お問い合わせ・ご予約

初診専用ダイヤル

050-7576-1964

再診・その他のお問い合わせ

B1F03-3775-4181

3F03-6429-1182

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

診療時間:10:00~20:00 ※土日祝は19:00まで

ホワイトニングに痛みはありますか?|大森駅北口改札のすぐの歯医者なら横須賀歯科医院

横須賀歯科医院
横須賀歯科医院へのお問い合わせ:B1F 03-3775-4181 3F 03-6429-1182

ホワイトニングに痛みはありますか?

大田区大森駅ナカの歯医者さん、横須賀歯科医院です。
今回のテーマは「ホワイトニングの痛み」です。
ホワイトニングは虫歯や歯周病と違い、審美目的の治療です。

しかし歯科治療である以上、やはり痛みの有無を気にする人が多いでしょう。
実際にホワイトニングで痛みを感じたという人もいますし、逆に痛みを感じないという人もいます。
なぜ人によってこのように違うのか?…ここではホワイトニングの痛みについて説明していきます。

知覚過敏

ホワイトニングで痛みを感じる場合、その原因は知覚過敏によるものです。
知覚過敏は日常生活でも起こることがあり、虫歯はないのに一瞬ピリッとしみる症状のことです。
最も、虫歯ではないため知覚過敏の痛みはあくまで一時的…ずっと続くわけではありません。

ホワイトニングでもこの知覚過敏が起こり、一時的にしみたり痛んだりすることがあるのです。
これはホワイニングの薬剤が歯に浸透することで、象牙質に届いてしまうことが原因です。
逆に言えば、象牙質にホワイトニングの薬剤が届かなければ知覚過敏は起こりません。

知覚過敏が起こりやすい人

知覚過敏は誰にでも起こるものではなく、エナメル質が何らかの理由で破損している人に起こります。
そもそも歯の表面はエナメル質で覆われており、本来歯は刺激から保護された状態になっています。
しかし何らかの理由でエナメル質が失われている場合、その箇所は刺激を直接感じてしまうのです。

例えば虫歯…現在虫歯になっている、もしくは治療で歯を削った人は患部のエナメル質が失われ、
象牙質が剥き出しになっています。さらにぶつけるなどの衝撃でエナメル質を傷つけてしまうこともあり、
こうした場合はエナメル質の保護が及ばないために知覚過敏が起こってしまいます。

歯肉の痛み

ホワイトニングをすることで、歯ではなく歯肉に痛みを感じることがあります。
この場合、歯が痛むわけではないので知覚過敏が原因ではありません。
可能性として考えられるのは歯周病、もしくは歯肉が傷ついているケースです。

まず歯周病ですが、この場合は歯肉が炎症を起こして腫れた状態になっているため、
そこにホワイトニングの薬剤が浸透することで痛みを感じてしまいます。歯肉が傷ついている場合も同様で、
傷口にホワイトニングの薬剤が浸透することで痛みを感じてしまうのです。

ホワイトニングで痛みを感じた時の対処

ホワイトニングの痛みが知覚過敏によるものなら、通常24時間以内に痛みは治まります。
しかしその痛みを無理に我慢する必要はないですし、痛みを感じた時の対処方法もあります。
ホワイトニングで痛みを感じた場合、以下の方法を実践すれば痛みを治めることができます。

•痛み止めを飲む
ホワイトニングを行っている時点で痛みを感じたなら、歯科医に伝えれば痛み止めを処方してもらえます。
帰宅してから痛くなった場合は市販の痛み止めを飲んでも構いません。
ちなみに、痛み止めは即効性がないのですぐには痛みが治まらないのが欠点です。

•冷たいものを飲食しない
知覚過敏が起こると温度でさえ刺激となって感じてしまいます。
このため、冷たいものを飲食するとそれが原因で痛みを感じてしまうのです。
ホワイトニングを行った後は知覚過敏を考えて24時間は冷たいものの飲食をしないようにしてください。

•知覚過敏用の歯磨き粉を使って歯磨きする
歯磨き粉には様々な種類のものがありますが、その中には知覚過敏対策のものもあります。
これは歯科医院ではなく薬局でも販売されているため、
お店の薬剤師さんに相談して知覚過敏用の歯磨き粉を購入して使用してください。

ホームホワイトニングの注意点

ホワイトニングの中には、マウスピースを使用して自宅で行える方法もあります。
これはホームホワイトニングと呼ばれる方法で、
本来なら歯科医院でマウスピースと薬剤を受け取って自宅でホワイトニングを行います。

しかし、中にはインターネットを利用して、歯科医院を介さずにホームホワイトニングしてしまう人もいます。
この場合、虫歯や歯周病があってもそれに気付かずホワイトニングすることになってしまい、
ここでお伝えしたような知覚過敏が起こってしまうため要注意です。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、ホワイトニングの痛みについてまとめます。

1. 知覚過敏 :象牙質にホワイトニングの薬剤が浸透することで知覚過敏が起こる
2. 知覚過敏が起こりやすい人 :虫歯のある人、虫歯治療で歯を削っている人、歯をぶつけたことがある人
3. 歯肉の痛み :歯周病や歯肉が傷ついた状態だと歯肉に痛みを感じる
4. ホワイトニングで痛みを感じた時の対処 :痛み止めを飲む、冷たいものを飲食しないなど
5. ホームホワイトニングの注意点 :インターネットを利用して歯科医院を介さず行うと虫歯に気付けない

これら5つのことから、ホワイトニングの痛みについて分かります。
知覚過敏の痛みは一時的なものですから、通常24時間すれば治まります。
しかし痛みが治まらずに数日続くようであれば、その時は歯科医院に行って歯科医に相談してください。
この場合、別の原因で痛んでいる可能性があります。

PAGE TOP