お問い合わせ・ご予約

初診専用ダイヤル

050-7576-1964

再診・その他のお問い合わせ

B1F03-3775-4181

3F03-6429-1182

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

診療時間:10:00~19:30 ※土日祝は19:00まで

セラミックだと虫歯が再発しにくいと聞きましたが、それはなぜですか?|大田区大森の歯医者さん|よこすか歯科医院

横須賀歯科医院
横須賀歯科医院へのお問い合わせ:B1F 03-3775-4181 3F 03-6429-1182

セラミックだと虫歯が再発しにくいと聞きましたが、それはなぜですか?

大田区大森駅ナカの歯医者さん、大森のよこすか歯科医院です。
今回のテーマは「セラミックだと虫歯が再発しにくい理由」です。
セラミックのメリットを考えた時、審美性の高さをイメージする方がほとんどだと思います。

確かにそれは事実ですが、セラミックのメリットはそれだけではありません。そして、セラミックのメリットの1つとして二次虫歯の予防しやすさが挙げられますが、そもそもなぜセラミックだと二次虫歯を予防しやすいのでしょうか。

二次虫歯とは

二次虫歯とは二次カリエスとも呼ばれ、分かりやすく言えば虫歯の再発です。虫歯を治療した時に歯を削ると、象牙質が剥き出しになって歯が弱くなってしまいます。このため治療して削った歯は細菌に感染しやすく、詰め物や被せ物での処置はそれを防ぐ目的でもあります。

つまり、詰め物や被せ物で患部を多い、細菌の侵入を防いでいるのです。こうした虫歯の再発は決して稀なケースではなく、大人の虫歯の場合は半分以上の割合で二次虫歯によるものです。

二次虫歯の怖さ

二次虫歯と初めて虫歯を比較すれば、怖いのは前者…つまり二次虫歯でしょう。それには2つの理由があり、1つは二次虫歯の場合は気づきにくいからです。患部が詰め物や被せ物で覆われているため、見た目で虫歯に気づけません。また、最初の虫歯治療で神経を除去した場合は痛みも感じませんからね。

そして2つ目の理由は、二次虫歯は歯を失うきっかけになるからです。一度二次虫歯が発生すると「二次虫歯→治療→二次虫歯→治療」のサイクルに陥りやすく、治療のたびに歯を削ることで少しずつ歯が失われてしまうのです。

セラミックが二次虫歯を予防しやすい理由

では、なぜセラミックが二次虫歯を予防しやすいのかについて説明します。まずセラミックは材質的に表面がツルツルしているため、プラークが付着しにくくなっています。プラークには虫歯の原因菌が含まれているため、それが付着しにくいことで二次虫歯を予防しやすいのです。

また、二次虫歯は詰め物や被せ物に生じた隙間に細菌が侵入することで起こりますが、セラミックの接着は銀歯に比べて頑丈で、そのため隙間が生じにくく二次虫歯を予防しやすいのです。つまり「ツルツルした材質」と「隙間の生じにくさ」…これらが、セラミックが二次虫歯を予防しやすい理由です。

注意点

セラミックは確かに二次虫歯を予防しやすいものの、あくまでそれは万全なケアがあってこそ言えることです。いくらプラークが付着しにくくても歯磨きをしなければプラークは付着しますし、検診を受けずに放置すればやがてはセラミックも寿命になって隙間が生じてしまうでしょう。

このため虫歯予防の基本ができていなければ、例えセラミックでも二次虫歯は起こります。セラミックは二次虫歯を予防しやすくなりますが、絶対に予防できるわけではありません。その意味でも、セラミックにした後は定期的に検診を受けて二次虫歯の徹底予防が必要です。

銀歯の場合

セラミックは二次虫歯を予防しやすいですが、では銀歯の場合はどうなのでしょうか。結論から言うと銀歯は二次虫歯が起こりやすく、実際に銀歯にした方の多くが虫歯の再発と治療の繰り返しに悩まされています。

これは銀歯がセラミックと真逆の特徴を持っているからで、材質的にプラークが付着しやすく、なおかつセラミックに比べて接着が弱いため隙間が生じやすいのです。このため、既に銀歯を使用している方がセラミックに交換するケースも多く見られます。

セラミックの欠点

審美性も高く、二次虫歯も予防しやすい、これらの点に注目すると銀歯よりもセラミックを選択すべきに思えます。確かに、審美性も機能性もセラミックは銀歯を上回っているため、どちらか一方でも重視したい場合はセラミックにすべきでしょう。

しかし、セラミックに欠点がないわけではありません。セラミックの欠点は費用の高さで、健康保険が適用されないため費用が銀歯よりも高くなります。仮に費用の安さを最優先するのであれば、おすすめなのはセラミックよりも銀歯でしょう。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、セラミックだと虫歯が再発しにくい理由についてまとめます。

1. 二次虫歯とは :虫歯治療した歯が再度虫歯になることで、二次カリエスとも呼ばれる
2. 二次虫歯の怖さ :見た目で虫歯に気づきにくい、二次虫歯と治療を繰り返すことで歯が失われる
3. セラミックが二次虫歯を予防しやすい理由 :プラークが付着しにくく、歯との間に隙間が生じにくい
4. 注意点 :ケアを怠ればセラミックでも二次虫歯になる
5. 銀歯の場合 :プラークが付着しやすく隙間も生じやすいため、二次虫歯になりやすい
6. セラミックの欠点 :健康保険が適用されないため費用が高い

これら6つのことから、セラミックだと虫歯が再発しにくい理由が分かります。
セラミックのメリットは審美性の高さが目立ちますが、実は詰め物や被せ物の質で見ても優秀です。
セラミックはプラークが付着しにくく隙間も生じにくいため、銀歯に比べて二次虫歯を予防しやすいのです。
二次虫歯を予防すること…それは歯を守ることにつながりますから、そう考えるとセラミックには費用に見合った価値があることが分かります。

PAGE TOP