、オフィスホワイトニングやホームホワイトニングに比べて費用は高くなってしまいます。

    …ホワイトニングの方法にはこれら3つの種類がありますが、
    いずれも「ホワイトニング剤を使用して歯を白くする」という治療方法自体は全く同じです。

    歯が白くなる仕組み

    ホワイトニングで歯が白くなる仕組みには、歯の表面のエナメル質が深く関わっています。
    元も歯の変色というのは、歯の表面 のエナメル質ではなくその奥にある象牙質が変色しているのです。
    ではなぜ歯の奥にある象牙質の変色が外側から見えるのか?…それはエナメル質が無色透明だからです。
    例えるならエナメル質は透明ガラスに等しく、その奥にある変色した象牙質がそのままうつってしまうのです。

    さて、ホワイトニング剤を使用するとそんなエナメル質を構造変化させることができます。
    具体的には、エナメル質を透明ガラス状から曇りガラス状に変化させることができるのです。
    そして、曇りガラス状になることで象牙質の変色をうつらなくさせ、歯が白くなったように見えるのです。
    つまり「歯を白くする」ではなく「歯を白く見せる」というのがホワイトニングの仕組みです。

    1つの例え

    上記で説明したホワイトニングの仕組みがよく分かりやすい1つの例えを紹介します。
    浴室で自分が入浴している場面を想像してみてください。浴室には窓ガラスがありますが、
    この窓ガラスが単なる透明ガラスでは、外側から入浴しているあなたの姿が見えてしまいます。
    しかし、窓ガラスを透明ガラスから曇りガラスに交換すれば、外側からあなたの姿は見えづらくなるでしょう。

    これは当然の配慮であり、だからこそほとんどの浴室の窓は曇りガラスになっています。
    実はホワイトニングの仕組みはこの例と全く同じです。
    透明ガラスの向こうにあるもの…つまり変色した象牙質は通常外側から見えてしまいますが、
    曇りガラスに交換…つまりエナメル質を構造変化させることで見えなくさせているわけです。

    まとめ

    いかがでしたか?
    最後に、ホワイトニングで歯が白くなる仕組みについてまとめます。

    1. ホワイトニングの治療方法 :ホワイトニングの治療方法には3つの種類がある
    2. 歯が白くなる仕組み :ホワイトニング剤でエナメル質を構造変化させ、象牙質を見えなくさせる
    3. 1つの例 :浴室は入浴姿が見えないように曇りガラスになっているが、ホワイトニングはこれと同じ発想

    これら3つのことから、ホワイトニングで歯が白くなる仕組みが分かります。
    まとめると、ホワイトニングで歯が白くなるのはホワイトニング剤の効果によるもので、
    透明ガラスに等しいエナメル質を構造変化させ、曇りガラスにすることで象牙質をうつらなくさせています。

    つまり、歯を白くするのではなく歯を白く見せるというのがホワイトニングの仕組みです。
    1つ注意点を追記しておくと、このホワイトニングはどんな変色にも対応できるわけではなく、
    テトラサイクリンの影響による歯の変色には効果が薄いと言われています。

  • セラミックは保険でできるのでしょうか? 2017.09.20

  • 大田区大森駅ナカの歯医者さん、横須賀歯科医院です。
    今回のテーマは「セラミックと保険適用の有無」です。
    皆さんは健康保険適用の条件をご存じでしょうか?

    実は、医療機関で受けられる治療の全てに健康保険が適用されるわけではありません。
    当然歯科医院の治療においても例外ではなく、中には保険が適用されない治療もあるのです。
    そして、セラミックもまた保険が適用されない治療の1つです。

    1. 保険が適用されない理由

    セラミックで保険が適用されないのは、冒頭でも触れた「健康保険適用の条件」が理由になっています。
    健康保険適用の対象となるのは、「健康を手にする上で必要最低限の治療」となっています。
    さて、セラミックは詰め物や被せ物として使用しますし、どちらも健康を手にする上で必要な治療ですね。

    その意味では、セラミックも「健康を手にする上で」という条件は満たしています。
    しかし「必要最低限の治療」とはならず、それはセラミックが審美目的も兼ねているからです。
    つまりセラミックは必要最低限以上の価値があり、そのため健康保険適用の条件が除外されてしまうのです。

    2. セラミックにする価値

    健康保険が適用されない以上、セラミックの費用は高くなります。
    ただし、セラミックには費用に見合った価値があることを忘れてはいけません。
    逆に言えば、そういったプラスαの価値からこそ、健康保険が適用されないのです。
    では具体的にどんな価値があるのか?…以下でセラミックにするメリットを挙げていきます。

    見た目が美しい

    保険適用となる銀歯は、あくまでも詰め物や被せ物としての最低限の仕様にしかなっておらず、
    審美性は全く無視したものになっています。しかしセラミックは見た目が美しく、
    詰め物や被せ物とは言え、天然の歯と見比べても遜色ない光沢のある白さを誇っています。

    二次虫歯になりにくい

    銀歯にすると使用するにつれて、詰め物や被せ物と歯との間に隙間が生じるようになってきます。
    そうなるとその隙間から細菌が侵入し、二次虫歯を引き起こしてしまいます。
    一方セラミックは隙間が生じにくく、さらにプラークの付着も防げるので二次虫歯になりにくいのです。

    金属アレルギーの心配がない

    金属アレルギーを持っている方にとっては、これも大きなメリットと言えるでしょう。
    セラミックは陶器を素材としているため、一部のタイプのものを除き金属を使用していません。
    このため、銀歯のように金属アレルギーで不安を抱える必要がないのです。

    長持ちする

    セラミックの詰め物や被せ物は、銀歯に比べて寿命が長い特徴があります。
    ケアさえしっかり行っていれば、オールセラミックの場合普通に10年以上使用している方も珍しくありません。
    また、目立った変色などの劣化も起こりにくいため、使用している間は美しさを維持できるのです。

    …これらはいずれも銀歯では得られない、セラミックならではのメリットです。

    3. セラミックの種類

    セラミックにはいくつかの種類があり、それぞれ費用が異なります。
    そして、中にはお手軽な費用のセラミックもあります。
    例えばハイブリッドセラミック…これはセラミックとレジンを混ぜ合わせたタイプです。

    100%セラミックではない分、ハイブリッドセラミックは費用がお手軽というメリットがあるのです。
    他にもオールセラミック、メタルボンド、ジルコニアセラミックといった種類がありますが、
    それぞれ特徴が異なるのはもちろん、費用も異なります。

