お問い合わせ・ご予約

初診専用ダイヤル

050-7576-1964

再診・その他のお問い合わせ

B1F03-3775-4181

3F03-6429-1182

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

診療時間:10:00~20:00 ※土日祝は19:00まで

歯の痛みを止める方法を教えてください|大田区大森の歯医者さん|よこすか歯科医院

横須賀歯科医院
横須賀歯科医院へのお問い合わせ:B1F 03-3775-4181 3F 03-6429-1182

歯の痛みを止める方法を教えてください

大田区大森駅ナカの歯医者さん、横須賀歯科医院です。
今回のテーマは「歯の痛みを止める方法」です。歯が痛い時はどうするべきか?…言うまでもなくそれは歯科医院に行くことです。

しかし、歯の痛みはこちらの都合とは無関係に起こるものですから、歯科医院に行こうにも行けないタイミングで歯が痛むことも珍しくありません。そこで、応急処置として一時的に歯の痛みを止める方法を説明します。

頬側から冷やす

歯の痛みに対しては冷やすか温めるかで悩む方も多いですが、この場合は冷やすのが正解です。と言うのも、温めると血行が良くなるため、神経が圧迫されることでむしろ痛みが増してしまうからです。とは言え、冷やすにしても正しい冷やし方があります。

それは頬側から解熱シートや冷たいタオルを当てて冷やすことで、やってはいけないのが氷を口に含むなど、直接患部を冷やす行為です。直接患部を冷やすとそれは歯にとって大きな刺激になるため、やはり痛みが増してしまうことがあります。

痛み止めを飲む

痛み止めは歯科医院で処方されたものに限らず、ドラッグストアで購入したものでも問題ありません。効果の欄に注目し、「歯痛」と記載されていればそれを飲めば歯の痛みを止めることができます。ただし神経まで進行した虫歯など、痛みが酷い場合は完全に止められないこともあります。

また痛み止めは即効性がないため、飲んでから効果が出るまでに少々時間がかかります。錠剤の薬を飲むだけなので歯の痛みへの対処としては最も手軽ですが、その反面で「痛みの度合いによっては効果が低い」、「飲んでもすぐには効かない」などの欠点があります。

ぬるま湯でうがいをする

患部に食べカスが詰まったことが原因で歯が痛んでいる場合に効果的です。本来なら歯磨きで除去したいところですが、状態によっては歯ブラシで患部を傷つけてしまいます。また冷水や熱いお湯も温度が刺激になるため、ぬるま湯でうがいをしましょう。

強く勢いのあるうがいもまた患部を傷つける可能性があるため、ゆっくりで丁寧なうがいを繰り返し行うのがポイントです。虫歯を放置した場合では、このように歯の穴に食べカスが詰まるケースがあります。

正露丸を詰める

正露丸は薬ですから、意味としては「痛み止めを飲む」と同じです。しかし敢えて別に紹介したのは、正露丸は「飲む」ではなく「詰める」という使用方法だからです。一見間違いそうですが、これは使用欄にも記載されているためきちんと読んでいれば分かります。

正露丸は粘土状になっており、患部に押し込むと詰めることができます。そうしておけば歯の痛みは徐々に解消されますし、時間で比較すれば痛み止めを飲むよりも早く効きます。詰めた正露丸はそのままにしておけば、時間の経過とともに溶けてなくなっていきます。

救急センターに行く

小さな子供がいる家庭では、子供の急な発熱で救急センターを利用した経験のある方も多いでしょう。こうした救急センターは内科に限らず歯科においても存在しており、日曜日や夜間に歯が痛んだ時には大人でも利用できます。

ただしその場所を調べるのが手間ですから、あらかじめ場所と連絡先をメモしておくと楽でしょう。「歯科 救急 地域(最寄の場所)」でインターネット検索すれば該当する救急センターが見つかりますし、それ以前に平日の夜間であればある程度遅くまで診療している歯科医院もあります。

歯が痛い時にしてはいけないこと

歯が痛い時、ついしてしまいがちなことの中で本当はしてはいけないことをお伝えします。

患部に触れる

歯が痛いとつい気になって患部を触りたくなりますが、それは絶対に止めましょう。指で触れると患部に細菌が付着してしまう可能性があります。

タバコを吸う

普段からタバコを吸う人は、歯が痛むと気分を落ち着かせるためにタバコを吸いたくなるでしょう。しかしタバコは有害な刺激物ですから、痛みが増す以前に症状が悪化してしまう可能性があります。

入浴する

これも歯が痛む時にリラックス目的でしてしまいがちですが、入浴は身体が温まるため、血行が良くなって痛みが増してしまいます。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、歯の痛みを止める方法についてまとめます。

1. 頬側から冷やす :頬側から解熱シートや冷たい濡れタオルで冷やす
2. 痛み止めを飲む :ドラッグストアで購入したものでも良いが、即効性がなく効果が出るのに時間がかかる
3. ぬるま湯でうがいをする :冷たい水や熱いお湯は刺激となるため、温度はぬるま湯にすること
4. 正露丸を詰める :「飲む」ではなく「詰める」が正しい使用方法
5. 救急センターに行く :歯科においても夜間の救急センターが存在する
6. 歯が痛い時にしてはいけないこと :患部に触れる、タバコを吸う、入浴する

これら6つのことから、歯の痛みを止める方法について分かります。念を押しておきますが、ここでお伝えした方法はあくまで応急処置であり、治療の効果は一切ありません。ですから、痛みが止まった後は必ず歯科医院に行って治療を受けてください。応急処置だけで終わらせてしまうと痛みが再発しますし、症状自体も悪化してしまいます。

PAGE TOP