お問い合わせ・ご予約

初診専用ダイヤル

050-7576-1964

再診・その他のお問い合わせ

B1F03-3775-4181

3F03-6429-1182

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

診療時間:10:00~19:30 ※土日祝は19:00まで

矯正治療は痛いと聞きましたが、本当に痛みはありますか?|大田区大森の歯医者さん|よこすか歯科医院

横須賀歯科医院
横須賀歯科医院へのお問い合わせ:B1F 03-3775-4181 3F 03-6429-1182

矯正治療は痛いと聞きましたが、本当に痛みはありますか?

大田区大森駅ナカの歯医者さん、大森のよこすか歯科医院です。
今回のテーマは「矯正治療の痛み」です。
矯正治療で気になることの1つとして、痛みの有無が挙げられます。

元々「歯科治療=痛い」とイメージしている人も多いでしょうし、
その意味でも矯正治療の痛みを気にする人は多いと思います。
そこで、ここでは矯正治療における痛みの有無について説明していきます。

痛みの有無

結論から言うと、矯正治療で痛みを感じるのは事実です。
矯正治療では既に生えた歯を動かすため、その上で痛みを感じるのは仕方ありません。
また、歯を動かす以外の理由で痛みを感じることもあります。

このような説明をすると不安に感じるかもしれませんが、
痛みを感じる一方でその痛みを最小限に抑える方法があることも事実です。
また常に痛むわけではないため、その点では虫歯の痛みに比べると深刻なものではありません。

では、矯正治療ではどんな場面で痛みを感じ、またその痛みをどうすれば抑えられるのか?
…それについて以下で説明していきます。

矯正装置を装着する痛み

矯正治療では矯正装置を装着しますが、それで痛みを感じることがあります。
ただし痛みを感じてもそれは徐々におさまっていき、日数が経てば痛みを感じなくなります。
しかし新しい矯正装置に交換すると、その直後は再び痛みを感じるようになります。

これは矯正装置によって歯が動くためで、言わば痛みを感じるのは歯を動かしている証拠でもあるのです。
さて、こうした矯正装置の痛みを抑える方法として効果的なのがマウスピース矯正をすることです。
マウスピース矯正でも痛みは感じるものの、ワイヤー矯正に比べて感じる痛みは小さいと言われています。

口内炎の痛み

矯正治療中は口内炎になりやすいため、口内炎の痛みに悩まされる人もいるでしょう。
これはワイヤー矯正で起こりやすい問題なのですが、
矯正装置の金具が頬に当たることで粘膜を傷つけ、その影響で口内炎ができてしまうのです。

分かりやすく言えば、矯正装置が原因で口の中の粘膜を傷つけてしまうわけです。
この対処としては、やはり金属のワイヤーを使用しないマウスピース矯正がおすすめです。
また、専用のワックスを塗ることでも対処できます。

抜歯の痛み

矯正治療では抜歯が必要になるケースがあります。歯を綺麗に並べるにはスペースが必要ですが、
そのスペースが確保できない場合は抜歯で対処することになります。
最も、抜歯は麻酔を使用して行うので痛みそのものはほとんど感じません。

抜歯の場合、痛みよりもむしろ怖さの方を感じてしまうのではないでしょうか。
抜歯を防ぐには歯を削って対処するなどの方法がありますが、
矯正治療の結果を考えれば必要な抜歯であれば抜歯すべきでしょう。

日常生活での痛み

矯正治療では矯正装置を装着しての生活になりますが、
矯正装置の影響で日常生活の中で痛みを感じることがあります。
例えば食事の際、噛む動作をすることで痛みを感じるという人もいます。

また、矯正装置の影響ですぐに頬を噛んでしまうという人もいるのです。
特に矯正装置を新品のものに交換した場合は、慣れるまで何日か痛みを感じてしまうでしょう。
このような日常生活の痛みの有無には個人差がありますが、痛みを感じてもそれは慣れで解決します。

痛みに対処する方法

矯正治療を痛みには上記で説明したようなものがありますが、
これらの痛みへの対処として基本となるのが痛み止めを飲むことです。
痛み止めは歯科医院で処方されたものはもちろん、ドラッグストアなどで販売されているものでも構いません。

また、矯正治療の方法をこだわることでも痛みに対処できます。
例えばマウスピース矯正なら装着の痛みや口の中の粘膜を傷つけるリスクが減りますし、
子供の時に矯正治療しておく…つまり小児矯正を行っておけば抜歯のリスクも減るのです。

さらにワイヤー矯正をする場合にはホワイトワックスがおすすめです。
ホワイトワックスは粘土状になったワックスで、これを矯正装置に塗ることで口の中での摩擦の痛みを防げます。
それを噛む痛みが気になる人は、ある程度やわらかいものを食べるようにすると痛みが軽減します。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、矯正治療の痛みについてまとめます。

1. 痛みの有無 :様々な場面で痛みを感じることがあるが、同時に対処方法も存在する
2. 矯正装置を装着する痛み :マウスピース矯正なら痛みは小さい
3. 口内炎の痛み :マウスピース矯正なら口の中の粘膜を傷つけないため、口内炎ができやすい
4. 抜歯の痛み :麻酔を使用するため、実際にはほとんど痛みを感じない
5. 日常生活での痛み :中には痛みを感じない人もいて、慣れである程度解消できる
6. 痛みに対処する方法 :痛み止め、ホワイトワックスの使用など

これら6つのことから、矯正治療の痛みについて分かります。
矯正治療ではどうしても痛みを感じることがありますが、酷い虫歯のような痛みではありません。
このため、個人差はあるもののそこまで痛みは気にしなくていいですし、
実際に子供でも平気で矯正治療を行うため、痛みを理由に治療を止めるのは勿体ないことです。

PAGE TOP