    4. 銀歯とセラミックではどちらがおすすめか

    保険が適用される銀歯と適用されないセラミック…これだけでどちらがおすすめかは判断できません。
    確かに、何よりも費用の安さを重視するのであれば、銀歯の方がおすすめと言えるでしょう。
    しかし、上記で説明したようにセラミックはそれならではのメリットをいくつも持っています。

    このため、詰め物や被せ物に対して何を重視するかによっておすすめが決まります。
    例えば審美性や機能性を重視するのであれば、
    いくら健康保険が適用されないとは言え、おすすめなのはセラミックになるのです。

    まとめ

    いかがでしたか?
    最後に、セラミックと健康保険適用の有無についてまとめます。

    1. 保険が適用されない理由 :セラミックにすることは審美目的を兼ねることになるため
    2. セラミックする価値 :見た目の美しさや二次虫歯の予防など、費用の高さに見合った価値はある
    3. セラミックの種類 :セラミックとレジンを混ぜたハイブリッドセラミックは費用がお手軽になっている
    4. 銀歯とセラミックではどちらがおすすめか :何を重視するかで決まる。審美性を求めるならセラミック

    これら4つのことから、セラミックと健康保険適用の有無が分かります。
    まとめると、健康保険適用となる治療は「健康を手にする上で必要最低限の治療」という条件があります。
    そして審美目的を兼ねたセラミックは「必要最低限の治療」と認められず、健康保険が適用されないのです。

    ではセラミックにするのは損なのか?…そんなことはありません。
    セラミックには銀歯にはない審美性の高さや機能性があり、
    これらを求めるのであれば例え費用が高くてもセラミックの方がおすすめです。

  • 銀歯とセラミックで迷っていますが、セラミックの利点 2017.09.10

  • 大田区大森駅ナカの歯医者さん、横須賀歯科医院です。
    今回のテーマは「セラミックの銀歯と比較してのメリット」です。
    虫歯治療をした際などの詰め物や被せ物は、材質を選ぶことができます。

    その材質として一般的なのが銀歯ですが、近年注目されているのはセラミックです。
    そこで、ここではセラミックの利点について考え、銀歯との比較を交えながら説明していきます。
    銀歯とセラミックで迷っている方は、それぞれの特徴を知る上でぜひ参考にしてください。

    1. 審美性が高い

    詰め物や被せ物はイコール虫歯の治療跡でもありますし、本来人に見られたくない部分です。
    その上銀歯は目立つため、とても審美性が高いとは言えません。
    その点、セラミックは天然の歯と遜色ない美しさを誇っています。

    特にオールセラミックは光沢のある白さを持っているため、天然の歯と見分けがつかないほどの美しさです。
    つまり、詰め物や被せ物として美しいだけでなく、詰め物や被せ物だと分からないほど審美性が高いのです。
    本来人に見られたくない部分が見せても平気になる…この審美性の高さがセラミック最大の利点です。

    2. 二次虫歯になりにくい

    そもそも詰め物や被せ物は、治療した歯を細菌の感染から防ぐために歯を覆っています。
    このため隙間なく覆っているのですが、銀歯の場合は使用するうちに隙間が生じてしまうのです。
    銀歯が劣化しやすい材質であることと、そもそも銀歯は歯と接着しにくいのが理由になっています。

    そして、隙間が生じてしまうことでそこから細菌が侵入し、二次虫歯…つまり再び虫歯が起こってしまうのです。
    その点セラミックは歯との接着の相性も良く、なおかつプラークが付着しにくい特徴も持っています。
    これらの点からセラミックは銀歯に比べて二次虫歯を予防しやすいのです。

    3. 金属アレルギーの心配がない

    銀歯の素材は言うまでもなく金属ですから、金属アレルギーの方からすれば脅威になるでしょう。
    しかしセラミックの素材は陶器ですから、金属アレルギーの方でも安心して使用できます。
    つまり、セラミックには金属アレルギーの心配がないという利点もあるのです。

    ただしこれに関しては1つだけ注意点があり、全てのセラミックがその対象というわけではありません。
    と言うのも、セラミックの中にはメタルボンドというタイプがあり、これは一部金属を使用しているからです。
    このため、金属アレルギーの回避を理由にセラミックを希望する方は、
    それについて歯科医に伝え、金属アレルギーが起こらないタイプのセラミックを選択する必要があります。

    4. 寿命が長く劣化が起こりにくい

    セラミックは銀歯に比べて寿命が長く、選ぶタイプやケア次第で10年も20年も使用可能です。
    また、その間劣化も起こりにくいため、目立った変色を起こすこともありません。
    一方、銀歯は寿命が短い上に長年使用していると劣化して金属イオンが溶け出してきます。

    そうなると、溶け出した金属イオンの影響で歯肉が黒く変色してしまうのです。
    また、銀歯は劣化することで歯との接着が弱まるため、上記で説明した二次虫歯のリスクも高まります。
    セラミックはこうした目立った劣化が起こらず、なおかつ寿命自体も長い特徴があるのです。

    5. セラミックの欠点

    セラミックの利点という今回のテーマからは逸れてしまいますが、
    実際にセラミックにするかどうかを利点だけで判断するのは禁物です。
    利点だけでなく欠点を把握し、その上で考えなければなりません。

    ちなみに銀歯と比較した上でのセラミックのデメリットは2つで、1つは費用の高さです。
    健康保険が適用されないセラミックは、適用される銀歯に比べて費用が高くなります。
    もう1つは強度の問題で、単純な強度においては金属である銀歯の方が硬い仕様になっています。

    まとめ

    いかがでしたか?最後に、セラミックの銀歯と比較してのメリットについてまとめます。

    1. 審美性が高い :セラミックは天然の歯と変わらないほどの白さと光沢を持ち、銀歯よりも美しい
    2. 二次虫歯になりにくい :セラミックはプラークが付着しにくく、隙間も生じにくいので二次虫歯を防げる
    3. 金属アレルギーの心配がない :セラミックは陶器なので金属アレルギーが起こらない(メタルボンド以外)
    4. 寿命が長く劣化が起こりにくい :銀歯に比べて長持ちする。ケア次第では10年や20年の使用も可能
    5. セラミックの欠点 :銀歯より費用が高く、強度が劣る。こうした欠点を把握しておくことも大切

