お問い合わせ・ご予約

初診専用ダイヤル

050-7576-1964

再診・その他のお問い合わせ

B1F03-3775-4181

3F03-6429-1182

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

診療時間:10:00~20:00 ※土日祝は19:00まで

かかりつけの歯科医院があるなら、そこでインプラント治療するべきですか?|大田区大森の歯医者さん|よこすか歯科医院

横須賀歯科医院
横須賀歯科医院へのお問い合わせ:B1F 03-3775-4181 3F 03-6429-1182

かかりつけの歯科医院があるなら、そこでインプラント治療するべきですか?

大田区大森駅ナカの歯医者さん、大森のよこすか歯科医院です。
今回のテーマは「インプラント治療とセカンドオピニオンの提案」です。かかりつけの歯科医院がある方にとっては、歯科治療の全てをその歯科医院で希望するでしょう。

確かに、信頼できる歯科医ならその選択肢は正しいですが、インプラント治療においてはセカンドオピニオンを利用した方が良い場合もあります。それくらい、インプラント治療は難易度が高く大きな治療だということです。

セカンドオピニオンとは

セカンドオピニオンとは、かかりつけの医師以外の医師にも意見を求めることで、セカンドオピニオンの直訳が示すとおり、「第二の意見」を意味します。さて、セカンドオピニオンを利用する目的は最善の治療方法を知ることです。

と言うのも、別の医師に意見を求めることで全く別の治療方法が見つかるかもしれないですし、「本当にその治療で合っているのか?」という疑問を解消することもできます。特にインプラント治療の場合はこのセカンドオピニオンの利用も検討した方が良いでしょう。

インプラント治療でセカンドオピニオンを検討した方が良い理由

歯科医院によって医療設備や歯科医の腕には違いや差があります。最も、虫歯治療などではその違いや差を実感することはないかもしれません。と言うのも、虫歯治療は歯科の一般的な治療ですから、設備や腕にそこまで明確な違いや差がないからです。

しかしインプラント治療の場合は別で、インプラント治療は難易度が高く、身体にも負担のかかる治療です。このため歯科医院の医療設備、歯科医の腕に明確な差が出ます。しかし、かかりつけの医師がインプラント治療を得意にしているとは限りませんから、その意味でインプラント治療においてはセカンドオピニオンの利用も検討した方が良いのです。

歯科医院で異なるインプラント治療

では、実際インプラント治療は歯科医院によってどんな違いや差があるのでしょうか。

医療設備

インプラント治療は治療前に精密検査を行います。当然、CTなど医療設備が充実した歯科医院の方が細かく検査ができるため、安全性が高まります。

治療方法

インプラント治療では手術を行いますが、1回の手術ですむ1回法と2回の手術を行う2回法があります。特に1回法は新しい治療方法のため、対応している歯科医院は限られています。

歯科医の腕

インプラント治療は、歯科医によって腕に差があります。日本インプラント学会の専門医の資格を持つ歯科医がいる歯科医院なら、治療の腕は信用できるでしょう。

治療の可否の判断

インプラント治療は、患者さんの体調や顎の骨の状況によっては治療できないと判断されます。しかしセカンドオピニオンによって別の歯科医院で相談したところ、治療ができたというケースもあります。

…インプラント治療では歯科医院によってこうした違いや差が考えられるため、かかりつけの歯科医院があったとしてもセカンドオピニオンを検討する価値があります。

セカンドオピニオンの間違った解釈

セカンドオピニオンについて、間違った解釈をしている人もいます。例えば歯科医と相性が合わないからセカンドオピニオンをしたいという人がいますが、正確にはそれは転院であり、セカンドオピニオンとは違います。

セカンドオピニオンの目的は嫌いな歯科医の治療を断るためではなく、他の治療の可能性を見つけることです。ですから、例えかかりつけの歯科医院に不満がなくても、インプラント治療の場合は他の歯科医の意見も参考にするため、セカンドオピニオンを考えた方が良いのです。

インプラント治療を受けるのに適した歯科医院とは

では、実際どのような歯科医院でインプラント治療を受けるのが望ましいのでしょうか。それは、次の点を満たす歯科医院です。

・CTなどの医療設備が充実している
・インプラント治療において豊富な実績と経験がある
・日本インプラント学会の専門医の資格を持つ歯科医が在籍している
・費用が明確に分かりやすく提示されている
・治療後のメンテナンスも大切にしている

…一般的にこうした点を満たした歯科医院で治療を受けるのが理想です。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、インプラント治療とセカンドオピニオンの提案についてまとめます。

1. セカンドオピニオンとは :かかりつけの歯科医だけでなく、別の歯科医による第二の意見を求めること
2. インプラント治療でセカンドオピニオンを検討した方が良い理由 :歯科医の腕や医療設備に差があるため
3. 歯科医院で異なるインプラント治療 :医療設備、治療方法、歯科医の腕、治療の可否の判断が異なる
4. セカンドオピニオンの間違った解釈 :相性を理由に歯科医院を変えるのは転院
5. インプラント治療を受けるのに適した歯科医院とは :CTなどの医療設備が充実しているなど

これら5つのことから、インプラント治療とセカンドオピニオンの提案についてまとめます。難易度の高い治療は、かかりつけの歯科医の治療を受けるべきという考えもありますが、医療設備や歯科医の腕の差があることを考えると、セカンドオピニオンを検討するのも良いことです。むしろ難易度が高い治療だからこそ、他の歯科医の意見も聞いてみるべきではないでしょうか。

PAGE TOP