お問い合わせ・ご予約

初診専用ダイヤル

050-7576-1964

再診・その他のお問い合わせ

B1F03-3775-4181

3F03-6429-1182

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

診療時間:10:00~19:30 ※土日祝は19:00まで

矯正装置を装着している時、食事は今までどおりにできますか?|大田区大森の歯医者さん|よこすか歯科医院

横須賀歯科医院
横須賀歯科医院へのお問い合わせ:B1F 03-3775-4181 3F 03-6429-1182

矯正装置を装着している時、食事は今までどおりにできますか?

矯正装置を装着している時、食事は今までどおりにできますか?

大田区大森駅ナカの歯医者さん、横須賀歯科医院です。今回のテーマは「矯正治療中の食事について」です。矯正治療では矯正装置を装着するため、食事の点について気になると思います。

そこでお答えすると、矯正装着してももちろん食事は可能です。また明確な食事制限はないのですが、それでもできるだけ避けた方が良い食べ物もあり、ここでは矯正治療の食事をテーマにした説明をしていきます。

色の濃い食べ物

色の濃い食べ物を食べても矯正治療に影響するわけではありません。その点では制限しなくても良いのですが、問題は矯正装置にその色が付着する可能性があることです。特に、カレーやコーヒーによる着色はなかなか落とせなくなってしまいます。

例え矯正治療に影響がなくても、矯正装置が着色してしまえば見た目が悪くなりますし、いくら口の中を綺麗にしていても矯正装置が着色していれば不衛生に見えてしまいます。つまり矯正装置の審美性を低下されるという意味で、色の濃い食べ物は避けた方が良いのです。

糖を多く含んだ食べ物

矯正治療中は普段よりも虫歯や歯周病になるリスクが高くなり、それは矯正装置の装着によって精密な歯磨きがしづらくなるからです。歯磨きがしづらくなれば磨き残しが増え、磨き残しが増えればプラークが溜まりますからね。

このような理由で矯正治療中は虫歯や歯周病になりやすく、ですからそのリスクをより高める糖の摂取は控えた方が良いでしょう。糖の摂取ゼロまでは意識しなくても良いですが、多量の摂取は控えるようにしてください。

固い食べ物

本来、顎の筋肉を使うことを考えると固い食べ物を食べて噛むことは大切ですが、矯正治療中においてはできるだけ避けた方が良いでしょう。と言うのも、あまり固いものを食べると矯正装置が外れてしまう可能性があるからです。

その場合は歯科医院に行って再度装着と調整が必要なため、患者さんにとって手間になりますし、それどころか矯正装置が破損してしまう可能性もあります。そうなると手間だけでなく費用にも影響するため、あまり固い食べ物は食べないようにしましょう。

矯正装置に挟まる、くっつく食べ物

挟まる食べ物としてはひき肉や繊維のある食べ物など、くっつく食べ物としては餅などが挙げられます。これらの食べ物が矯正装置に挟まる、くっつくなどの状態になると食べカスとして残り、それは虫歯や歯周病の原因になりますし、食べカスが腐ることで口臭の問題も起こります。

もちろん、食べた後に歯磨きで綺麗に除去できれば問題ないですが、実際には矯正装置を装着した歯磨きは精度が落ちるため、どうしても除去しきれない部分があります。また、矯正装置に食べカスが挟まっている状態だと見た目も悪くなってしまいます。

食事が気にならなくなる矯正方法

矯正治療の方法によっては上記の問題を避けられるようになります。

裏側矯正

文字どおり歯の裏側に矯正装置を装着する方法で、舌側矯正とも呼ばれます。矯正装置が裏側にあるため見えず、そのため着色による審美性低下の問題を防げます。そもそも矯正装置が見えないため、着色と無関係に審美性の高い矯正方法です。

マウスピース矯正

取り外しできるマウスピースが矯正装置であるため、食事中には外すことができます。このため矯正治療中でも普段と同じ感覚で食事できますし、歯磨きがしづらくなることもありません。ただし好きな時に外せると思うのは間違いで、1日20時間ほどの装着が必要です。

…これらの矯正方法は見えない矯正方法として人気です。特にマウスピース矯正は食事中に外せることから、食事における全ての問題を解消できます。ただし、これらの方法も万能ではなくデメリットがあります。

例えば、裏側矯正は舌側に矯正装置を装着する仕様上、慣れるまで発音がしづらく感じます。そしてマウスピース矯正は歯を動かす力はワイヤー矯正に劣るため、対応できる症例に限りがあり、あまり凸凹した歯並びの矯正治療には対応できません。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、矯正治療中の食事についてまとめます。

1. 色の濃い食べ物 :矯正治療そのものに影響はないが、矯正装置に着色してしまう
2. 糖を多く含んだ食べ物 :矯正治療中は虫歯になりやすいが、そのリスクをさらに高めてしまう
3. 固い食べ物 :矯正装置が外れてしまう、もしくは破損してしまう可能性がある
4. 矯正装置に挟まる、くっつく食べ物 :食べカスとして残り、虫歯や歯周病や口臭の原因になる
5. 食事が気にならなくなる矯正方法 :裏側矯正やマウスピース矯正

これら5つのことから、矯正治療中の食事について分かります。矯正治療中は虫歯や歯周病、さらに矯正装置へのダメージを考えると避けた方が良い食べ物があります。そう考えると一見不自由に思えますが、もちろんそれは矯正治療中のみの話です。

矯正治療が終われば歯並びが改善されるため、むしろ今までよりも噛みやすくなりますし、歯磨きがしやすくなるため虫歯や歯周病も予防しやすくなるでしょう。一時的なことなので我慢もできるでしょうが、それでも不自由ならマウスピース矯正という方法もあります。

PAGE TOP