お問い合わせ・ご予約

初診専用ダイヤル

050-7576-1964

再診・その他のお問い合わせ

B1F03-3775-4181

3F03-6429-1182

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

診療時間:10:00~19:30 ※土日祝は19:00まで

虫歯治療で歯の神経は抜くのは間違っている?|大田区大森の歯医者さん|よこすか歯科医院

横須賀歯科医院
横須賀歯科医院へのお問い合わせ:B1F 03-3775-4181 3F 03-6429-1182

虫歯治療で歯の神経は抜くのは間違っている?

大田区大森駅ナカの歯医者さん、大森のよこすか歯科医院です。
今回のテーマは「虫歯治療で歯の神経を抜く必要性」です。
虫歯治療では、虫歯の進行度によっては歯の神経を抜くことがあります。

しかし、大切な神経を抜くのは本当に治療として正しいのか不安に思う患者さんが多いです。
確かに、神経を抜いてしまえば神経がもたらす効果が失われてしまいます。
そこで、ここでは虫歯治療において歯の神経を抜くことの必要性について説明します。

歯の神経を抜くのはどんな場合か

歯の構造を簡単に説明すると、表面にエナメル質があり、その奥に象牙質、さらに奥に神経があります。
虫歯の場合、最初は歯の表面のエナメル質だけが虫歯菌に感染します。
そして治療しなければ虫歯はどんどん奥に進行し、やがて象牙質や神経まで虫歯菌が到達します。

歯の神経を抜くのは虫歯が歯の神経、もしくはその付近まで到達した場合になります。
当然歯の神経は抜かない方が良いですから、虫歯治療は神経を抜かない前提で行います。
しかし前述したケースにおいては細菌感染などのリスクから、どうしても神経を抜かなければなりません。

歯の神経を抜くとどうなるか

歯の神経を抜けば神経がもたらしていた効果が全て失われ、次のような問題が起こります。

・歯が脆くなる
神経は歯に栄養を届ける役割を果たしているため、神経を抜けば歯に栄養が行き届きにくくなります。
そうなると歯からは栄養が失われ、脆くやわらかい状態になってしまいます。
また、栄養が行き届かない影響で見た目も黒く変色してしまいます。

・痛みを感じなくなる
そもそも虫歯で歯が痛むのは神経が痛みを伝達しているからで、神経を抜くことで痛みも感じなくなります。
中にはこれらをプラスに捉える方もいますが、痛みを感じなくなるのは実はとても怖いことです。
なぜなら、痛みを感じないことで歯の異常に気づけなくなるからです。

・虫歯が進行しやすくなる
神経は歯が虫歯になると防御機能を働かせます。
「虫歯菌の経路を塞ぐ」、「象牙質を再生させる」などして虫歯の進行を食い止めているのです。
しかし神経を抜けばその防御機能も働かなくなるため、虫歯も進行しやすくなります。

歯の神経を抜かない治療方法

神経を抜く必要があるほど進行した虫歯でも、治療方法によって神経を抜かなくてすむ場合があります。
例を挙げると「わざと虫歯を残して虫歯菌を無菌化する」、
「歯を削る範囲を最小限にとどめて虫歯菌のみを除去する」などの方法があります。

ただし、こうした治療方法も絶対に神経を残せるとは断言できず、
虫歯の進行度や歯の状態によってはやはり神経を抜かなければなりません。
ですから、これらの治療は「神経を抜かない方法」ではなく「神経を抜かなくてすむかもしれない方法」です。

虫歯の早期治療の重要性

歯の神経を抜くのは治療としても辛いですし、神経を失うデメリットも数多くあります。
このため、虫歯治療で神経を抜くのはできれば避けたいと思うのが自然です。
さて、虫歯治療において確実に神経を抜かずにすむ方法が1つだけあり、それは虫歯を放置しないことです。

虫歯治療において神経を抜く必要があるのは、虫歯が歯の神経まで進行した場合です。
逆に言えば、虫歯が歯の神経まで進行する前に治療すれば、確実に神経を抜くのを避けられます。
そのためには虫歯を放置せず、自覚した時点ですぐ歯科医院に行って治療することが大切です。

虫歯以外の原因で歯の神経を抜くケース

治療において神経を抜く必要性があるのは、虫歯治療だけではありません。
次の症状が起こった場合も、状態によっては神経を抜かなければなりません。

・歯の根に膿みが溜まっている
歯の根が細菌に感染すると、根の先端部分に膿みの袋ができます。
これによって激痛をもたらすため、痛みの解消のために神経を抜かなければならないことがあります。
最も、この場合は既に神経が死んでしまっているケースもあります。

・重度の知覚過敏
従来の知覚過敏なら神経を抜く必要はないですが、重度の場合はそうはいかないことがあります。
重度の知覚過敏だとエナメル質だけでなく象牙質も傷ついた状態ですから、
神経を抜かなければ常に激痛を感じてしまいます。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、虫歯治療で歯の神経を抜く必要性についてまとめます。

1. 歯の神経を抜くのはどんな場合か :虫歯が歯の神経、もしくはその付近まで進行している場合
2. 歯の神経を抜くとどうなるか :歯が脆くなる、痛みを感じなくなる、虫歯が進行しやすくなる
3. 歯の神経を抜かない治療方法 :絶対に神経をぬかなくてすむとは断言できない
4. 虫歯の早期治療の重要性 :虫歯になっても早期治療すれば歯の神経を抜く事態にはならない
5. 虫歯以外の原因で歯の神経を抜くケース :歯の根に膿みが溜まっている、重度の知覚過敏など

これら5つのことから、虫歯治療で歯の神経を抜く必要性について分かります。
「歯の神経は抜いた方が良いか?」の質問に対しては、「抜かない方が良い」の回答になります。
しかし、虫歯の状態によってはそれでも歯の神経を抜かなければなりません。

最も、虫歯が歯の神経まで進行していなければそんな事態にはならないですし、
虫歯を放置しなければ歯の神経まで進行することもありません。
つまり、虫歯において歯の神経を抜かずにすむ確実な方法は、虫歯になったら早期治療することです。

PAGE TOP