お問い合わせ・ご予約

初診専用ダイヤル

050-7576-1964

再診・その他のお問い合わせ

B1F03-3775-4181

3F03-6429-1182

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

診療時間:10:00~19:00 ※土日祝は19:00まで

セラミックの種類の中でどれが一番おすすめですか?|大田区大森の歯医者さん|よこすか歯科医院

横須賀歯科医院
横須賀歯科医院へのお問い合わせ:B1F 03-3775-4181 3F 03-6429-1182
LINEから矯正のご相談ができます!

セラミックの種類の中でどれが一番おすすめですか?

大田区大森駅ナカの歯医者さん、大森のよこすか歯科医院です。
今回のテーマは「おすすめのセラミック」です。
セラミックにはいくつかの種類があり、患者さんはその中で好きな種類のセラミックを選択できます。

とは言え、種類の選択は重要であり、ファッション感覚や趣味で決めるものではありません。セラミックは種類ごとでそれぞれ独自の特徴を持っており、それを参考にして自分に合ったセラミックを選択する必要があります。

セラミックの種類とそれぞれの特徴

「審美性が高い」、「二次虫歯を予防しやすい」…セラミックの特徴としてはこうしたメリットを連想しますが、これらは全てのセラミックに共通する特徴です。セラミックは現状4つの種類が存在し、それぞれこれらと違った独自の特徴…すなわち独自のメリットとデメリットを持っています。

オールセラミック

文字どおり100%セラミックでできているため、セラミックの中で最も高い審美性を誇ります。さらに年数経過による変色も起こらず、使用している間はずっと美しさを維持できます。耐久性も高くプラークも付着しにくいので機能性にも優れており、セラミックの中で最上位に位置するタイプですが、そのため費用が高いのが欠点です。

ハイブリッドセラミック

レジンとセラミックが混ざっており、レジンの影響がメリットにもデメリットにもなっています。メリットとしてはオールセラミックに比べて費用が安く、セラミックの中でもお手軽さがあることです。また、レジンの柔軟性があることで隣接する歯を傷つけにくくなっています。一方デメリットは審美性がオールセラミックより劣ることと、年数経過による変色が起こることです。

メタルボンド

外見はセラミックですが、中のフレームは金属になっています。金属を使用しているため耐久性に長けており、割れた場合も金属がそのまま残るため修復が容易です。こうした特徴からメタルボンドは奥歯をセラミックにする方が多いですが、年数経過で劣化すると金属が露出する、金属アレルギーの対象になるなどのデメリットもあります。

ジルコニアセラミック

人工ダイヤモンドのジルコニアを使用しているため、耐久性に長けているのが特徴です。この点ではメタルボンドに似ていますが、ジルコニアセラミックは金属を使用していないですし、審美性の高さもメタルボンドより上になっています。欠点は費用が高いこと、そして比較的新しいタイプのため取り扱っている歯科医院が少ないことです。

優先すべきポイントとおすすめのセラミック

全ての種類のセラミックに独自のメリットとデメリットがある以上、一概におすすめのセラミックを断言できません。そこでポイントになるのは、どのメリットを優先するかです。つまり何を重視するかによって、その患者さんにとっておすすめのセラミックが決まります。

審美性を重視する場合→オールセラミック

セラミックはどの種類も審美性が高いですが、その中で最も美しいのはオールセラミックです。さらにオールセラミックは年数が経過しても変色しないため、審美性にこだわるのであればおすすめはオールセラミックでしょう。

安くセラミックにしたい場合→ハイブリッドセラミック

セラミックは健康保険が適用されないため費用が高く、それを理由に銀歯にする方もいます。確かにセラミックは銀歯に比べれば費用は高いものの、セラミックの種類によっても費用は異なります。そして、セラミックの種類の中で最もお手軽なのがハイブリッドセラミックです。

耐久性を重視する場合→ジルコニアセラミック

例えば奥歯をセラミックにする場合など、審美性よりも耐久性を重視するならおすすめなのはジルコニアセラミックです。ちなみにメタルボンドはフレームこそ頑丈ですが、セラミックの部分は割れやすい欠点があります。

金属アレルギーを理由にセラミックにする場合→メタルボンド以外のセラミック

金属アレルギーのため銀歯にできず、やむを得ずセラミックにする方もいます。この場合、金属を使用しているメタルボンドは当然除外されるため、それ以外の種類の中から選択しましょう。ちなみに100%セラミックを希望するなら、該当するのはオールセラミックのみになります。

…これらはあくまで一例であり、その他の部分を重視する方もいるでしょう。重要なのは、おすすめのセラミックは重視する内容によって異なるということです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、おすすめのセラミックについてまとめます。

1. セラミックの種類とそれぞれの特徴 :4種類のセラミックそれぞれのメリットとデメリットを本文にて解説
2. 優先すべきポイントとおすすめのセラミック :何を重視するかでおすすめのセラミックは異なる

これらのことから、おすすめのセラミックについて分かります。患者さんの希望を聞かない限り、おすすめのセラミックの提案はできません。なぜなら、セラミックは種類ごとで独自のメリットとデメリットがあるからです。患者さんが何を重視したいのか?…それによっておすすめのセラミックは異なります。

PAGE TOP