お問い合わせ・ご予約

初診専用ダイヤル

050-7576-1964

再診・その他のお問い合わせ

B1F03-3775-4181

3F03-6429-1182

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

診療時間:10:00~20:00 ※土日祝は19:00まで

見えない矯正があると聞いたのですが、どんなものですか?|大森駅北口改札のすぐの歯医者なら横須賀歯科医院

横須賀歯科医院
横須賀歯科医院へのお問い合わせ:B1F 03-3775-4181 3F 03-6429-1182

見えない矯正があると聞いたのですが、どんなものですか?

大田区大森駅ナカの歯医者さん、横須賀歯科医院です。
今回のテーマは「見えない矯正方法について」です。
矯正治療において最大のネックとなるのは、矯正装置の装着です。

子供の場合はともかく、見た目を気にする大人からすればいくら歯並びを綺麗にするためとは言え、
1年も2年も目立つ矯正装置を装着して生活することに抵抗を感じるでしょう。
しかし、最近ではそんな患者さんの悩みを解消する「見えない矯正方法」も存在します。

舌側矯正

裏側矯正とも呼ばれ、文字どおり裏側…つまり舌側に矯正装置を装着する方法です。
矯正装置のタイプとして従来のものとほとんど同じですが、
表側ではなく舌側に装着することで矯正装置が人から見えにくくなります。

このため、会話の時に金属のワイヤーが丸見えになってしまうことがありません。
ただし、舌側に矯正装置を装着することでそれならではの欠点があるのも事実です。
具体的には舌に矯正装置があたることで発音がしづらい、歯磨きがしづらいなどの欠点が挙げられます。

マウスピース矯正

矯正方法の中で最近人気なのが、このマウスピース矯正です。
矯正装置が透明なマウスピースであるため、人が見てもほとんど矯正装置の装着に気付きません。
また、マウスピースは自分で取り外しできるため、日常生活における支障も解消できます。

マウスピースを外せば食事の際は矯正前と変わらない食生活を送れますし、
歯磨きの際に外せば歯磨きしづらい問題が解消され、虫歯や歯周病も予防しやすくなります。
ただし基本的には装着したままにする必要があるため、外すのはこうした食事や歯磨きの際のみです。

マウスピース矯正のメリットとデメリット

マウスピース矯正は、従来のワイヤー矯正と比べて矯正装置以外にも異なる点がいくつかあります。
それらをメリットとデメリットに分けてまとめると以下のようになります。

3-1. マウスピース矯正のメリット
最大のメリットは、見えない矯正と表現されるとおり目立ちにくいことです。
さらに自由に取り外しできるため、普段どおりの食事や歯磨きが可能です。
このため従来のワイヤー矯正に比べると審美性が高く、なおかつ不自由な点が少ないのがメリットです。

3-2. マウスピース矯正のデメリット
マウスピース矯正とワイヤー矯正を比較した時、歯を動かす力は後者の方が長けています。
つまり、マウスピース矯正はワイヤー矯正よりも歯が動きにくいため、対応できる症例が限られています。
このため歯並びの凸凹さによっては、マウスピース矯正では対応できないと判断されるケースもあります。

<補足・マウスピースの装着時間について>
マウスピース矯正のメリットとして、「自由に取り外しができる」とお伝えしましたが、
確かに取り外し自体は自由に行えるものの、基本的には装着したままでの生活になります。
と言うのも、矯正の効果を出すためには1日20時間近くの装着が必要になるからです。

このため、マウスピースを外せるのは上記でお伝えしたような食事や歯磨きなどの場面に限られます。
それ以外の場面で外してしまうと結果的に装着時間が短くなり、矯正の効果が得られなくなってしまいます。

vマウスピースの種類

マウスピース矯正で使用するマウスピースは同じではなく、いくつかの種類があります。
その中でも多くの歯科医院で採用されているのがアソアライナーとインビザラインで、
これらのマウスピースはそれぞれ独自の特徴を持っています。

4-1. アソアライナーについて
マウスピース矯正の場合、歯の移動に合わせて定期的にマウスピースを交換します。
そして、アソアライナーはそういったマウスピースの交換時に毎回型を取る必要があります。
それは一見手間に思えますが、毎回現状にピッタリ合ったマウスピースを装着できることにもなります。

つまり、常に精度の高い矯正装置を装着することができるのです。
精度が高ければ違和感も小さいため、矯正装置を装着することへの負担も軽減されるでしょう。
欠点を挙げるなら、以下でお伝えするインビザラインに比べて対応できる症例が少ないことです。

4-2. インビザラインについて
インビザラインはアソアライナーに比べて幅広い症例に対応できるのが長所です。
実際にインビザラインは世界中で愛用されており、
マウスピースの矯正装置として現状ナンバー1のシェアを誇っています。

さらにあらかじめ治療後の歯並びを3Dでシミュレーションできるため、
先に見えない矯正治療において患者さんもモチベーションを保ちやすくなります。
欠点としては優秀な反面、費用が高いことです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、見えない矯正方法についてまとめます。

1. 舌側矯正 :舌側に矯正装置を装着するため、会話時でも矯正装置が目立たない
2. マウスピース矯正 :目立たない上に自分で取り外しできるため、食事や歯磨きに不自由さを感じない
3. マウスピース矯正のメリットとデメリット :審美性が高いが、対応できる症例に限りがある
4. マウスピースの種類 :一般的にはアソアライナーとインビザラインが多く採用されている

これら4つのことから、見えない矯正方法について分かります。
舌側矯正やマウスピース矯正を行うことで、矯正装置の審美性の低い問題が解消されます。
このため、矯正中の見た目を理由に矯正治療を諦めていた人は、歯科医に相談してみると良いでしょう。

PAGE TOP