お問い合わせ・ご予約

初診専用ダイヤル

050-7576-1964

再診・その他のお問い合わせ

B1F03-3775-4181

3F03-6429-1182

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

診療時間:10:00~19:30 ※土日祝は19:00まで

歯周病になると歯が長く見えると聞きましたが、それはなぜですか?|大田区大森の歯医者さん|よこすか歯科医院

横須賀歯科医院
横須賀歯科医院へのお問い合わせ:B1F 03-3775-4181 3F 03-6429-1182

歯周病になると歯が長く見えると聞きましたが、それはなぜですか?

大田区大森駅ナカの歯医者さん、大森のよこすか歯科医院です。
今回のテーマは「歯周病になると歯が長く見える理由」です。
歯周病は自覚症状が少なく、そのため気づかない間に進行することの多い病気です。

とは言え自覚症状が全くないわけでなく、例えば「歯が長くなって見える」という自覚症状があります。
毎日鏡で自分の歯を確認する習慣がある人なら、それに気づくと思います。
さて、ここではそもそもなぜ歯周病になると歯が長くなって見えるのかについて説明していきます。

歯周病の症状

歯周病になると歯肉が炎症を起こしますが、あくまでこれは初期段階で起こる症状です。
歯周病が進行するとそれだけでなく、歯槽骨が徐々に溶かされてしまうのです。
さて、この歯槽骨とは顎の骨のことであり、歯を支える役割を持っています。

つまり歯槽骨が溶かされることは歯が支えを失うことになるわけで、
そうなると歯はグラついてやがて抜け落ちてしまいます。
歯周病で歯を失うのは、このように歯を支える歯槽骨が溶かされてしまうからなのです。

そして「歯周病が進行すると歯槽骨が溶かされる」…この症状を知ることが、
歯周病になると歯が長くなって見える理由を知るポイントになります。

歯が長くなって見える理由

歯周病が進行して歯槽骨が溶かされると、それにあわせて歯肉が退縮します。
分かりやすく言えば、歯肉全体が下がってくるのです。
そして歯肉が下がることで歯は本来見えるはずのない根元まで露出してしまいます。

…これが歯周病になると歯が長くなって見える理由です。
本来見えない歯の根元が見えることで一見歯が長くなったように見えるわけで、
「歯が長くなった」ではなく、「歯肉が下がって歯の根元が露出した」が正確な状態です。

<歯の根元が露出することで起こる問題>
歯の根元が露出すれば当然見た目が悪くなりますが、起こる問題はそれだけではありません。
歯の根元はエナメル質に覆われていないため、象牙質同様に刺激を直接感じてしまいます。
このため歯の根元が露出すると知覚過敏が起き、冷たいものや熱いものがしみてしまうのです。

歯周病以外の原因

「歯周病になると歯が長くなって見える」…と言うことは歯が長くなって見える場合は歯周病なのでしょうか。
もちろんその可能性は高いですが、必ずしもそうとは言い切れません。
以下のような原因でも歯肉が退縮し、歯の根元が露出して歯が長くなって見えるのです。

・歯ぎしり
歯ぎしりは歯に強い負担を掛けます。それも寝ている間に行われるため長時間負担を掛けることになり、
その影響で歯槽骨が溶かされて歯肉が退縮してしまうのです。

・前歯の噛み合わせが悪い
前歯の噛み合わせが悪く受け口になっていると、下の前歯が当たる影響で歯肉が下がります。
そして歯肉が下がることで歯の根元が露出し、歯が長くなって見えます。

・爪を噛むクセがある
特に子供に多い問題です。まず爪を噛むことで歯肉が傷つき、その影響で歯肉が下がります。
さらに初期段階の歯周病…つまり歯肉炎になるとより歯肉が下がってしまいます。

・歯磨きの仕方が悪い
歯をゴシゴシと強く磨きすぎると歯肉が傷ついて下がってしまいます。
特に硬い歯ブラシで強く磨くと起こりやすい問題で、正しい歯磨きの方法を身につける必要があります。

…歯肉が下がって歯が長くなって見える場合、歯周病以外にこれらが原因の可能性があります。
そして見た目では原因が特定できないため、歯科医院に行って診察を受けてください。

歯周病が原因の場合

歯周病が原因で歯が長くなって見える場合、その歯周病はある程度進行していることになります。
歯が長くなって見えるのは歯槽骨が溶かされて歯肉が退縮したためですが、
初期段階の歯周病ではまだこの症状は起こらないからです。

進行していても虫歯のような痛みはないため、仮に歯周病を自覚していても治療しない人もいます。
しかしそのままだと今度は歯がグラつくようになりますし、やがて歯は抜け落ちてしまうでしょう。
また、進行した歯周病の治療では状態によって歯肉を切開する手術を行います。

つまり症状も治療内容もより辛いものになるため、
歯が長くなって見えた場合はそれを自覚症状と受け取ってすぐ歯科医院に行きましょう。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、歯周病になると歯が長く見える理由についてまとめます。

1. 歯周病の症状 :歯肉が炎症を起こし、進行すると歯を支える歯槽骨が溶かされて歯が抜け落ちる
2. 歯が長くなって見える理由 :歯槽骨が溶かされて歯肉が退縮し、歯の根元が露出するため
3. 歯周病以外の原因 :歯ぎしりや噛み合わせの悪さなどが原因の可能性もある
4. 歯周病が原因の場合 :初期段階の歯周病では歯肉は退縮しないため、ある程度進行していることになる

これら4つのことから、歯周病になると歯が長く見える理由について分かります。
歯周病は自覚症状が少なく、そのため静かに進行する病気と呼ばれています。
しかし自覚症状が全くないわけではなく、歯が長くなって見えるのもそんな自覚症状の1つです。
他のことが原因の可能性もありますが断定できないため、まずは歯科医院に行くことが大切です。

PAGE TOP