お問い合わせ・ご予約

初診専用ダイヤル

050-7576-1964

再診・その他のお問い合わせ

B1F03-3775-4181

3F03-6429-1182

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

診療時間:10:00~20:00 ※土日祝は19:00まで

痛みに弱いので治療が怖いのですが、何とかする方法はありますか?|大森駅北口改札のすぐの歯医者なら横須賀歯科医院

横須賀歯科医院
横須賀歯科医院へのお問い合わせ:B1F 03-3775-4181 3F 03-6429-1182

痛みに弱いので治療が怖いのですが、何とかする方法はありますか?

大田区大森駅ナカの歯医者さん、横須賀歯科医院です。
今回のテーマは「治療の痛みへの対処方法」です。
ほとんどの人が「歯科医院の治療=痛い」というイメージを持っていることだと思います。

このため大人でも歯科医院の治療を嫌う人は多く、怖さを理由に虫歯を放置する人も少なくありません。
最も、最近では治療の痛みに対処した歯科医院もあるため患者さんが思うほど治療は痛くなく、
ここでは具体的にどんな方法で痛みを感じない治療を行っているのかを説明していきます。

表面麻酔

歯科治療では麻酔を使用するため、実際には治療の痛みはほとんど感じません。
ただ、麻酔自体が痛くて嫌だと言う人も多く、その場合に効果的なのが表面麻酔です。
表面麻酔とは言ってみれば麻酔の麻酔で、麻酔薬を歯肉に塗ります。

これによって従来の麻酔の注射の痛みを感じなくなりますし、
もちろん表面麻酔をしたからといって従来の麻酔が効かないこともありません。
行う際にはガーゼやコットンロールを使用して、塗った麻酔薬が歯肉から流れないように固定します。

痛み止めを処方

治療内容によっては、治療後に痛み止めを処方します。
例えば抜歯などを行う際、治療そのものは麻酔を使用するので痛みはほとんど感じません。
しかしその場合、帰宅した麻酔が切れると痛みを感じるようになってしまいます。

このため、痛み止めを処方して治療後の痛みに対処しています。
治療後の痛みはあくまで一時的なものですから、長期間痛みが続くことはありません。
このため痛み止めが足りなくなることはないですし、仮に足りなくなっても市販のもので対処できます。

無痛治療

歯科医院の中では、虫歯治療において無痛治療を導入しているところもあります。
どんな無痛治療を行うのかは歯科医院によって異なりますが、
一例を挙げるとリラックス気分で治療を受けられるように笑気ガスを使用するケースもあります。

また、上記で挙げた表面麻酔を使用するケースもありますし、
それ以外に独自の工夫によって痛みを軽減している歯科医院もあります。
例えば「口をゆすぐ際に出る水が冷水ではなくぬるま湯にしてある」…などの工夫をした歯科医院もあります。

早い段階で治療を受ける

痛くない治療を考えた時、最も効果的なのが「早い段階で治療を受ける」です。
虫歯にしても歯周病にしても、その治療内容は一定ではなく症状の進行度によって異なります。
例えば虫歯治療の場合、ほとんどの人は治療内容を「歯を削って詰め物を入れる」とイメージするでしょう。

しかし、初期段階の虫歯治療なら歯を削らすに治せることもあるのです。
一方、虫歯が酷く進行した場合は削るだけでは治らず、神経の除去を兼ねた根管治療が必要です。
つまり早い段階で治療を受けるほど簡単な治療ですみ、もちろん治療の痛みも小さなものになるのです。

歯科医院選びにこだわる

歯科医の腕には差があるため、同じ治療内容でも歯科医が違うことで感じる痛みの度合いも違います。
ほとんどの人は通う歯科医院を探す時、歯科医院自体にはこだわらず距離だけで決める人が多いでしょう。
しかし、歯科医院選びにこだわって腕の良い歯科医から治療を受けることも痛みを抑える方法の1つです。

そこで問題なのが、何を基準にすれば良い歯科医と出会えるかという点です。
この場合、1つの方法となるのがインターネットで歯科医院の口コミや評判を調べることです。
また治療内容によっては、認定医や専門医の資格を持つ歯科医を探すのも良いでしょう。

定期検診を受ける

定期検診を受けていれば、痛む治療が必要になるような機会はまずありません。
と言うのも、定期検診を受けることで虫歯や歯周病を予防しやすくなりますし、
例え虫歯や歯周病に掛かったとしても検診時に発見して早期治療できるからです。

最も、例え予防のためでも歯科医院に行くのは嫌だと感じる人もいるかもしれません。
しかし、定期検診で行うのは基本的に予防治療ですから痛むことはないですし、
歯のクリーニングなどの場合はむしろ心地良いと感じる人もいるほどです。
できれば3ヶ月、長くても6ヶ月に1度の頻度で定期検診を受けておけば、大きな虫歯や歯周病にはなりません。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、治療の痛みへの対処方法についてまとめます。

1. 表面麻酔 :麻酔の麻酔。麻酔薬を歯肉に塗ることで、麻酔の注射の痛みを抑えることができる
2. 痛み止めを処方 :治療後の痛みへの対処。治療内容によっては痛み止めを処方している
3. 無痛治療 :笑気ガスを使用するなどして、痛くない虫歯治療を導入している歯科医院もある
4. 早い段階で治療を受ける :虫歯や歯周病は、早く発見して治療するほど簡単な治療ですむ
5. 歯科医院選びにこだわる :距離ではなく、歯科医の腕の良さで歯科医院を決めるのも良い方法
6. 定期検診を受ける :予防効果が高い上に、虫歯や歯周病を早期発見して早期治療できる

これら6つのことから、治療の痛みへの対処方法について分かります。
治療が怖いと感じるのは恥ずかしいことではありません。
怖い場合は無理に我慢をするのではなく、無痛治療を導入している歯科医院で治療を受けましょう。
最もやってはいけないのは怖さを理由に症状を放置することです。

PAGE TOP