お問い合わせ・ご予約

初診専用ダイヤル

050-7576-1964

再診・その他のお問い合わせ

B1F03-3775-4181

3F03-6429-1182

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

診療時間:10:00~19:00 ※土日祝は19:00まで

奥歯をセラミックにすると割れてしまわないか心配なのですが、大丈夫ですか?|大田区大森の歯医者さん|よこすか歯科医院

横須賀歯科医院
横須賀歯科医院へのお問い合わせ:B1F 03-3775-4181 3F 03-6429-1182
LINEから矯正のご相談ができます!

奥歯をセラミックにすると割れてしまわないか心配なのですが、大丈夫ですか?

大田区大森駅ナカの歯医者さん、大森のよこすか歯科医院です。今回のテーマは「奥歯をセラミックにするケース」です。奥歯をセラミックにする場合、耐久性を気にする方が多くいます。

確かに奥歯は噛んだ力が強くかかりますから、陶器であるセラミックの耐久性を心配に思うのは当然です。また、奥歯は目立たないため審美性にこだわる必要がないと考える方もいますし、そこでここでは奥歯をセラミックにするケースをテーマにした説明をしていきます。

奥歯をセラミックにするメリット

セラミックの最大のメリットは審美性の高さです。このため、目立たない奥歯をセラミックにするメリットはないと思う人もいるかもしれません。しかしそんなことはなく、それは一見目立たない奥歯でも実は目立つからです。

会話すれば奥歯が見えますし、大きな声で笑った時はなおさらです。そんな時、奥歯が銀歯だとやはり目立ってしまうため、「奥歯=目立たない」というわけではないのです。また、セラミックのメリットは審美性の高さだけではありません。

「二次虫歯になりにくい」、「長持ちする」、このような機能性の高さのセラミックのメリットであり、例えば虫歯の再発の予防のためにセラミックを希望する方も多いのです。特に奥歯は虫歯になりやすいため、二次虫歯を予防しやすい点は大きなメリットと言えるでしょう。

セラミックの耐久性

奥歯をセラミックにすることに対して多くの人が抱く不安は、耐久性の問題だと思います。セラミックは陶器…つまり茶碗や湯呑みと同じですから、割れてしまうのではないかと思えてしまうのです。確かに、実際にセラミックはあまり強い力で噛むと割れてしまうことがあります。

ただし、この問題はセラミックの種類にこだわることである程度の解消が可能です。耐久性の高さセラミックはメタルボンドとジルコニアセラミックで、メタルボンドは金属のフレームにセラミックを焼き付けたタイプです。

外側のセラミックが割れたとしても、金属のフレームがそのまま残るため修復も容易です。ジルコニアセラミックは人工ダイヤモンドのジルコニアを使用していますから、硬すぎると表現されるほど硬いセラミックで、こちらも奥歯には最適のタイプです。

セラミックが割れた場合はどうなるか

セラミックが割れてしまった場合、新品のセラミックに交換することで対処は可能です。それ以上に気になるのは費用のことだと思いますが、これは歯科医院によって対応が異なります。大抵の場合、セラミックには保証システムが設けられていますが、その詳細は歯科医院ごとで異なるのです。

ただし、保証があったとしても天然の歯でも割れてしまうような使い方をして割れた場合は、保証が適用されないケースもあるでしょう。この点は事前に歯科医院に確認するべきで、特に次の点は必ず確認しておきましょう。

・保証の有無、あるとすれば保証は何年なのか?
・患者さん側に負担が発生する場合、具体的にいくらの負担が発生するのか?
・保証が適用されないケースはあるのか?あるとすればどんなケースなのか?

…これら3つを確認しておけば、セラミックが割れた場合のいかなるケースにおいても対処方法が分かると思います。

金属アレルギーの方へ

金属アレルギーが理由で奥歯を銀歯ではなくセラミックにする方がいますが、その場合はメタルボンドを選択してはいけません。メタルボンドは確かに耐久性の点で奥歯に向いていますが、一部金属を使用したタイプです。

このため、メタルボンドはセラミックでも金属アレルギーの対象になってしまうのです。最も、金属アレルギーであると歯科医に伝えればメタルボンドを提案されることはないでしょうが、オールセラミックかジルコニアセラミックにすると良いでしょう。

オールセラミックは100%セラミックで仕上げてあるため、他のハイブリッドセラミックなどに比べると耐久性が高く、ジルコニアセラミック同様奥歯にも使用できます。

ジルコニアセラミックについて

奥歯に向いたセラミックとしてジルコニアセラミックを挙げましたが、ジルコニアセラミックはセラミックの種類の中でも新しいタイプです。また、取り扱うセラミックの種類は歯科医院ごとで異なります。

新しいタイプであるジルコニアセラミックは取り扱っている歯科医院がまだ少ないと言えるでしょう。このためジルコニアセラミックを希望する場合は、事前に歯科医院に取り扱っているか確認すると良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、奥歯をセラミックにするケースについてまとめます。

1. 奥歯をセラミックにするメリット :奥歯も目立つため審美性は重要。さらに二次虫歯を予防しやすくなる
2. セラミックの耐久性 :メタルボンドやジルコニアセラミックは耐久性が高いので奥歯に向いている
3. セラミックが割れた場合はどうなるか :保証のシステムは歯科医院ごとで異なるため確認する
4. 金属アレルギーの方へ :メタルボンドは金属を使用しているため、金属アレルギーの対象になる
5. ジルコニアセラミックについて :ジルコニアセラミックは取り扱っている歯科医院がまだ少ない

これら5つのことから、奥歯をセラミックにするケースについて分かります。奥歯をセラミックにするのであれば、耐久性が高いセラミックにすると良いでしょう。おすすめはメタルボンドかジルコニアセラミックですが、メタルボンドは金属アレルギーの対象になる点に注意してください。

PAGE TOP