お問い合わせ・ご予約

初診専用ダイヤル

050-7576-1964

再診・その他のお問い合わせ

B1F03-3775-4181

3F03-6429-1182

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

診療時間:10:00~19:00 ※土日祝は19:00まで

虫歯治療は痛みますか?|大田区大森の歯医者さん|よこすか歯科医院

横須賀歯科医院
横須賀歯科医院へのお問い合わせ:B1F 03-3775-4181 3F 03-6429-1182
LINEから矯正のご相談ができます!

虫歯治療は痛みますか?

大田区大森駅ナカの歯医者さん、大森のよこすか歯科医院です。
今回のテーマは「虫歯治療の痛み」です。
虫歯を自覚しつつも治療をしない…残念ながらそういう人は少なくありません。

このように虫歯を放置してしまう人は、虫歯よりも治療の方が怖いと考えてしまいがちで、
だからこそ治療を受ける気持ちになれず、虫歯をそのまま放置してしまうのです。
言うまでもなくそれは絶対にやってはいけないことですが、治療の痛みが気になる気持ちは理解できます。

そこで、ここでは虫歯治療の痛みをテーマにして、痛みの有無について正直なお話をしていきます。

痛みは虫歯の進行度で異なる

虫歯治療の痛みは、虫歯がどの程度進行しているのかによって異なります。
例えば完全な初期段階の虫歯…この場合痛みは全くありません。
と言うのも、初期の虫歯なら削らずに治せることがあり、削ったとしても歯の表面程度の範囲だからです。

一方、虫歯が進行している場合は痛みを感じます。象牙質まで進行した虫歯は削ると痛みを感じますし、
さらに神経まで進行している場合は神経の除去を含めた根管治療が必要になるからです。
また、重度の虫歯の場合は抜歯が必要になるため、この場合は抜歯の痛みを感じることになります。

つまり、早く治療するほど痛みは小さくなるため、治療の痛みが怖れて放置することは逆効果になるのです。

痛みへの対処

痛みを感じる虫歯治療でも、現在はその対処が充実しているので安心です。
一般的には麻酔の使用で、痛みを感じるほどの治療なら麻酔を使用して治療を行います。
また、麻酔自体の痛みが苦手な人には表面麻酔で対処できます。

これは言わば麻酔の麻酔で、表面にあらかじめ麻酔液を塗って麻酔の痛みを感じなくするものです。
さらに独自の工夫をしている歯科医院もあり、例えばうがいをする時の水の温度調整です。
これはぬるま湯が出る設計になっていて、うがいをした時にしみないための工夫です。

ちなみに、こうした痛みを感じない虫歯治療のことを無痛治療と呼んでいます。

虫歯を放置して起こる問題

いくら痛みへの対処が充実しているとは言え、やはり虫歯治療は怖いと思うかもしれません。
その気持ちは理解できますが、だからと言って放置すると以下のような問題が起こります。

痛みが増す

虫歯の痛みは一定ではなく、進行度に比例して酷くなっていきます。
治療を怖れて放置してしまえば、今以上に歯が痛む事態になります。

辛い治療が必要になる

虫歯が進行すればそれだけ大きな治療が必要で、それは患者さんにとって辛いものになります。
また治療期間も長引きますし、治療期間が長引くことで治療費も高くなってしまいます。

歯の神経を失う

虫歯が進行するとやがて神経まで虫歯菌に侵されます。そうなると神経を失うことになり、
神経を失った歯は非常に脆くなる上、変色して見た目も悪くなってしまいます。

歯を失う

歯を失うのは歯周病だけではありません。末期段階まで進行すれば虫歯でも歯はボロボロになりますし、
そこまでの状態になると治療したとしても歯は残せなくなります。

思わぬ病気を引き起こす

これは虫歯の本当の怖さで、虫歯を放置するとやがて虫歯菌は血液に侵入して血管から全身にまわります。
その結果脳梗塞や心筋梗塞を引き起こすことがあり、実際に死亡例が存在します。

…このように、虫歯を放置することに一切のメリットはありません。
確かに治療は怖いかもしれませんが、放置すればそれ以上に怖い問題が起こってしまうのです。

定期検診のすすめ

虫歯治療の痛みが気になるなら、確実に痛い虫歯治療を受けなくてすむ方法があります。
それは、歯科医院で定期的に検診を受ける習慣を身につけることです。
定期検診では歯のクリーニングなどを行うため、まず虫歯の予防効果を高めることができます。

さらに担当する歯科医が口の中の健康状態を確認するため、
本来なら気づかないほど初期段階の虫歯も発見することができます。
つまり虫歯の予防、さらには早期発見と早期治療が可能になるのです。

このため、少なくとも痛みを感じる治療が必要になるほど虫歯が進行する事態にはなりません。
最も、いくら定期検診を受けてもたった1度受けるだけでは大した効果はなく、
できれば3ヶ月に1度、それが無理なら6ヶ月に1度の頻度で受けるようにしてください。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、虫歯治療の痛みについてまとめます。

1. 痛みは虫歯の進行度で異なる :進行した虫歯の治療ほど痛みを感じるものになる
2. 痛みへの対処 :麻酔、表面麻酔。無痛治療を導入している歯科医院ならさらに独自の工夫も行っている
3. 虫歯を放置して起こる問題 :痛みが増す、辛い治療が必要など、放置することに一切メリットはない
4. 定期検診すすめ :定期検診を受けていれば、例え虫歯になっても初期段階で発見できる

これら4つのことから、虫歯治療の痛みについて分かります。
まとめると、虫歯治療で痛みを感じることがあるのは事実であり、そのための対処方法は2つです。
1つは無痛治療を導入している歯科医院で治療を受けること、もう1つは早く治療することです。
特に後者が重要で、初期段階の虫歯なら削らずに治せることがありますし、
治療を怖れて虫歯を放置してしまえば、より怖いと感じてしまうような治療が必要になってきます。

PAGE TOP