お問い合わせ・ご予約

初診専用ダイヤル

050-7576-1964

再診・その他のお問い合わせ

B1F03-3775-4181

3F03-6429-1182

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

診療時間:10:00~19:00 ※土日祝は19:00まで

虫歯の症状を教えてください|大田区大森の歯医者さん|よこすか歯科医院

横須賀歯科医院
横須賀歯科医院へのお問い合わせ:B1F 03-3775-4181 3F 03-6429-1182
LINEから矯正のご相談ができます!

虫歯の症状を教えてください

大田区大森駅ナカの歯医者さん、大森のよこすか歯科医院です。
今回のテーマは「虫歯の症状」です。
虫歯になると歯が痛くなりますが、そもそもその時歯に一体何が起こっているのでしょうか。

また虫歯は進行する病気であり、進行することで今まで起こらなかった症状が起こります。
このため、虫歯の症状というのは決してシンプルなものではありません。
そこで、ここでは虫歯の症状について進行度別に説明していきます。

虫歯について

虫歯とは虫歯の原因菌の出す酸によって歯が溶かされる病気です。
細菌に感染して起こることから、実は風邪と同じで細菌による感染症でもあります。
ちなみに原因菌の種類はいくつかありますが、一般的なのはミュータンス菌と呼ばれるものです。

さて、虫歯は風邪と同じで細菌による感染症と説明しましたが、
1つ異なる点としては治療しない限り治らない…つまり自然には治らないということです。
治療しなければ虫歯はどんどん進行し、その進行度は「C1」~「C4」の4段階に分けられています。

「C1」の状態

「C1」の虫歯は歯の表面だけ虫歯に感染した状態で、いわゆる虫歯になりたての状態です。
歯の表面はエナメル質に保護されているため、そのおかげでこの時点の虫歯では痛みを感じません。
しかし痛みと感じないことから、虫歯を自覚しにくいという問題もあります。

「C1」の虫歯なら治療も簡単で、状態によっては削らずに治せることもありますし、
削ったとしても歯の表面だけですむため、治療で痛みを感じることもありません。
当然麻酔も必要なく短時間で治せるため、この時点で治療するのが理想です。

「C2」の状態

みなさんが虫歯の症状を連想した時、該当するのはおそらくこの「C2」の虫歯です。
「C2」の虫歯はエナメル質の奥にある象牙質まで進行しており、時折痛みを感じます。
また、食事の際の温度…つまり冷たいものや熱いものでしみることもあるでしょう。

治療においても象牙質まで歯を削る必要があるため、治療で痛みを感じてしまいます。
このため、「C2」の虫歯を治療する際には麻酔を使用するのが一般的です。
痛みを感じるという点から、歯が痛くて虫歯に気づいた時にはこの「C2」の虫歯であることがほとんどです。

「C3」の段階

「C3」の虫歯は歯の神経まで進行した状態で、この状態になると痛みどころか激痛を感じます。
ズキズキと辛い痛みを常に感じるため、夜はまともに眠れないでしょう。
また、ここまでの痛みになると痛み止めを飲んでも完全に治まらないことがあります。

「C3」まで進行した虫歯は治療も少々厄介で、歯を削るだけでなく神経の除去や根管内の清掃が必要です。
また、失った神経は元に戻せないため、以後その歯は変色して見た目も悪く、さらに脆くなってしまいます。
「C3」の虫歯は症状も治療方法も辛いものになりますが、放置しなければここまで進行することはありません。

「C4」の段階

いわゆる末期段階の虫歯で、ここまで進行すると歯は原型を失っているでしょう。
ボロボロに溶かされ、そこに歯があるのかどうかも分からない状態になってしまいます。
「C4」では治療したとしても歯が残せない可能性があり、その場合は抜歯しなければなりません。

とは言え、治療しない限り虫歯の原因菌は生き続けるため、例え歯を残せなくても治療は必要です。
ちなみに、歯を失った場合は入れ歯やブリッジやインプラントでの対処となりますが、
いずれもメリットとデメリットが大きく異なるため、対処の決断には慎重な検討が必要です。

「C4」以降の虫歯

ここまでの説明から、虫歯の進行度は「C1」~「C4」の4段階に分けられており、
「C4」になると歯を失うことが分かります。つまり虫歯になると最終的に歯を失うわけですが、
ずっと放置しておくことでさらなる症状が起こります。

これは虫歯の原因菌が血液に入り込むためで、血管を通じて全身に回ってしまうのです。
その結果、脳に回ることで脳梗塞、心臓に回ることで心筋梗塞が起こることがあり、
実際にこのような病気が起こって死に至ったケースもあるのです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、虫歯の症状についてまとめます。

1. 虫歯について :治療しなければどんどん進行し、進行度は「C1」~「C4」の4段階に分けられている
2. 「C1」の状態 :虫歯になりたての状態で、この状態なら削らずに治せることもある
3. 「C2」の状態 :象牙質まで進行した状態で痛みを感じる。ほとんどの人がこの時点で虫歯に気づく
4. 「C3」の状態 :神経まで進行した状態で激痛を感じる。「C2」で放置しなければここまでの事態にならない
5. 「C4」の状態 :末期段階で歯はボロボロになっている。治療しても歯を残せない可能性がある
6. 「C4」以降の虫歯 :歯を破壊した後、虫歯の原因菌は血液に入り込み、脳梗塞などの病気を引き起こす

これら6つのことから、虫歯の症状について分かります。
このように、虫歯は進行すればするほど深刻な症状が起こります。
このため非常に怖い病気なのですが、その一方で治療すれば100%治せる病気です。
虫歯を自覚したら必ず歯科医院に行って治療してください。
治療を怖がって放置してしまえば、思わぬ深刻な症状を引き起こしてしまうこともあるのです。

PAGE TOP