    これら5つのことから、セラミックの銀歯と比較してのメリットが分かります。
    補足しておくと、セラミックの欠点として「銀歯よりも強度は劣る」と挙げましたが、
    最近ではジルコニアセラミックという非常に硬いセラミックも存在します。

    ジルコニアはダイヤモンドの代わりとして用いられるほど硬いため、
    ジルコニアセラミックにすれば強度における欠点は克服できます。
    また、費用の高さにおいてもそれに見合う価値があることも事実です。

  • セラミック治療とは何ですか?また、銀歯と何が違うの 2017.09.01

  • 大田区大森駅ナカの歯医者さん、横須賀歯科医院です。今回のテーマは「セラミック治療の説明と銀歯との比較」です。ホワイトニングやインプラントなど、近年歯科の世界では審美治療が注目を集めています。

    そして、審美治療の中で最も一般化しつつあるのでセラミック治療です。銀歯ではなくセラミックの詰め物や被せ物を使用するセラミック治療、ここではその治療の特徴を銀歯との比較を交えて説明していきます。

    セラミック治療とは

    セラミック治療とは、詰め物や被せ物をセラミック製のものにする治療で、分かりやすく表現するなら「セラミックの詰め物や被せ物を入れる治療」です。以前までは詰め物や被せ物の材質は銀歯が一般的でしたが、最近ではセラミックが人気となっています。

    このため、銀歯を使用している方がセラミック治療によってセラミックに交換するケースも増えているのです。ではなぜ銀歯ではなくセラミックにこだわる方がそこまで増加しているのか?…それはもちろん、セラミックには銀歯よりも優れた特徴がいくつもあるからです。

    セラミックのメリット

    では実際にセラミックにするメリットを銀歯との比較を交えて説明していきます。

    審美性が高い

    銀歯は目立つため、とても審美性が高いとは言えません。その点セラミックは見た目が美しく、詰め物や被せ物であったとしても天然の歯と遜色ない審美性の高さを誇ります。

    また、銀歯を使用していると金属が溶け出して歯肉が変色してしまうのですが、セラミックにはそれもありません。つまり歯だけでなく、歯肉の美しさも維持することができるのです。

    金属アレルギーが起こらない

    セラミックは文字どおり陶器ですから、金属を使用していません。このため、金属アレルギーの方でも安心して使用できるのです。

    ただしセラミックにはいくつか種類があり、その中の1つにメタルボンドというタイプのものがありますが、このタイプは一部金属を使用しているため、全てのセラミックが金属を非使用というわけではありません。

    二次虫歯を予防できる

    銀歯はプラークが付着しやすく、さらに長年の使用で劣化していきます。そうなると詰め物や被せ物としての接着も弱まってしまい、歯との間に隙間が生じてしまいます。

    この時、生じた隙間から細菌が侵入することで二次虫歯が起こりますが、セラミックはプラークが付着しにくい上に隙間も生じにくいため、二次虫歯を予防できるのです。

    長持ちする

    詰め物や被せ物は人工物ですから、一生使用できるというわけではなく寿命があります。そして、セラミックはその寿命が非常に長いという特徴があるのです。

    つまり、銀歯に比べて圧倒的に長持ちしますし、劣化によって変色が起こることもほとんどありません。肝心の寿命の長さはケア次第で変わりますが、オールセラミックなら10年や20年使用している方もいます。

    セラミックのデメリット

    何事にもメリットとデメリットがあるように、セラミックにもデメリットはあります。そこで、次にセラミックのデメリットを銀歯との比較を交えて説明していきます。

    費用が高い

    セラミックは基本的に保険が適用されないため、保険適用となる銀歯に比べて費用は高くなります。とは言え、セラミックには上記で説明した複数のメリットがあることを考えると、銀歯と比べれば高くなるものの、単に高額なわけではなくそれに見合った価値があるのも事実です。

    欠けたり割れたりすることがある

    セラミックは陶器ですから、金属である銀歯と比べると強度の点では劣ります。このため、あまり強い力で噛んでしまうと欠けたり割れたりしてしまうことがあるのです。
    最も、強度に関してはジルコニアセラミックを選択することで問題は解決します。

    セラミックの種類

    セミックにはいくつかの種類があります。ここまでの説明の中でもメタルボンドやジルコニアセラミックが登場しましたが、これらを含めてセラミックの種類と特徴を説明します。

    オールセラミック

    100%セラミックを使用したタイプで、セラミックの中でも最も美しいとされています。

    ハイブリッドセラミック

    セラミックとレジンを混ぜたタイプで、レジンが混ざっているため費用が安めなのがメリットです。

    ジルコニアセラミック

    100%セラミックなのに加え、金属と変わらないほどの強度を持つ新しいタイプのセラミックです。

    メタルボンド

    一見セラミックですが、見えない裏側は金属になっているタイプです。

    まとめ

    いかがでしたか?最後に、セラミック治療の説明と銀歯との比較についてまとめます。

    1. セラミック治療とは :詰め物や被せ物をセラミックのタイプにする治療
    2. セラミックのメリット :審美性が高い、金属アレルギーが起こらない、二次虫歯になりにくいなど
    3. セラミックのデメリット :費用が高い、金属より強度が劣るため欠けや割れが起こるなど
    4. セラミックの種類 :オールセラミック、ハイブリッドセラミック、ジルコニアセラミック、メタルボンド

    これら4つのことから、セラミック治療の説明と銀歯との比較について分かります。セラミックは見た目が美しいだけでなく、二次虫歯の予防や長持ちするといった機能性が高い特徴を持っています。つまり、詰め物や被せ物としての見た目においても質においても銀歯より優れているのです。

  • もう数年も虫歯を放置しています。このまま放置すると 2017.08.20

  • 大田区大森駅ナカの歯医者さん、横須賀歯科医院です。
    今回のテーマは「虫歯を数年放置したらどうなるか」です。
    虫歯の痛みは辛く、特に神経まで到達した虫歯は激痛に悩まされます。

    しかし、やがて神経が死ぬとその途端に痛みは感じなくなります。
    そうなると、中には痛まなくなったという理由で虫歯の治療を受けずに放置する人がいるのです。
    確かに痛みは感じなくなったものの、ここで虫歯を放置することはさらに深刻な事態を招くことになります。

    1. 治療しない限り虫歯菌は生き続ける

    一度進行した虫歯は治療しない限り治すことはできず、虫歯菌はずっと生き続けているのです。
    本来虫歯は歯の病気ですから、虫歯による被害は歯のみと考える人がほとんどです。
    実際に虫歯は歯に穴をあけ、進行することで最終的に歯をボロボロの状態にしてしまいます。

