お問い合わせ・ご予約

初診専用ダイヤル

050-7576-1964

再診・その他のお問い合わせ

B1F03-3775-4181

3F03-6429-1182

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

診療時間:10:00~19:30 ※土日祝は19:00まで

例え虫歯でも、歯が痛くないなら治療しなくても良いですか?|大田区大森の歯医者さん|よこすか歯科医院

横須賀歯科医院
横須賀歯科医院へのお問い合わせ:B1F 03-3775-4181 3F 03-6429-1182

例え虫歯でも、歯が痛くないなら治療しなくても良いですか?

大田区大森駅ナカの歯医者さん、大森のよこすか歯科医院です。
今回のテーマは「虫歯治療の必要性」です。
みなさんが虫歯になって歯科医院に行く時、そもそもなぜ虫歯を治そうと思ったのでしょうか。

仮にそのような質問をしたとすれば、ほとんどの方が「歯が痛いから」と回答するでしょう。
「歯が痛いから虫歯を治す」…では歯が痛くなければ治す必要はないのでしょうか。
実際、痛みがないことを理由に治療を放置する方もいますが、その考えは間違っています。

虫歯は自然には治らない

まず知っておいてほしいのは、虫歯は自然には治らないということです。
正確には、本当に虫歯になりたての状態であればケア次第で治ることもありますが、
少なくとも痛みを感じるほどの虫歯なら治療しない限り治りません。

例えば風邪を引いた場合、ほんの少しの風邪なら病院で治療しなくても自然に治ります。
しかし風邪と虫歯と全く違い、虫歯は治療しない限り治らないのです。
このため、虫歯になっても治療しない方はそのままずっと虫歯の状態が続くことになります。

虫歯を治療しないとどうなるか

虫歯は自然に治らないのですから、治療しなければ虫歯の状態がずっと続きます。
しかしそれは「今の虫歯の状態が続く」という意味ではなく、虫歯そのものは進行していきます。
つまり、治療しなければ虫歯は進行してどんどん酷くなり、次のような症状が起こります。

・痛みが増す
虫歯の痛みは一定ではありません。象牙質まで虫歯が進行すると痛みを感じるようになりますが、
さらに進行すれば歯の神経にまで虫歯が到達し、そうなると眠れないほどの激痛になります。

・歯の神経が死ぬ
歯の神経まで虫歯が到達すれば、やがて歯の神経は死んでしまいます。
歯の神経が死ぬと歯が変色して見た目も悪くなり、栄養も行き届かなくなるため歯は脆くなります。

・簡単に治療できない
虫歯治療が嫌で虫歯を放置する方がいますが、虫歯を放置するほど後の治療が辛くなります。
と言うのも、虫歯が進行すれば治療内容が変わり、歯を削るだけでは治せないこともあるからです。

・歯を失う
歯を失う原因は歯周病だけではありません。治療しなければ虫歯でも最終的に歯を失います。
末期段階まで虫歯が進行すると、歯は原型が残らないほど溶かされてしまいます。

・命にかかわる病気を招く
虫歯の原因菌は歯を完全に破壊した後、今度は血液の中に入り込みます。
そして血管を通じて脳や心臓にまわってしまうと、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こすことがあります。

虫歯に対する間違った知識

虫歯に対して間違った知識を持っていると、虫歯になるリスクや重症化するリスクが高まってしまいます。
そこで、一般的に間違っていることの多い虫歯の知識をまとめます。

・1日3回歯磨きをしていれば虫歯にならない?
そうとは限りません。なぜなら、歯磨きにおいて大切なのは「回数」ではなく「精密さ」だからです。
効率良く多くのプラークを除去できなければ、例え1日10回歯磨きしても予防効果は低いです。
デンタルフロスを使う、歯科医院でブラッシング指導を受けるなどして歯磨きの技術を高めましょう。

・歯が痛くなってもすぐ歯科医院に言えば虫歯は簡単に治る?
歯が痛くなってすぐ歯科医院に行くのは行動としては正しいですが、タイミングとしては遅いです。
と言うのも、初期の虫歯は痛みを感じないため、歯が痛むということは既に虫歯が進行しているからです。
このため虫歯は治せるものの、初期の虫歯のような全く歯を削らず治すのは難しいでしょう。

・虫歯治療した歯は二度と虫歯にならない?
虫歯治療をして詰め物や被せ物をした歯でも、虫歯が再発することがあります。
これは二次虫歯と呼ばれるもので、決して稀なケースではなくむしろ多いケースです。
二次虫歯の予防方法としては、詰め物や被せ物をセラミックにするのが効果的です。

・虫歯の痛みが急になくなったのは虫歯が治ったから?
何も治療していないのであれば、痛みを感じるほどの虫歯が自然に治ることはありません。
この場合、痛みを感じなくなったのは歯の神経が死んでしまったことが考えられ、
虫歯が治ったどころかむしろ進行して酷くなってしまっています。

・乳歯なら虫歯になっても問題ない?
子供の虫歯において、いずれ抜ける乳歯なら虫歯になっても問題ないと考える方がいます。
しかしそれは間違いで、乳歯が虫歯になることはその後に生えてくる永久歯に悪い影響をもたらします。
例えば「永久歯の虫歯のリスクが高まる」、「顎の発達が損なわれる」などの問題が起こります。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、虫歯治療の必要性についてまとめます。

1. 虫歯は自然には治らない :進行した虫歯は治療しない限り治らない
2. 虫歯を治療しないとどうなるか :痛みが増す、歯の神経が死ぬ、簡単に治療できなくなる、歯を失うなど
3. 虫歯に対する間違って知識 :「1日3回歯磨きすれば虫歯にならない?」→「回数よりも精密が大切」など

これら3つのことから、虫歯治療の必要性について分かります。
そもそも痛みの有無を基準に虫歯を判断してはいけません。
例えば歯の神経が死ぬほど虫歯が進行した場合、状態としては深刻です。

しかしこの場合、歯の神経が死んだことでむしろ虫歯の痛みは感じなくなっています。
このため「歯が痛い=虫歯が深刻」とは限らず、
一方で「歯が痛くない=虫歯を放置しても問題ない」ということでもないのです。

PAGE TOP