お問い合わせ・ご予約

初診専用ダイヤル

050-7576-1964

再診・その他のお問い合わせ

B1F03-3775-4181

3F03-6429-1182

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

診療時間:10:00~20:00 ※土日祝は19:00まで

妊娠中から生まれてくる子供のために出来るデンタルケアはあるのでしょうか?|大森駅北口改札のすぐの歯医者なら横須賀歯科医院

横須賀歯科医院
横須賀歯科医院へのお問い合わせ:B1F 03-3775-4181 3F 03-6429-1182

妊娠中から生まれてくる子供のために出来るデンタルケアはあるのでしょうか?

大田区大森駅ナカの歯医者さん、横須賀歯科医院です。
今回のテーマは「妊娠中に子供のためにできるデンタルケア」です。
妊娠してお腹に赤ちゃんがいることが分かると、女性はより体調面に注意するようになります。

自分が体調を崩せばそれがお腹の赤ちゃんに影響を及ぼす感じがしますし、
赤ちゃんは母になる女性の身体から栄養を取り入れるため、その点で食生活にも注意するでしょう。
そして、赤ちゃんが元気に育つためにはデンタルケアも大切です。

1. 妊娠中の虫歯や歯周病

妊娠中の虫歯や歯周病は、お腹の赤ちゃんにいくつもの悪影響をもたらします。
例えば妊娠中は従来の薬を飲むことはできないため、虫歯治療で使用することに抵抗を感じてしまうでしょう。
最も、虫歯治療で使用する薬がお腹の赤ちゃんに悪影響を及ぼすとは考えにくいですが、
それでも現状では100%問題ないとは言い切れません。

また、妊娠中に女性が虫歯になってしまうと、生まれてくる子供も虫歯になりやすいとデータがあるのです。
そして、もっと問題になるのが歯周病です。妊娠中に女性が歯周病になってしまうと、
早産や低体重児を出産するリスクが7倍以上も高まります。
これらの点から、妊娠中は生まれてくる子供のためにも虫歯や歯周病に注意しなければなりません。

2. 悪阻の時期にも歯磨きを欠かさない

悪阻は言わば嘔吐とイコールですから、悪阻によってお口の中が不衛生になります。
また、悪阻で出る胃液は強酸性のため、お口の中を虫歯になりやすい環境にしてしまいます。
悪阻で苦しむ時期には歯磨きをすることすら辛いですし、
中には歯磨き粉の香りや味で気分が悪くなってしまう女性もいるでしょう。

しかし、だからと言って歯磨きをしなければ虫歯や歯周病を招いてしまいますし、
上記で説明したとおり妊娠中の虫歯や歯周病はお腹の赤ちゃんに悪影響をもたらします。
このため、悪阻の時期にも歯磨きを欠かさないようにしてください。
食後のタイミングにこだわらなくてもいいので、気分の良い時に歯磨きしておきましょう。

3. 歯科医院で検診を受ける

これも悪阻が酷い時に我慢して受ける必要はなく、気分の良い時で構いません。
妊娠中の虫歯や歯周病は確実に予防しなければならないですし、
もし虫歯や歯周病になってしまった時は、体力を考えて短期間で治療を終えるのが理想です。
つまり予防と早期治療の心掛けが大切であり、そのために必要なのが歯科医院での検診です。

悪阻で歯磨きが困難な際は歯科医に相談すればアドバイスが貰えますし、
磨き方だけでなく歯ブラシのチョイスの仕方なども教えてくれるでしょう。
また、初期の虫歯や歯周病は自覚症状がないため、実際に虫歯や歯周病になっていても気付きにくいのです。
しかし、検診を受けることでそんな初期の虫歯や歯周病も発見できるので、早期治療ができるのです。

4. 食生活で赤ちゃんの歯を丈夫にする

デンタルケアという表現からは少々ズレるかもしれないですが、
赤ちゃんの歯を丈夫にしたいのであれば妊娠中の食生活が重要です。
と言うのも、永久歯の大半は赤ちゃんがお腹にいる時に歯肉の中で作られるからです。
栄養を考えた食生活で、将来生えてくる赤ちゃんの歯を丈夫にしてあげてください。

必要な栄養素としてはカルシウム、これはお腹の赤ちゃんだけでなく女性の歯にも良い効果をもたらします。
他にはビタミンA、C、D…これは歯のそれぞれの箇所を、異なった複数の種類のビタミンが形成します。
さらにタンパク質、これは歯の基質を作るために必要な栄養素です。
これらの栄養素を摂取する食生活の積み重ねが、お腹の赤ちゃんの歯を丈夫にしてくれます。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、妊娠中に子供のためにできるデンタルケアについてまとめます。

  1. 妊娠中の虫歯や歯周病 :子供も虫歯になりやすくなる、早産や低体重児出産のリスクが高まるなどの問題
  2. 悪阻の時期にも歯磨きを欠かさない :時間やタイミングにこだわらず、体調の良い時に磨くようにする
  3. 歯科医院で検診を受ける :自分では気付かない初期の虫歯や歯周病を発見して早期治療できる
  4. 食生活で赤ちゃんの歯を丈夫にする :カルシウム、ビタミンA、C、D、タンパク質を摂取する

これら4つのことから、妊娠中に子供のためにできるデンタルケアが分かります。
妊娠中は虫歯や歯周病にかかりやすくなります。悪阻によってお口の中が不衛生になりますし、
女性ホルモンの分泌が過剰になることでそれをエネルギーにする歯周病菌が活発に働きます。

このため、普段以上のデンタルケアが必要ですし、そのデンタルケアがお腹の赤ちゃんのためにもなるのです。
そして、妊娠中のデンタルケアのコツは、時間やタイミングにこだわらないことです。
食後に気分が悪ければ後からでもいいのです。体調の良い時に歯磨きや検診を受けるなどして、
虫歯や歯周病の予防、さらにはこれらの早期治療を心掛けてください。

PAGE TOP