    しかし放置すればこの状態になっても虫歯菌は生き続け、さらに悪さをするのです。
    では、歯と神経を既に破壊した虫歯菌はそれ以上どんな悪さをするというのでしょうか。
    今度は歯だけでなく、身体全体に害を及ぼす事態を引き起こしてしまうのです。

    2. 顎の骨に膿みが溜まる

    歯の神経が死ぬと歯の中でそれが腐り、歯の根の先から細菌がバラまかれます。
    一方身体はそれに反応し、細菌が身体に侵入しないように袋を作って細菌を覆おうとするのです。
    細菌を覆った袋は徐々に大きくなりますし、この袋は言わば細菌の塊のような状態になっています。

    そうなると、歯肉が腫れて痛むようになるのです。この状態になると、容易な治療では治せません。
    歯の根の治療をする必要がありますし、腐った箇所も除去しなければなりません。
    さらに状態によっては歯肉を切開し、大きく膨らんだ膿みの袋を取り除く治療が必要です。

    3. 副鼻腔炎になる

    副鼻腔炎とは細菌が副鼻腔の粘膜に感染することで炎症を起こし、鼻水や咳や頭痛などが起きる病気です。
    副鼻腔炎自体は1970年代頃から減少傾向にある病気ですが、虫歯の放置によって起こり得ます。
    これは、上顎の奥歯が鼻の副鼻腔に近い位置にあるのが理由です。

    歯の根の先から出た細菌が副鼻腔に溜まり、それが原因で副鼻腔炎が引き起こされてしまうのです。
    副鼻腔炎の治療には時間が掛かり、抗生物質を一ヶ月ほど飲み続けなければなりません。
    もちろん、副鼻腔炎の要因となった歯の根の消毒、清掃も必要です。

    4. 骨髄炎になる

    骨髄炎は熱や嘔吐が起こる辛い病気です。歯の根の中の虫歯菌が顎の中に広がることで骨髄に細菌が感染し、
    顎の骨を腐らせて骨髄炎を起こします。骨髄炎を治すには抗生物質の点滴が必要ですが、
    近年では抗生物質が発達したことで治療効果自体は上がっています。

    とは言え、骨髄炎が慢性化すると再発が繰り返されるため、そうなると治療が難しくなってしまいます。
    また、厄介なのは骨髄炎とすぐに気付けないことです。熱や嘔吐が起きれば真っ先に風邪を疑いますし、
    最初は風邪薬や吐き気止めを飲んで対応してしまうからです。

    5. 脳梗塞や心筋梗塞になる

    虫歯の放置で最も怖いのは、それが原因で命にかかわる病気を招く恐れがあることです。
    虫歯を放置することによって虫歯菌が血液に侵入し、血管を通じて全身に回ります。
    この時、虫歯菌が脳に回ることで脳梗塞を引き起こし、心臓に回ることで心筋梗塞を引き起こすのです。

    確率としては稀ですが、実際に虫歯を放置して死に至った例があることも事実です。
    死亡の原因は脳梗塞や心筋梗塞ですが、それを招いた要因は虫歯の放置にあります。
    治療の痛みは確かに嫌ですが、だからといって放置すると死に至る病気を招いてしまうのです。

    まとめ

    いかがでしたか?
    最後に、虫歯を数年放置したらどうなるかについてまとめます。

    1. 治療しない限り虫歯菌は生き続ける :虫歯を放置すれば、歯だけでなく身体全体に害を及ぼす
    2. 顎の骨に膿みが溜まる :歯の根の先から細菌がバラまかれ、顎の骨に膿みが溜まって歯肉が腫れる
    3. 副鼻腔炎になる :歯の根の先から出た細菌が副鼻腔に溜まって起こり、鼻水や咳や頭痛などが起きる
    4. 骨髄炎になる :歯の根の中の虫歯菌が顎の中に広がることで起き、熱や嘔吐が繰り返される
    5. 脳梗塞や心筋梗塞になる :虫歯菌が血管を通じて全身に回ることで起き、実際に死亡した例もある

    これら5つのことから、虫歯を数年放置したらどうなるかが分かります。
    虫歯の怖さを挙げた時、ほとんどの人は「歯の痛み」と答えるでしょう。
    確かにそれは事実ですが、虫歯は放置することで本当の怖さを見せるのです。

    副鼻腔炎や骨髄炎など、虫歯とは一見無関係な病気を引き起こすことがありますし、
    さらには脳梗塞や心筋梗塞といった命にかかわる病気を招く可能性もあるのです。
    稀なケースではあるものの、虫歯の放置で死に至ってしまうリスクが発生するのです。
    このため虫歯を放置することは厳禁ですし、虫歯を自覚したらすぐに歯科医院で治療を受けましょう。

  • 虫歯は放置するとどうなるの? 2017.08.10

  • 大田区大森駅ナカの歯医者さん、横須賀歯科医院です。
    今回のテーマは「虫歯を放置して起こること」です。
    虫歯を自覚しつつも放置する…残念ながらそういった人がたくさんいるのが事実です。

    「治療が怖い」、「忙しく歯科医院に行く時間がない」など、
    放置する理由は様々ですがこの際それは関係ありません。
    問題なのはどんな理由で放置するのであれ、治療しない限り虫歯菌はなくならないということです。
    では虫歯を放置することでどんなことが起こるのか?…ここではその事実をお伝えします。

    1. 家族や恋人にうつる

    虫歯を放置して被害を受けるのは自分の歯だけではありません。
    自分以外、それも家族や恋人といった大切な人の歯に被害を与えてしまう可能性もあります。
    なぜなら、虫歯菌を持った状態だと唾液を介して虫歯菌が人にうつってしまうからです。

    最も、虫歯自体がそのまま直接うつるわけではないですが、その要因となる虫歯菌はうつってしまうのです。
    唾液を介する行為といえば、キスや食器の共用、歯ブラシの接触などが考えられますね。
    いずれも恋人や家族間で行われる行為ですから、自分が虫歯菌を持つことで恋人や家族など、
    親しい人に自分の虫歯菌をうつしてしまう可能性があるのです。

    2. 激痛を感じる

    虫歯の痛みを感じた…本来ならここで歯科医院に行って治療を受けます。
    ではここで放置すればどうなるのでしょうか。その場合、痛みどころか激痛を感じるようになります。
    これは歯の神経に虫歯菌が侵入するためで、眠れないほどの激痛に常に覆われます。

