お問い合わせ・ご予約

初診専用ダイヤル

050-7576-1964

再診・その他のお問い合わせ

B1F03-3775-4181

3F03-6429-1182

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

診療時間:10:00~19:00 ※土日祝は19:00まで

歯周病の治療で手術をすることがあると聞きましたが、それは本当ですか?|大田区大森の歯医者さん|よこすか歯科医院

横須賀歯科医院
横須賀歯科医院へのお問い合わせ:B1F 03-3775-4181 3F 03-6429-1182
LINEから矯正のご相談ができます!

歯周病の治療で手術をすることがあると聞きましたが、それは本当ですか?

大田区大森駅ナカの歯医者さん、大森のよこすか歯科医院です。
今回のテーマは「歯周病治療で行う手術について」です。
歯周病の治療内容は主にプラークコントロールと歯石の除去です。

これらは歯周病治療において必ず行うものですが、
ある程度進行した歯周病の場合はこれだけの治療では治らないことがあります。
そこで必要になってくるのがフラップ手術…分かりやすく言うと歯肉を切開する手術です。

フラップ手術について

フラップ手術とは歯肉を切開する手術で、麻酔を使用して行います。
さて、そもそもなぜ歯周病治療でこのような手術が必要になるのでしょうか。
歯周病治療の基本は口の中のプラークや歯石を除去することです。

この時、歯と歯の隙間のプラークや歯石を除去するのは難しくないのですが、
問題なのは歯と歯肉の境目の歯周ポケットの溝に入り込んだプラークや歯石の除去です。
軽度の歯周病なら歯周ポケットの溝も浅いのですが、歯周病が進行すると歯周病の溝も深くなるのです。

歯周ポケットの溝が深くなると、そこに入り込んだプラークや歯石を外側から除去できなくなります。
そこで必要になってくるのがフラップ手術で、歯肉を切開して内側からプラークや歯石をするのです。
つまりフラップ手術は歯周病が進行している際に行うことのある治療方法です。

フラップ手術の流れ

フラップ手術は、手術と言っても全身麻酔を使用するような内科の大掛かりな手術とは全く異なります。
流れとしてはまず局所麻酔をかけてから歯肉を切開します。
切開して歯周ポケット内にある歯の根を見える状態にし、歯周ポケット内の炎症性組織を除去します。

さらに専用の器具でプラークや歯石を除去、綺麗に清掃してから切開した歯肉を縫い合わせます。
手術時間は一般的に1時間~2時間ほどで、治療する歯の本数が多い場合はもう少し時間が掛かります。
縫い合わせることで後日抜糸が必要ですが、抜糸までの期間は1週間ほどになります。

<フラップ手術を行うメリット>
歯肉を切開することで歯周ポケットの溝の深くまで目で確認できる状態になります。
このため患部を徹底的に清掃することができ、それによって歯周病の進行を止められるのがメリットです。
ただし再生療法ではないため、破壊されてしまった歯周組織を元に戻すことまではできません。

フラップ手術を避けるには

治療方法としては効果的なフラップ手術ですが、
歯肉を切開するこの治療を敢えて受けたいと思う人はいないでしょう。
では、フラップ手術を行わずに歯周病を治すにはどうすれば良いのでしょうか。

それは簡単で、初期段階の時点で歯周病を治療することです。
フラップ手術は一定以上…正確には中期段階以降まで進行した歯周病治療の際に行うものです。
このため、初期段階で治療すればフラップ手術を行うことなく歯周病を治せます。

ただし歯周病は虫歯の痛みのような明確な自覚症状がないため、初期段階で歯周病に気づくのは困難です。
そこで重要になってくるのが歯科医院での定期検診です。定期検診を受ければ歯周病を早期発見できるため、
少なくともフラップ手術が必要なほど歯周病を進行させてしまうことはないでしょう。

歯周病を予防するには

進行するとフラップ手術が必要になることを考えると、歯周病への予防意識も高まると思います。
では、歯周病はどうすれば予防できるのでしょうか。
以下の3つを実践すれば大抵の歯周病は予防でき、発症しても大きく進行することはありません。

・精度の高い歯磨きをする
歯磨きは歯周病予防の基本ですが、精度の高い歯磨きをしなければ予防効果はありません。
プラークを効率良く除去するには、精度の高い歯磨きが必要だからです。
ブラッシングだけではプラークの除去率は6割程度なので、デンタルフロスや歯間ブラシも使いましょう。

・歯科医院で定期検診を受ける
定期検診では口の中をクリーニングするため、歯磨きで除去しきれないプラークも綺麗に除去できます。
さらに正しい歯磨き方法の指導も受けられるので、毎日の歯磨きの精度を高めることにもつながります。
また歯周病があっても発見できるため、進行前の段階で早期治療できるのです。

・生活習慣を改善する
日常生活の中には歯周病になるリスクを高める要因がいくつも潜んでいます。
例えば疲労やストレスは身体の免疫力を低下させ、歯周病菌に感染するリスクを高めます。
さらに喫煙も歯周病になるリスクを高めますし、こうした要因を取り除くことも大切です。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、歯周病治療で行う手術についてまとめます。

1. フラップ手術について :歯肉を切開し、歯周ポケット内にあるプラークや歯石を除去するのが目的
2. フラップ手術の流れ :局所麻酔をかけて歯肉を切開し、専用の器具でプラークや歯石を除去する
3. フラップ手術を避けるには :早い段階で歯周病を発見して治療すればフラップ手術は必要ない
4. 歯周病を予防するには :精度の高い歯磨きをする、歯科医院で定期検診を受ける、生活習慣を改善する

これら4つのことから、歯周病治療で行う手術について分かります。
歯周病が進行すれば、歯肉を切開するフラップ手術を行わなければなりません。
それを避けるためには歯周病を初期段階で治す、それ以前に歯周病を予防することが大切です。
痛みがないことから歯周病を軽く見てしまう人もいますがそれは大きな間違えで、
放置して進行させてしまえばこのような大きな治療も必要になってくるのです。

PAGE TOP