お問い合わせ・ご予約

初診専用ダイヤル

050-7576-1964

再診・その他のお問い合わせ

B1F03-3775-4181

3F03-6429-1182

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

診療時間:10:00~19:00 ※土日祝は19:00まで

インプラントに興味がありますが、治療すると痛みはありますか?|大田区大森の歯医者さん|よこすか歯科医院

横須賀歯科医院
横須賀歯科医院へのお問い合わせ:B1F 03-3775-4181 3F 03-6429-1182
LINEから矯正のご相談ができます!

インプラントに興味がありますが、治療すると痛みはありますか?

大田区大森駅ナカの歯医者さん、大森のよこすか歯科医院です。
今回のテーマは「インプラントの痛み」です。
歯を失った時の対処は入れ歯が一般的ですが、最近ではインプラントが注目されています。

とは言え、インプラントにするのに抵抗を感じる人も多く、何しろインプラントは健康保険が適用されません。
このため治療費が高く、治療に踏み切れない人が多いと思います。
しかしそれだけでなく、治療の痛みが気になって抵抗を感じる人も多いのではないでしょうか。

インプラントが注目される理由

インプラントは「失った歯を取り戻せる」とよく表現されますが、これには2つの理由があります。
1つは見た目が美しいことで、セラミックの被せ物を立てるため天然の歯とほとんど見分けがつきません。
もう1つの理由…これが肝心で、天然の歯と変わらない安定性があることです。

と言うのも、インプラントは歯だけでなく歯の根も再現しているため、
入れ歯のように外れることがないのです。
外れないことで強く噛むこともでき、天然と同じ感覚で食事を楽しめます。

ではどうやって歯の根を再現しているのか?
それはインプラントと呼ばれる人工の歯の根を顎の骨に埋めこみます。
埋め込む手段は手術であり、この治療方法から痛みを気にする人が多いのです。

治療時の痛み

治療時に痛みを感じるとすれば、麻酔の痛みと治療の痛みの2つでしょう。
まず麻酔の痛みですが、これは従来の歯科治療で使用する麻酔の痛みと変わりません。
このためインプラントの麻酔だから痛むということはないのですが、麻酔自体が苦手な人もいるでしょう。

その場合、点滴による鎮静剤や笑気ガスを使用して麻酔への痛みに対処する方法もあります。
最も、こうした工夫は歯科医院独自の工夫になるため、
全ての歯科医院が麻酔の痛みの対処となる工夫を導入しているとは限りません。

次に治療の痛みですが、治療の中では歯肉を切開して顎の骨に穴をあける手術を行います。
ただし麻酔を使用して行うため、実際の治療時…つまり手術時にはそれほど大きな痛みはないでしょう。
それよりも怖いと感じる人が多く、手術という点で痛みよりも緊張や恐怖の方が大きいと思います。

治療後の痛み

治療後は痛みを感じる場面がいくつかあるため、
痛みという点では治療中よりもむしろ治療後の方が痛いと答える人が多いです。
ただし、治療後の痛みについてはある程度対処することも可能です。

まず治療で手術を行うため、治療後は麻酔が切れるとその痛みを感じるようになります。
しかし歯科医院から痛み止めが処方されますし、何よりあらかじめ痛み止めを飲んでおけば、
麻酔が切れた後も痛み止めの効果で痛みを感じずにすみます。

また、治療後間もない状態では血行の良くなる行為をすると痛みを感じてしまい、
例えば飲酒、運動、入浴などがこれに該当します。
逆に言えば、治療後間もない状態でこれらの行為を控えれば、痛みをある程度抑えられるのです。

抜糸の痛み

治療後、1週間ほど経過したら歯肉を縫った糸の抜糸を行います。
抜糸自体は経験がある人もいるでしょうが、歯肉の抜糸は初めてという人も多いと思います。
そこで痛みについてお伝えすると、違和感があるだけで全く痛くないという人もいます。

しかしその一方で痛みを感じる人がいるのも事実であり、表現すると「抜糸時にチクチク痛む」という感覚です。
ちなみに、中には抜糸する時よりも縫ってある状態の方が痛みを感じる人もいます。
この場合、歯肉を縫ってあることへの違和感が原因のため、抜糸によってその違和感はなくなります。

インプラントとリスク

インプラントは手術を必要とする治療のため、他の歯科治療に比べてリスクが生じます。
手術をする以上、どうしても失敗の可能性がゼロにはならないからです。
このため、患者さんも治療を受ける歯科医院にこだわる必要があります。

インプラントの認定医や専門医など、腕の良い歯科医から治療を受けることがリスクの減少につながります。
また、腕の良い歯科医に治療を受けることで必然的に痛みも小さくなるでしょう。
ちなみに治療後もメンテナンスの通院が必要なため、長期間通院できる距離を考えて歯科医院を選びましょう。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、インプラントの痛みについてまとめます。

1. インプラントが注目される理由 :審美性が高く、さらに天然の歯と変わらない安定性を誇るため
2. 治療時の痛み :麻酔をするので治療の痛みはそれほど感じず、むしろ緊張や恐怖を感じる人が多い
3. 治療後の痛み :治療直後は痛み止めで対処。飲酒や入浴などの血行が良くなる行為も控えるべき
4. 抜糸の痛み :痛む人はチクチク痛むと答える人が多い。中には全く痛まない人もいる
5. インプラントとリスク :治療のリスクを減少させるには、腕の良い歯科医から治療を受けること

これら5つのことから、インプラントの痛みについて分かります。
これはインプラントに限ったことではないですが、現在の歯科治療にはそれほど痛みはありません。
例えば痛いイメージの強い虫歯治療でも、痛みを感じるほどの治療内容なら麻酔を使用するからです。
それよりも緊張や恐怖を感じる人が多く、インプラントにもそれと同じことが言えます。

PAGE TOP