    つまり、虫歯を放置すればするほどその痛みは大きくなるのです。
    また、放置することで増すのは虫歯の痛みだけではありません。
    虫歯治療の内容も虫歯の進行に比例して大掛かりで辛い治療になるのです。
    少し削るだけすむはずのものが、放置することで神経の除去などの治療が必要になるのです。

    3. 歯を失う

    歯を失うといえば歯周病を連想しがちですが、虫歯を放置することでも歯を失います。
    虫歯は治療しない限り進行を続けますし、末期の段階まで進行すれば歯はボロボロの状態になるでしょう。
    また、そこまで進行した虫歯だと治療しても抜歯が必要になることがあるのです。

    「虫歯は治療しない限り進行する」、「進行すれば最終的に歯がボロボロになる」、
    これらの点から虫歯を放置すれば確実に歯を失うことになります。
    もちろん失った歯を取り戻すことはできないため、
    歯を失った後は入れ歯やインプラントなどで対応するしかありません。

    4. 骨髄炎を招く

    虫歯菌が歯の根の中に侵入してそれが顎の中に広がると、骨髄が虫歯菌に感染します。
    そうなると骨髄炎になり、熱や嘔吐といった体調が続くようになってしまいます。
    この場合、最も厄介なのが熱や嘔吐の原因が虫歯菌にあるとは想像できないことです。

    例えば実際に熱や嘔吐が起こった場合、大半の人はそれを風邪と判断して内科を受診します。
    しかし骨髄炎である以上、処方された風邪薬を飲んでも回復は見込めないのです。
    ちなみに骨髄炎を治すには入院して抗生物質を点滴し、骨髄内の細菌を死滅させなければなりません。

    5. 脳梗塞や心筋梗塞を招く

    虫歯の放置で最も怖いのがこれです。虫歯を放置すると歯がボロボロになりますが、
    歯や神経を破壊しても虫歯菌は生き続け、やがて血液に侵入して血管から全身に回ってしまいます。
    この時、虫歯菌が脳に回ることで脳梗塞を招き、心臓に回ることで心筋梗塞が起こるのです。

    可能性でいえば確かに稀ですから、絶対にそうなるとは断言できません。
    しかし起こり得る可能性があるのも事実であり、実際に虫歯を放置したことで死に至った事例もあるのです。
    もちろんこの場合の死因は脳梗塞や心筋梗塞ですが、それを招く要因になったのが虫歯の放置です。

    まとめ

    いかがでしたか?
    最後に、虫歯を放置して起こることについてまとめます。

    1. 家族や恋人にうつる :虫歯菌は唾液を介して人にうつるため、自分だけでなく他の人にも被害が及ぶ
    2. 激痛を感じる :虫歯の痛みが進行に比例して増す。放置することで神経が虫歯菌に侵されて激痛を感じる
    3. 歯を失う :末期段階の虫歯は歯がボロボロになり、治療しても歯を残せない可能性がある
    4. 骨髄炎を招く :骨髄炎になると熱や嘔吐などの体調不良に陥り、点滴しなければ治せない
    5. 脳梗塞や心筋梗塞を招く :虫歯を放置すると虫歯菌が全身に回り、脳梗塞や心筋梗塞の要因になる

    これら5つのことから、虫歯を放置して起こることが分かります。
    確かに、歯を削る虫歯治療は誰だって嫌でしょうし、歯科医院に行くのが好きな人はいないでしょう。
    しかし、だからと言って虫歯を放置するともっと深刻で辛い状態になるのです。

    虫歯が進行するほど治療内容も辛いものになりますし、骨髄炎になれば入院が必要です。
    そして何より脳梗塞や心筋梗塞といった命にかかわる病気を招く可能性もあり、
    虫歯の放置によって高い代償を支払う結果になってしまうのです。

  • 虫歯ってそもそもどういう状態なの? 2017.08.01

  • 大田区大森駅ナカの歯医者さん、横須賀歯科医院です。
    今回のテーマは「虫歯とはどんな状態を示すのか」です。
    虫歯とはどんな状態なのか?…この質問に対して多くの人は「歯が痛む状態」と答えるでしょう。

    しかし歯が痛むというのはあくまで自覚症状であり、痛むからには痛みが起きる理由があります。
    そしてその理由を知ることが、虫歯の状態を知ることにもなるのです。
    なぜ虫歯になると痛むのか?…その理由を知ることでより虫歯に対する危機感と予防意識が芽生えます。

    1. 虫歯の進行

    さて、今回のテーマでもある「虫歯とはどんな状態なのか?」の質問に対して一言で答えることはできません。
    一般的な回答をするなら「虫歯とは歯が虫歯菌に感染した状態」というのが正論になりますが、
    実際に今どんな状態にあるかは虫歯の進行度によって異なるからです。

    歯科の世界ではそんな虫歯の進行度は4段階で分けられており、それぞれC1、C2、C3、C4と表します。
    数字が高くなるほど虫歯が進行していることを示しており、
    進行度によって状態や起こる症状はもちろん、治療方法も異なってくるのです。

    2. C1段階の虫歯

    C1段階の虫歯は歯の表面にあるエナメル質だけが虫歯になった状態です。
    言ってみれば完全に初期段階であり、この段階では歯が痛むことはありません。
    治療においても状態次第では削らずに治すことが可能ですし、削ったとしても範囲はごく僅かです。

    このため、C1段階の虫歯はそこまで深刻な状態ではなく、治療も簡単なものですむのです。
    唯一の問題点は、痛みがないためこの時点で虫歯であることに気付きにくいことです。
    C1段階で治療を受ければ容易に治せますが、そもそもこの段階で虫歯を自覚するのは難しいのです。
    最も、歯科医院の定期検診を受けていればC1段階の虫歯も確実に発見できるでしょう。

    3. C2段階の虫歯

    C2段階の虫歯はエナメル質の奥に位置する象牙質まで虫歯になった状態です。
    刺激に敏感な象牙質が虫歯菌に侵されて痛みを感じるため、誰もがこの段階で虫歯を自覚します。
    「虫歯が痛む」と言って歯科医院に訪れた人は、大抵このC2段階の状態になっています。

