お問い合わせ・ご予約

初診専用ダイヤル

050-7576-1964

再診・その他のお問い合わせ

B1F03-3775-4181

3F03-6429-1182

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

診療時間:10:00~20:00 ※土日祝は19:00まで

セラミックにも種類があると聞いたのですが、どのような種類を知っておけばいいですか?|大森駅北口改札のすぐの歯医者なら横須賀歯科医院

横須賀歯科医院
横須賀歯科医院へのお問い合わせ:B1F 03-3775-4181 3F 03-6429-1182

セラミックにも種類があると聞いたのですが、どのような種類を知っておけばいいですか?

セラミックにも種類があると聞いたのですが、どのような種類を知っておけばいいですか?

大田区大森駅ナカの歯医者さん、横須賀歯科医院です。
今回のテーマは「セラミックの種類」です。
セラミック治療で使用するセラミックにはいくつか種類があります。

どの種類のセラミックにするのかを決めるのは患者さんですし、
歯科医院によって取り扱っている種類も異なります。
このため、セラミック治療を希望する人はセラミックの種類を知っておくと役立ちます。

そこで、ここでは現状存在するセラミックの種類とそれぞれの特徴について説明していきます。

オールセラミック

文字どおり100%セラミックでできており、セラミックの中でも最も美しいとされています。
使用による変色も起こらずなおかつ長持ちするため、長期間美しいまま使用し続けることが可能です。
また一切金属を使用していない点から、金属アレルギーの人でも安心して使用できます。
審美性と機能性…全てにおいて優れているオールセラミックですが、その分費用が高いのが欠点です。

ハイブリッドセラミック

セラミックとレジンが混ざったタイプで、レジンが混ざっていることが長所にも短所にもなっています。
長所としては他のセラミックに比べて柔軟性があり、さらに費用が安いことです。
短所としてはレジンが混ざっていることで、長年使用すると変色が起こることです。
現在では健康保険適用のハイブリッドセラミックもありますが、それは従来のものより劣っています。

メタルボンド

メタルという名が示すとおり、一部金属を使用したタイプです。
見える表側がセラミック、見えない裏側が金属になっており、
金属を使用している点から他のセラミックに比べて耐久性に優れています。
ただし金属を使用しているため、セラミックでありながらも金属アレルギーの対象になるので要注意です。

ジルコニアセラミック

近年登場した新しいタイプのセラミックです。
ジルコニアセラミックの最大の特徴は硬さで、ジルコニアは人工ダイヤモンドとも呼ばれています。
欠けや割れを指摘されていたセラミックの欠点が克服されており、奥歯でも安心して使用できます。
光沢の差でオールセラミックに劣るものの、ジルコニアセラミックも充分な審美性を誇ります。

…これら4種類のセラミックがあり、それぞれ説明したような独自の特徴を持っています。
さて、以下では全てのセラミックに共通した…いわゆるセラミックの特徴についても説明していきます。

セラミックのメリット

ここからは種類問わず、全てのセラミックに言える特徴を説明します。
まずセラミックには以下のメリットがあります。

審美性が高い
セラミックの最大のメリットは審美性の高さです。最も美しいのはオールセラミックですが、
銀歯やレジンに比べればハイブリッドセラミックでも充分な美しさを誇ります。

二次虫歯を予防しやすい
銀歯は歯と接着しないため、詰め物や被せ物に使用しても劣化すると歯との間に隙間が生じます。
そうすると、隙間から入り込んだ細菌によって二次虫歯を引き起こしてしまいます。
その点セラミックは歯とピッタリ接着するため、二次虫歯を予防しやすいのです。

プラークが付着しにくい
セラミックは表面がツルツルした質感になっているため、プラークが付着しにくくなっています。
この特徴もまた二次虫歯の予防に効果的ですし、歯も清潔に保ちやすいのです。

長持ちする
セラミックは寿命が長く、詰め物や被せ物として10年以上使用できます。
特にオールセラミックならケア次第でさらにそれ以上の期間使用することも可能です。
ちなみに銀歯の寿命は5年ほどなので、セラミックはその倍以上の寿命があります。

金属アレルギーでも使用できる
メタルボンドは別にして、セラミックには金属が使用されていません。
このため、金属アレルギーの人でも安心して使用できます。

セラミックのデメリット

上記で説明したメリットがある一方、セラミックには共通して以下のデメリットがあります。

費用が高い
セラミックは審美治療に含まれるため、健康保険が適用されません。
ハイブリッドセラミックは比較的安くなっていますが、それでも銀歯に比べれば高額です。

硬さは銀歯に劣る
セラミックの材質は陶器ですから、単純に強度においては銀歯に劣ります。
このため、あまり強い力で噛みすぎると欠けや割れといった事故が起こり得ます。
ちなみに、この欠点はジルコニアセラミックにすることで克服できます。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、セラミックの種類についてまとめます。

1. オールセラミック :セラミックの中で最も美しいが、その分費用は高い
2. ハイブリッドセラミック :レジンが混ざったタイプ。費用が安めに設定されたお手軽なセラミック
3. メタルボンド :金属を使用しているため頑丈。ただし金属アレルギーの対象になるので注意
4. ジルコニアセラミック :硬さに優れた新しいタイプのセラミック
5. セラミックのメリット :審美性が高い、二次虫歯を予防しやすい、長持ちするなど
6. セラミックのデメリット :費用が高い、硬さは金属に劣るなど

これら6つのことから、セラミックの種類について分かります。
オールセラミック、ハイブリッドセラミック、メタルボンド、ジルコニアセラミック、
これら4種類のセラミックに加え、セラミックに共通するメリットとデメリットを知っておきましょう。

PAGE TOP