お問い合わせ・ご予約

初診専用ダイヤル

050-7576-1964

再診・その他のお問い合わせ

B1F03-3775-4181

3F03-6429-1182

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

診療時間:10:00~20:00 ※土日祝は19:00まで

マウスピースを使った矯正とはどんな矯正方法なのですか?|大田区大森の歯医者さん|よこすか歯科医院

横須賀歯科医院
横須賀歯科医院へのお問い合わせ:B1F 03-3775-4181 3F 03-6429-1182

3月, 2018年

  • マウスピースを使った矯正とはどんな矯正方法なのです 2018.03.01

  • 大田区大森駅ナカの歯医者さん、大森のよこすか歯科医院です。
    今回のテーマは「マウスピース矯正について」です。
    矯正治療にはいくつかの方法があり、採用している方法は歯科医院によって異なります。

    最も、「矯正装置を装着して歯を動かす」という点ではどの矯正方法も同じですが、
    その際に使用する矯正装置に種類があるのです。
    そんな矯正方法の中でも、今回はマウスピース矯正について説明していきます。

    マウスピース矯正とは

    マウスピース矯正とは、文字どおりマウスピースを使用した矯正方法です。
    この場合、マウスピースが矯正装置になっているため、
    従来のワイヤー矯正で使用する矯正装置とは形状が大きく異なります。

    ワイヤー矯正との大きな違いは、まず自分で取り外しできることです。
    歯磨きや食事の時に取り外しできるため、歯磨きのしづらさや食事の不自由さを感じないメリットがあります。
    さらにマウスピース…すなわち矯正装置も透明で目立たないため、審美性が高いというメリットもあります。

    マウスピース矯正のメリットとデメリット

    まずマウスピース矯正のメリットですが、
    上記で説明したように審美性の高さと食事や歯磨きの快適さが挙げられます。
    特に歯磨きしやすい点は大きなメリットで、矯正治療中の虫歯や歯周病を予防しやすくなります。

    一方、マウスピース矯正のデメリットは対応できる症例が少ないという点です。
    と言うのも、歯を動かす力はワイヤー矯正の方が優れているため、
    歯並びが凸凹の状態だとマウスピース矯正では対応できない場合もあるのです。

    取り外し可能な点について

    マウスピース矯正では矯正装置を自分で取り外しできるため、
    メリットで挙げたように食事や歯磨きの時に外すことで不自由さはなくなります。
    しかし、矯正の効果を得るには基本的に装着した状態を維持しなければなりません。

    一般的にマウスピース矯正では1日20時間ほどの矯正装置の装着が必要ですから、
    外すとすれば前述した食事や歯磨きの時くらいになります。
    このため外したい時にいつでも外せると捉えてしまうと、マウスピース矯正の見解に誤解が生じてしまいます。

    マウスピースの種類

    マウスピース矯正で使用するマウスピースにはいくつか種類があります。
    取り扱っているマウスピースの種類は歯科医院ごとで異なりますが、
    一般的に多く採用されているのはアソアライナーとインビザラインです。

    •アソアライナーについて
    マウスピース矯正では1つのマウスピースで歯を動かせる範囲に限りがあるため、
    治療の過程で数段階に分けて新しいマウスピースに交換する流れになります。
    そしてアソアライナーの場合、マウスピースを交換するたびに毎回型を取って新しいマウスピースを製作します。

    これについて手間が掛かって面倒という意見がありますが、
    毎回型を取ることで常に自分にピッタリ合ったマウスピースを装着できるためメリットになります。
    ちなみに、対応できる症例はインビザラインに比べて少なくなっています。

    •インビザライン
    インビザラインはアソアライナーに比べて幅広い症例に対応できるのが特徴です。
    さらに治療後の歯並びを3Dシミュレーション化できる仕様になっているため、
    最終的に改善された歯並びの状態を目で見ることでモチベーションの維持につながります。

    また、インビザラインはアソアライナーに比べてサイズが小さくなっており、
    そのため装着の違和感や発音のしづらさをより感じにくいメリットがあります。
    世界でトップのシェアを誇っていることから、インビザラインは信頼性と実績にも長けています。

    その他の見えない矯正方法について

    マウスピース矯正は見えない矯正方法と呼ばれており、
    透明で目立たないマウスピースの装着はワイヤー矯正に比べて遥かに審美性が高くなっています。
    しかし対応できる症例が少ないことから、マウスピース矯正を希望しつつも断念した人もいるでしょう。

    その場合、別の見えない矯正方法として裏側矯正を提案します。
    裏側矯正でもワイヤーを使用するのですが、矯正装置は裏側…つまり舌側に装着する仕組みになっています。
    このため表側から目立たず、マウスピース矯正同様に見えない矯正として位置づけられている方法です。

    まとめ

    いかがでしたか?
    最後に、マウスピース矯正についてまとめます。

    1. マウスピース矯正とは :透明なマウスピースを装着して矯正する方法で、審美性が高いのが特徴
    2. マウスピース矯正のメリットとデメリット :審美性が高い、対応できる症例が少ないなど
    3. 取り外し可能な点について :取り外しはできるが、1日20時間ほどの装着が必要
    4. マウスピースの種類 :一般的に多く採用されているのはアソアライナーとインビザライン
    5. その他の見えない矯正方法 :見えない矯正方法にこだわるなら、裏側矯正という選択肢もある

    これら5つのことから、マウスピース矯正について分かります。
    マウスピース矯正はワイヤー矯正に比べて目立たないので審美性が高く、
    さらに取り外しできることから歯磨きに支障がなく、虫歯や歯周病を予防しやすいメリットがあります。
    矯正治療におけるデメリットとして挙げられる「矯正装置の装着による見た目の悪さ」、
    「矯正治療中の虫歯や歯周病」…マウスピース矯正ならこれらのデメリットを解消できるのです。

PAGE TOP