    ここまで進行すると削らずに治すことはできないですし、C1段階に比べて削る範囲も深くなります。
    具体的には象牙質まで削ることになるため、治療においても痛みを感じてしまいます。
    多くの人が抱いている虫歯に対する症状や治療のイメージは、このC2段階の虫歯です。

    4. C3段階の虫歯

    C3段階の虫歯は歯髄…つまり歯の神経まで虫歯が進行した状態です。
    虫歯菌が神経に侵入することで痛みは激痛に変化し、夜眠れないほどの激しい痛みが常に続きます。
    こう表現すると怖く感じるでしょうが、実際には痛みを感じるC2段階で虫歯に気付きます。
    このため、放置することさえしなければC3段階まで虫歯が進行することはありません。

    ここまで虫歯が進行すると削るだけで治すことはできず、
    神経の除去やその箇所を清掃や消毒する根菅治療が必要になっています。
    ちなみに、激痛が一定期間続いた後は逆に一切痛みを感じなくなります。
    これは神経が死んでしまったのが理由であり、決して虫歯が治ったわけではありません。

    5. C4段階の虫歯

    分かりやすく言えば、末期の虫歯です。既に歯は原型をとどめていないほどボロボロになり、
    神経も死んでしまっているため痛みを感じることもありません。
    虫歯菌を駆除するために治療は必要なものの、治療しても歯を残せない可能性があるでしょう。

    ちなみに治療不可と診断された場合は抜歯をすることになり、
    抜歯した箇所は入れ歯やインプラントやブリッジで対応することになります。
    これらは虫歯治療とは全く別の治療ですから、また新たに治療期間や費用を要します。

    まとめ

    いかがでしたか?
    最後に、虫歯とはどんな状態を示すのかについてまとめます。

    1. 虫歯の進行 :虫歯の状態、症状、治療方法は進行度によって異なり、進行度はC1~C4の4段階で表される
    2. C1段階の虫歯 :歯の表面だけ虫歯になった状態で痛みはないが、その分虫歯であることに気付きにくい
    3. C2段階の虫歯 :象牙質まで虫歯が進行した状態で、ここで初めて「痛み」という自覚症状がある
    4. C3段階の虫歯 :神経まで虫歯が進行した状態で激痛を感じる。放置しなければこの段階には至らない
    5. C4段階の虫歯 :末期状態。歯はボロボロになって神経も死んでおり、治療しても歯を残せないことがある

    これら5つのことから、虫歯とはどんな状態なのかが分かります。
    さて、歯科の世界においては虫歯の進行度はC4段階で最大ですが、
    仮にそこでも治療しなかった場合、虫歯はさらに恐ろしい症状を引き起こします。

    虫歯菌が血液に侵入し、血管を通して全身に回ってしまうのです。
    その結果脳梗塞や心筋梗塞を招く恐れがあり、実際にこのケースによって死に至った事例もあるのです。
    可能性としては稀なものの、虫歯を放置すれば思わぬ危険な病気を招くことがあるのです。

  • 歯医者さんに腕の差はありますか? 2017.06.20

  • 大田区大森駅ナカの歯医者さん、横須賀歯科医院です。
    今回のテーマは「歯科医ごとの腕の差」です。
    内科や外科医の世界では医師ごとに腕の差がありますし、「腕の良いお医者さん」と呼ばれる医師もいます。

    これは歯科医の世界においても例外ではなく、テーマの結論をここで言うと歯科医ごとで腕の差はあります。
    それが分かった以上、患者さんの側からすれば当然腕の良い歯科医から治療を受けたいと思うでしょう。
    そこで、ここでは歯科医の腕の知るための参考になるポイントをお伝えします。

    1. 歯科医には得意な治療がある

    歯科治療と一言で表現しても、治療内容は様々です。実際に歯科医院に行くと診療科目を確認できますが、
    虫歯や歯周病治療を行う一般歯科、これらを予防する予防歯科、審美歯科や矯正歯科など、
    様々な診療科目が存在し、それぞれの診療科目では治療内容が全く異なります。

    そして、それぞれの歯科医には得意な治療があるのです。例えば審美歯科の経験が浅い歯科医なら、
    その歯科医から審美治療を受けるのはおすすめできません。
    しかし、だからと言ってその歯科医の腕が悪いとは限らないのです。

    なぜなら、「審美治療は未熟だけど歯周病治療は専門医の資格を持っている」という可能性もあるからです。
    つまり、歯科医によって得意な治療と不慣れな治療があるということです。
    自分が受けたい治療のプロフェッショナルな歯科医から治療を受ける…それが理想です。

    2. 経験と実績

    どんな仕事においても腕を磨くには経験と実績が必要で、これは歯科医も同様です。
    極端な話、新米の歯科医とベテランの歯科医では、
    余程その歯科医がサボっていない限りベテランの歯科医の方が腕は良いでしょう。

    これは歯科医側の話になってしまいますが、虫歯治療を例にしてもパターンは1つだけではありません。
    患者さんからすれば同じ虫歯治療に見えても、虫歯の箇所や状態は患者さんによって異なり、
    様々な症例の治療を経験した実績ある歯科医であるほど腕が良いのです。

    特に治療に高い技術を要するインプラント治療などは経験と実績による腕の差がハッキリと出ます。
    ちなみに、歯科医の経験と実績を知る方法は歯科医院のHPを確認すれば分かります。
    高い実績と経験のある歯科医なら、歯科医院のHP内でそれが明記されていることが多いからです。

    3. 資格の所持

    ここでいう資格は、もちろん歯科医の資格という意味ではありません。
    歯科医の中でも経験と知識があり、高い治療技術を持っている歯科医だけが取得できる資格があるのです。
    例えば歯周病…歯周病の治療自体は、歯科医である時点で誰でも治療を行えます。

    しかし、歯周病治療に長けた歯科医は学会から認定された「歯周病認定医」、
    さらに上の「歯周病専門医」といった資格を所持しているのです。
    歯周病専門医の資格を持つ歯科医は、歯周病治療においては他の歯科医よりも確実に腕が良いでしょう。

    とは言え、こうした資格は簡単には取得できないため、資格を所持する歯科医も限られています。
    ちなみに、この例のように歯周病治療の認定医に治療を受けたい人は、
    日本歯周病学会のWEBサイトにて、該当する歯科医が在籍する歯科医院を調べることができます。

    4. 医療設備

    歯科医の腕の良さは歯科医だけでなく、その歯科医院の医療設備も関係してきます。
    言うまでもなく、最新の医療設備を導入している歯科医院は治療の精度も高いのです。
    例えば、マイクロスコープを導入している歯科医院なら精密な治療が可能でしょう。

