お問い合わせ・ご予約

初診専用ダイヤル

050-7576-1964

再診・その他のお問い合わせ

B1F03-3775-4181

3F03-6429-1182

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

診療時間:10:00~20:00 ※土日祝は19:00まで

下の親知らずが痛いのですが、どう対処すればいいですか?|大森駅北口改札のすぐの歯医者なら横須賀歯科医院

横須賀歯科医院
横須賀歯科医院へのお問い合わせ:B1F 03-3775-4181 3F 03-6429-1182

下の親知らずが痛いのですが、どう対処すればいいですか?

大田区大森駅ナカの歯医者さん、横須賀歯科医院です。
今回のテーマは「下の親知らずが痛む時の対処方法」です。
親知らずの痛みは虫歯や歯周病に負けず劣らずつらいものですね。
ちなみに、正確にいえば親知らずは上にも下にも生えてくるのですが、痛くてつらいのは下の親知らずです。

上の親知らずは人によっては痛みすら感じないこともあるのですが、
下の親知らずの場合は生えてくる角度などによって歯肉が傷つき、その影響で強い痛みを感じます。
ここでは、そんな下の親知らずが痛む時の対処方法について説明していきます。

1. 応急処置

下の親知らずが痛む時には歯科医院に行く…初めてに言っておくとこれが鉄則です。
応急処置はあくまで応急処置、一時的に痛みを治める以上の効果はありません。
とは言え、夜中に痛んだ時など歯科医院に行きたくても行けないタイミングもあるでしょうから、
そんな緊急時に一時的に痛みを治める方法として参考にしてください。

さて、下の親知らずが痛む時の応急処置の方法は主に2つです。
1つは冷やすことであり、細菌の繁殖も考えてぬるめのお湯でうがいもしておくといいでしょう。
もう1つは痛み止めを飲むことで、これは歯科医院で処方されたものではなく市販のものでも構いません。
即効性はないものの、薬が効いてこれば下の親知らずの痛みは確実に引いていきます。

2. 歯科医院と抜歯

下の親知らずが痛むなら歯科医院に行くべきということは、実際には誰もが分かっています。
それでも行かない人が多いのは、歯科医院に行くことで抜歯を提案される可能性を恐れているからです。
さて、実際に下の親知らずが痛む時に抜歯するかどうかですが、これは一概に抜歯するとは言えません。
下の親知らずを抜歯する場合は抜歯が必要なケースであり、例えば生え方の向きが不自然な場合です。

そうではなく真っすぐ生えている場合は抜歯しないこともありますし、
現状のままで問題なくプラークの除去が可能と見られれば、やはり抜歯の必要性はなしと判断されます。
とは言え、今回のテーマどおり下の親知らずが痛むのであれば、
痛みや腫れが確認できることで抜歯をすすめる可能性が高いでしょう。

3. 歯科医院に行く前にしてはいけないこと

これは医学的にというよりは、歯科医院に行く恐怖心が増してしまう要素についてのお話です。
それは、親知らずの抜歯についてインターネットや雑誌などで調べないことです。
例えばインターネットの場合、親知らずの抜歯について細かく説明している歯科医院もあるでしょうし、
中には実際の画像を使って説明する歯科医院もあるかもしれません。

抜歯が気になる気持ちは分かりますが、こうした知識は余計な恐怖心を抱く要因になるのです。
「歯肉の切開」と聞くだけでいい気分はしないでしょうし、知識を仕入れることに何のメリットもありません。
また、歯科医としてコメントするなら人間のお口の中の状態は人それぞれ全く異なっており、
インターネットによる情報はあくまで一例でしかないのです。

4. 抜歯による痛みの処置

下の親知らずの抜歯は誰もが嫌がりますが、痛みでいうなら痛むのはむしろ抜歯後です。
抜歯自体は麻酔を使用するため、実際にはほとんど痛みはないのです。
このため、抜歯に関しては「痛み」よりも「恐怖」の方が強い人がほとんどです。
一方、抜歯後は麻酔も切れるため、一定時間経過するとどうしても痛みを感じてしまうのです。

さて、そんな抜歯による痛みへの処置ですが、まず歯科医院で痛み止めが処方されます。
ただし痛み止めには即効性がないため、痛んでからではなく麻酔が効いているうちに飲んでおきましょう。
また、アルコールや喫煙は抜歯した際の傷口に刺激を与えてしまうので厳禁です。
さらに治療後24時間以内に限定すれば、冷やすことでも痛みを減らせます。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、下の親知らずが痛む時の対処方法についてまとめます。

  1. 応急処置 :痛み止めを飲む、冷やすなど。あくまで応急処置のため、治療としての効果は全くない
  2. 歯科医院と抜歯 :親知らずの状態次第では必ずしも抜歯するとは限らない
  3. 歯科医院に行く前にしてはいけないこと :ヘタに抜歯の知識を仕入れると逆に恐怖心が増してしまう
  4. 抜歯による痛みの対処 :麻酔が効いているうちに痛み止めを飲んでおく。飲酒や喫煙は厳禁

これら4つのことから、下の親知らずが痛む時の対処方法が分かります。
下の親知らずが痛んだ時には、後のことを考えて必ず歯科医院に行ってください。
抜歯を考えると歯科医院に行くことに抵抗があるかもしれませんが、抜歯自体にそこまでの痛みはありません。

痛むのはむしろ抜歯後になりますが、それにおいても痛み止めの処方などの対処をしっかりと行います。
下の親知らずの痛みでずっと悩まされることを考えれば、実際には歯科医院に行った方が遥かに楽なのです。
最も、行きたくても行けないタイミングで痛んだ時には、ここで紹介した応急処置を参考にしてください。

PAGE TOP