お問い合わせ・ご予約

初診専用ダイヤル

050-7576-1964

再診・その他のお問い合わせ

B1F03-3775-4181

3F03-6429-1182

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

診療時間:10:00~19:30 ※土日祝は19:00まで

神経を抜くと虫歯になりやすいの?|大田区大森の歯医者さん|よこすか歯科医院

横須賀歯科医院
横須賀歯科医院へのお問い合わせ:B1F 03-3775-4181 3F 03-6429-1182

神経を抜くと虫歯になりやすいの?

大田区大森駅ナカの歯医者さん、大森のよこすか歯科医院です。
今回のテーマは「歯の神経を抜くことのリスク」です。
虫歯治療では、虫歯の進行度によって神経を抜かなければならないことがあります。

しかし、大切な神経を抜くことに疑問を感じる方もいるでしょう。神経を抜けばリスクが発生することも想像できますし、神経を抜くと虫歯になりやすいと聞いたことがある方もいると思います。

そこで、ここでは神経を抜くことのリスクについて考えていきます。

神経を抜くと虫歯になりやすい理由

まず、今回の質問である「神経を抜くと虫歯になりやすいのか?」についてですが答えはイエスで、つまり神経を抜くと虫歯になりやすくなります。歯の神経は感覚を伝えるだけでなく、歯に栄養を届ける役割も担っています。

このため神経を失うことは歯に栄養が行き届かないことになり、そのため歯は脆くなってしまいます。当然細菌の感染に対する抵抗力も弱くなるため、虫歯菌にも感染しやすく、虫歯になりやすいのです。また、神経は歯が虫歯になると虫歯菌の進行経路を塞ごうとして歯を守ります。

神経を失えばその防御機能も働かなくなるため、神経を失うと虫歯になりやすいだけでなく虫歯になった時に進行しやすい問題も起こります。さらに痛みを感じなくなることから虫歯を自覚しにくく、それもまた虫歯が進行しやすい要因になります。

それでも神経を抜く理由

神経を抜くと虫歯になりやすい理由をまとめると、次のようになります。

・歯に栄養が供給されなくなるので歯が脆くなる
・虫歯に対する防御機能が働かなくなる
・痛みを感じなくなるため虫歯を自覚しにくく、進行させてしまいやすい

…このような理由から、神経を抜くと虫歯になりやすくなります。虫歯の治療で神経を抜くことでむしろ虫歯になりやすくなるため、神経を抜くことに疑問を感じる方もいるでしょうが、それには理由があります。

虫歯が神経まで進行すると、神経が虫歯菌に感染して炎症が起こります。そうなるとズキズキと激痛を感じるようになり、しかも炎症を抑えることはできません。このため、痛みの解消のためにはどうしても神経を抜かなければならないのです。

確かに神経を抜くことで多くのデメリットがありますが、それでも神経を抜く意味としては、そうしなければ痛みを解消できず、虫歯を治せないからです。逆に言えば、そこまで虫歯が進行していなければ神経を抜く意味はないですし、実際に抜くこともありません。

根管治療について

根管治療という治療方法を聞いたことがある方もいると思いますが、神経を抜く時にはこの根管治療を行います。虫歯が神経まで進行すると、神経のある空洞…すなわち歯髄腔は細菌だらけの状態になっており、神経も虫歯菌に感染しています。

このため神経を抜くことはもちろん、歯髄腔に存在する細菌を全て除去して清掃、さらに消毒も行います。その上で薬を塗って封をするのですが、この治療方法こそ根管治療と呼ばれる治療です。根管治療の問題点は治療の難易度が高いことで、根管内の形状はその人ごとで異なります。

さらに内部を直接目で確認できないため、治療時に細菌を取り残してしまうことがあるのです。細菌が残っていると例え封をしてもその細菌が悪さをするため、治療後に再び強い痛みを感じてしまい、解消のためには再治療が必要になります。

もちろんそうならないよう、治療時にはレントゲンやCTを使用して、根管内の状態を慎重に確認しながら治療を行います。ただし治療の難易度が高いのは事実のため、根管治療は腕の良い歯科医の元で受けるべきでしょう。

定期検診のすすめ

神経を失うことは大きな問題ですが、虫歯の進行によってはどうしても抜くしかありません。ではどうすれば虫歯になった時に神経を失わずにすむか?…それには虫歯の早期治療が大切です。そして、虫歯の早期治療を実現する上で欠かせないのが歯科医院の定期検診です。

定期検診では歯科医は虫歯の有無をチェックするため、その時点で虫歯があれば例え初期段階のものでも発見して治療できます。このため定期的に検診を受けていれば、例え虫歯になっても神経まで進行することはないでしょう。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、歯の神経を抜くことのリスクについてまとめます。

1. 神経を抜くと虫歯になりやすい理由 :歯に栄養が供給されなくなって歯が脆くなるなど
2. それでも神経を抜く理由 :虫歯が神経まで進行すると炎症が治まらず、常にズキズキと痛むため
3. 根管治療について :神経を抜く時に行う治療。難易度が高いので腕の良い歯科医の元で受けるべき
4. 定期検診のすすめ :定期検診を受けていれば、神経を抜くほど虫歯を進行させてしまう心配がない

これら4つのことから、歯の神経を抜くことのリスクについて分かります。歯の神経を抜けば、確かにその時点で虫歯の痛みは解消されます。しかし神経を抜いた歯は脆くなり、その後虫歯になりやすくなってしまいます。

このため神経を抜くことはデメリットだらけなのですが、それでも虫歯の進行度によっては神経を抜くしかなく、そうならないためには定期検診を受けるなどして虫歯の早期発見と早期治療をすることです。

PAGE TOP