    もちろん、医療設備だけで歯科医の腕を判断することはできないですが、
    同じ腕の歯科医同士で比較すれば、医療設備が整った歯科医院の歯科医の方が確実に腕は上になります。
    このような医療設備の充実度は、大抵の場合歯科医院のHPで確認できます。

    最も、中には治療の精密さにこだわらないという人もいるかもしれません。
    しかし、歯科治療の基本でもある虫歯治療で例えても治療の精度は重要なポイントです。
    精度が高ければ詰め物や被せ物もピッタリ合わせることができ、厄介な二次虫歯も予防できるのです。

    まとめ

    いかがでしたか?
    最後に、歯科医ごとの腕の差についてまとめます。

    1. 歯科医には得意分野がある :歯科医ごとで得意分野が異なり、ある治療において秀でた歯科医も多い
    2. 経験と実績 :歯科医の腕を判断するポイントのメイン。多くの症例を経験した歯科医は腕も良い
    3. 資格の所持 :認定医や専門医の資格を持つ歯科医は、その治療においては確実に腕が良い
    4. 医療設備 :医療設備の充実度も歯科医の腕に関係してくる

    これら4つのことから、歯科医ごとの腕の差が分かります。
    歯科医の腕を知る上でおすすめなのは、歯科医院のHPを確認することです。
    そうすれば、ここで挙げた要素を満たす歯科医院は大抵その旨を紹介しています。

    院長の言葉や経歴から得意分野や経験と実績が分かりますし、
    資格を所持している歯科医は経歴の中にそれも記されています。
    また、院内紹介の中では医療設備にも触れられているため、これらの点全てを確認できます。

  • 妊娠中から生まれてくる子供のために出来るデンタルケ 2017.06.10

  • 大田区大森駅ナカの歯医者さん、横須賀歯科医院です。
    今回のテーマは「妊娠中に子供のためにできるデンタルケア」です。
    妊娠してお腹に赤ちゃんがいることが分かると、女性はより体調面に注意するようになります。

    自分が体調を崩せばそれがお腹の赤ちゃんに影響を及ぼす感じがしますし、
    赤ちゃんは母になる女性の身体から栄養を取り入れるため、その点で食生活にも注意するでしょう。
    そして、赤ちゃんが元気に育つためにはデンタルケアも大切です。

    1. 妊娠中の虫歯や歯周病

    妊娠中の虫歯や歯周病は、お腹の赤ちゃんにいくつもの悪影響をもたらします。
    例えば妊娠中は従来の薬を飲むことはできないため、虫歯治療で使用することに抵抗を感じてしまうでしょう。
    最も、虫歯治療で使用する薬がお腹の赤ちゃんに悪影響を及ぼすとは考えにくいですが、
    それでも現状では100%問題ないとは言い切れません。

    また、妊娠中に女性が虫歯になってしまうと、生まれてくる子供も虫歯になりやすいとデータがあるのです。
    そして、もっと問題になるのが歯周病です。妊娠中に女性が歯周病になってしまうと、
    早産や低体重児を出産するリスクが7倍以上も高まります。
    これらの点から、妊娠中は生まれてくる子供のためにも虫歯や歯周病に注意しなければなりません。

    2. 悪阻の時期にも歯磨きを欠かさない

    悪阻は言わば嘔吐とイコールですから、悪阻によってお口の中が不衛生になります。
    また、悪阻で出る胃液は強酸性のため、お口の中を虫歯になりやすい環境にしてしまいます。
    悪阻で苦しむ時期には歯磨きをすることすら辛いですし、
    中には歯磨き粉の香りや味で気分が悪くなってしまう女性もいるでしょう。

    しかし、だからと言って歯磨きをしなければ虫歯や歯周病を招いてしまいますし、
    上記で説明したとおり妊娠中の虫歯や歯周病はお腹の赤ちゃんに悪影響をもたらします。
    このため、悪阻の時期にも歯磨きを欠かさないようにしてください。
    食後のタイミングにこだわらなくてもいいので、気分の良い時に歯磨きしておきましょう。

    3. 歯科医院で検診を受ける

    これも悪阻が酷い時に我慢して受ける必要はなく、気分の良い時で構いません。
    妊娠中の虫歯や歯周病は確実に予防しなければならないですし、
    もし虫歯や歯周病になってしまった時は、体力を考えて短期間で治療を終えるのが理想です。
    つまり予防と早期治療の心掛けが大切であり、そのために必要なのが歯科医院での検診です。

    悪阻で歯磨きが困難な際は歯科医に相談すればアドバイスが貰えますし、
    磨き方だけでなく歯ブラシのチョイスの仕方なども教えてくれるでしょう。
    また、初期の虫歯や歯周病は自覚症状がないため、実際に虫歯や歯周病になっていても気付きにくいのです。
    しかし、検診を受けることでそんな初期の虫歯や歯周病も発見できるので、早期治療ができるのです。

    4. 食生活で赤ちゃんの歯を丈夫にする

    デンタルケアという表現からは少々ズレるかもしれないですが、
    赤ちゃんの歯を丈夫にしたいのであれば妊娠中の食生活が重要です。
    と言うのも、永久歯の大半は赤ちゃんがお腹にいる時に歯肉の中で作られるからです。
    栄養を考えた食生活で、将来生えてくる赤ちゃんの歯を丈夫にしてあげてください。

    必要な栄養素としてはカルシウム、これはお腹の赤ちゃんだけでなく女性の歯にも良い効果をもたらします。
    他にはビタミンA、C、D…これは歯のそれぞれの箇所を、異なった複数の種類のビタミンが形成します。
    さらにタンパク質、これは歯の基質を作るために必要な栄養素です。
    これらの栄養素を摂取する食生活の積み重ねが、お腹の赤ちゃんの歯を丈夫にしてくれます。

    まとめ

    いかがでしたか?
    最後に、妊娠中に子供のためにできるデンタルケアについてまとめます。

    1. 妊娠中の虫歯や歯周病 :子供も虫歯になりやすくなる、早産や低体重児出産のリスクが高まるなどの問題
    2. 悪阻の時期にも歯磨きを欠かさない :時間やタイミングにこだわらず、体調の良い時に磨くようにする
    3. 歯科医院で検診を受ける :自分では気付かない初期の虫歯や歯周病を発見して早期治療できる
    4. 食生活で赤ちゃんの歯を丈夫にする :カルシウム、ビタミンA、C、D、タンパク質を摂取する

