お問い合わせ・ご予約

初診専用ダイヤル

050-7576-1964

再診・その他のお問い合わせ

B1F03-3775-4181

3F03-6429-1182

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

診療時間:10:00~19:00 ※土日祝は19:00まで

虫歯と歯周病の両方になった場合、どちらを先に治療するか決まっているのですか?|大田区大森の歯医者さん|よこすか歯科医院

横須賀歯科医院
横須賀歯科医院へのお問い合わせ:B1F 03-3775-4181 3F 03-6429-1182
LINEから矯正のご相談ができます!

虫歯と歯周病の両方になった場合、どちらを先に治療するか決まっているのですか?

大田区大森駅ナカの歯医者さん、大森のよこすか歯科医院です。
今回のテーマは「虫歯と歯周病の治療の優先順位」です。
虫歯も歯周病も進行すると怖いため、発症した際には早く治療しなければなりません。

では、これらが同時に発症した場合はどうなるのでしょうか。
例えば虫歯もあって歯周病もある方の場合、どちらを先に治療するのでしょうか。
そこで、ここでは虫歯と歯周病の治療の優先順位について説明していきます。

歯周病の治療を優先する

虫歯と歯周病の両方が発症した場合、基本的には歯周病の治療を優先します。
これは「当院の場合」という意味ではなく、歯科治療における基本のようなものですから、
どの歯科医院に行ったとしても歯周病の治療を優先するでしょう。

問題はその理由ですが、これは歯周病を治療することは歯の土台を治療することになるからです。
ここで1つ、分かりやすい例え話をしてみましょう。
壊れた家があったとして、その家の土台が不安定な場合はどのような順序で修理するでしょうか。

いくら家を修理しようとしても土台が不安定では修理できないため、まずは土台を修理して安定させますよね。
虫歯と歯周病の治療もこれと同じで、まずは土台を安定させるために歯周病を治療し、
その後で家に該当する虫歯を治療するのです。

虫歯の痛みが辛い場合はどうなるか

単に自覚症状の辛さで比較すれば、痛みを感じる点で歯周病よりも虫歯の方が辛いでしょう。
では、虫歯と歯周病にかかっていてなおかつ虫歯の痛みが辛い場合はどうなるのでしょうか。
この場合は痛みのことを歯科医に伝えれば、患者さんの負担を考慮して虫歯を先に治療します。

歯周病の治療を優先するのはあくまで歯科治療の基本であり、
歯科治療において最も大切なのは患者さんの負担をなくすことですからね。
また、治療のスタイルで考えても一方を完治させてからもう一方を治療するとは限りません。

この例のケースなら、一旦虫歯治療を行って痛みを解消させ、
そこから歯周病治療を行って歯周病を完治、その後で虫歯治療の続きを行うという流れも可能です。
ですから、虫歯の痛みが辛い場合はそれを歯科医に正直に伝えれば良いのです。

歯周病の軽視は厳禁

虫歯と歯周病にかかった場合、虫歯を治して痛みさえ解消できれば問題ないと考える方がいます。
確かに歯周病には虫歯のような痛みはないため、
身体の負担や辛さという点では怖くないと思うかもしれません。

しかし歯周病は進行することで歯を失いますし、実際に歯を失う要因として最も多いのが歯周病です。
歯周病は進行すると歯槽骨を溶かしてしまい、この歯槽骨は歯を支える役割を担っています。
つまり歯槽骨が溶かされることで歯が支えを失うことになり、その結果グラついて抜け落ちてしまうのです。

このため、虫歯と歯周病にかかった場合は必ず両方の治療が終わるまで通院を続けてください。
仮に歯周病だけ放置した場合は歯周病が進行してしまいますし、
進行した歯周病の治療は大掛かりなものになり、例えば状態次第では手術も必要です。

虫歯と歯周病の予防方法

虫歯と歯周病の両方を予防するのは大変と思うかもしれませんが、
実はどちらの病気も予防方法は基本的に同じです。
以下の予防方法を実践すれば、虫歯と歯周病を同時に予防できます。

・精度の高い歯磨き
虫歯と歯周病の予防の基本は歯磨きですが、歯磨きにおいて重要なのは頻度よりも精度です。
その意味では、ブラッシングだけの歯磨きではプラークの除去率は6割程度になってしまい、
より多くのプラークを効率良く除去するにはデンタルフロスや歯間ブラシの使用が必要です。

・生活習慣の改善
虫歯も歯周病もそれぞれの原因菌に感染することで発症するため、
細菌に感染しづらい身体づくり…つまり身体の免疫力の向上が予防につながります。
そのためには疲労やストレスを解消するなど、生活習慣を見直して改善しなければなりません。

・歯科医院の定期検診
定期検診では歯のクリーニングを行い、口の中に蓄積したプラークを綺麗に除去できます。
さらに歯磨きの効果を高めるためのブラッシング指導や、生活習慣改善のアドバイスも行います。
また、定期検診を受けることで虫歯や歯周病を早期発見できるため、重症化する前に確実な治療が可能です。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、虫歯と歯周病の治療の優先順位についてまとめます。

1. 歯周病の治療を優先する :基本的には歯周病の治療が優先される
2. 虫歯の痛みが辛い場合はどうなるか :患者さんの負担の解消が最優先のため、虫歯治療を先に行う
3. 歯周病の軽視は厳禁 :虫歯だけ治して歯周病を放置する方がいるが、それは歯を失うことになる
4. 虫歯と歯周病の予防方法 :精度の高い歯磨き、生活習慣の改善、歯科医院の定期検診

これら4つのことから、虫歯と歯周病の治療の優先順位について分かります。
家の修理に例えるなら、「虫歯治療=建物の修理」で「歯周病治療=土台の修理」です。
この例で考えると、建物を修理する以前に土台を安定させなければなりません。

つまり歯周病治療を優先し、土台を安定させた上で虫歯治療を行うのが基本的な流れです。
最も、最優先となるのは患者さんの負担の解消ですから、
虫歯の痛みが辛い場合はその解消のために虫歯治療を優先することもあります。

PAGE TOP