    これら4つのことから、妊娠中に子供のためにできるデンタルケアが分かります。
    妊娠中は虫歯や歯周病にかかりやすくなります。悪阻によってお口の中が不衛生になりますし、
    女性ホルモンの分泌が過剰になることでそれをエネルギーにする歯周病菌が活発に働きます。

    このため、普段以上のデンタルケアが必要ですし、そのデンタルケアがお腹の赤ちゃんのためにもなるのです。
    そして、妊娠中のデンタルケアのコツは、時間やタイミングにこだわらないことです。
    食後に気分が悪ければ後からでもいいのです。体調の良い時に歯磨きや検診を受けるなどして、
    虫歯や歯周病の予防、さらにはこれらの早期治療を心掛けてください。

  • 人によって、「虫歯のなりやすさ」に差はあるのでしょ 2017.06.01

  • 大田区大森駅ナカの歯医者さん、横須賀歯科医院です。
    今回のテーマは「虫歯になりやすい人となりにくい人」です。
    すぐ虫歯になってしまう人と全く虫歯にならない人、
    不公平に思うかもしれませんが人によってこの差があるのは事実です。

    最も、虫歯になりやすい人となりにくい人がいるのは運の差などではなく、しっかりとした理由があります。
    そこで、ここでは虫歯のなりやすさが高まってしまう原因をお伝えします。
    もしあなたが虫歯になりやすいと自覚しているなら、
    今回お話しする中でその原因が分かりますし、同時に改善策も見えてくるでしょう。

    1. 唾液の質

    唾液は人によって質が異なっており、その質次第で虫歯になりやすくもなりにくくもなります。
    ちなみに、虫歯になりにくいのは「サラサラしていて唾液の量が多い人」で、
    虫歯になりやすいのは「ネバネバしていて唾液の量が少ない人」です。

    さて、なぜこうした質が関わってくるかですが、唾液には細菌を洗浄する効果があるからです。
    唾液の量が少なければ洗浄が不充分になりますし、ネバついていることで洗い流すことができません。
    一方、唾液の量が多い人は洗浄効果が高く、さらにサラサラしていることで細菌を綺麗に洗い流せます。
    こうした唾液の質の違いが、虫歯になりやすい人となりにくい人がいる原因の1つです。

    2. 歯磨き

    歯磨きをするかしないかの二択で質問すれば、誰もがすると答えるでしょう。
    しかし、歯磨きの仕方自体は人によって異なります。適当に磨く人もいれば時間を掛けて磨く人もいる、
    ブラッシングだけで済ませる人もいれば、デンタルフロスや歯間ブラシを使う人もいます。

    また、磨き方の技術にも差があり、歯科医院でブラッシング指導を受けた人は精度の高い歯磨きができます。
    つまり、歯磨きするにしても磨き方次第で虫歯になりやすくもなりにくくもなるのです。
    言うまでもなく、デンタルフロスなどを使って精度の高い歯磨きをする人は虫歯になりにくいです。

    3. 詰め物や被せ物

    虫歯の中には、一度治療した歯が再度虫歯になってしまう二次虫歯というものがあります。
    そして、この二次虫歯においてもなりやすい人となりにくい人がいるのです。
    この差を生む原因として多いのが、詰め物や被せ物の材質です。

    一般的な銀歯は歯との隙間が生じやすく、プラークも付着しやすいので二次虫歯を招くリスクが高まります。
    一方、セラミックだと隙間も生じにくい上にプラークも付着しにくく、二次虫歯を予防しやすいのです。
    審美性だけが目立ちがちなセラミックですが、実は詰め物や被せ物の機能性にも優れているのです。

    4. 食事の摂り方

    人によっては間食が多く、高い頻度で何かしら飲食をしてしまう人がいます。
    こういう食事の摂り方をする人は、いくら歯を丁寧に磨いても虫歯になりやすいです。
    お口の中では歯のカルシウムが溶け出す脱灰と、それが元に戻る再石灰化が繰り返されています。

    虫歯を防ぐには再石灰化が重要なのですが、食事の頻度が高いと脱灰ばかりが起こってしまいます。
    そうなると再石灰化が行われるタイミングが失われてしまい、虫歯になるリスクが高まります。
    長い時間食事しても同じことが起こるため、いわゆるダラダラ食いをしてしまう人にも同様のことが言えます。

    5. 生活習慣

    虫歯は虫歯菌という細菌に感染することで起こります。
    このため、細菌に感染しにくい人は虫歯になりにくいですし、歯周病においても同じことが言えます。
    さて、細菌に感染しにくい人としやすい人の差は、身体の免疫力の強さがポイントです。
    免疫力が高ければ細菌に感染しにくいですし、逆に低ければ細菌に感染しやすくなるのです。

    ここで問題になってくるのが生活習慣です。
    疲労やストレスが蓄積される生活を送ると免疫力が低下するため、細菌に感染しやすくなります。
    そして細菌に感染しやすくなるということは、虫歯になりやすいことを意味するのです。
    つまり、免疫力を低下させてしまう生活習慣の人は虫歯になりやすいのです。

    まとめ

    いかがでしたか?
    最後に、虫歯になりやすい人となりにくい人についてまとめます。

    1. 唾液の質 :サラサラで量が多い人は虫歯になりにくく、ネバついて量が少ない人は虫歯になりやすい
    2. 歯磨き :精度の高い歯磨きをしている人は虫歯になりにくく、適当に磨く人は虫歯になりやすい
    3. 詰め物や被せ物 :銀歯の人は二次虫歯になりやすく、セラミックの人は二次虫歯になりにくい
    4. 食事の摂り方 :ダラダラ食いをする人は、歯の再石灰化が起こりにくくなるので虫歯になりやすい
    5. 生活習慣 :疲労やストレスを溜めて免疫力が低下している人は虫歯になりやすい

    これら5つのことから、虫歯になりやすい人となりにくい人が分かります。
    唾液の質は例外として、それ以外の原因については誰にでも改善可能です。
    また、虫歯になりやすい人は予防歯科や定期検診を受けるのもおすすめです。
    どれも重要なポイントですが予防の基本は毎日の歯磨きなので、
    精度の高い歯磨きと定期検診を受けていれば、唾液の質関係なく虫歯を予防しやすくなるでしょう。

PAGE TOP