お問い合わせ・ご予約

初診専用ダイヤル

050-7576-1964

再診・その他のお問い合わせ

B1F03-3775-4181

3F03-6429-1182

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

診療時間:10:00~20:00 ※土日祝は19:00まで

メタルボンドとは何ですか?|大森駅北口改札のすぐの歯医者なら横須賀歯科医院

横須賀歯科医院
横須賀歯科医院へのお問い合わせ:B1F 03-3775-4181 3F 03-6429-1182

メタルボンドとは何ですか?

大田区大森駅ナカの歯医者さん、横須賀歯科医院です。
今回のテーマは「メタルボンドについての説明」です。
今回はセラミック治療についてお伝えしますが、セラミック治療で使用するセラミックには種類があります。

オールセラミック、ハイブリッドセラミック、メタルボンド、ジルコニアセラミック…正確にはこの4種類ですが、
これらのセラミックはそれぞれ独自の特徴を持っています。
ここでは、そんなセラミックの種類の中でメタルボンドについて説明していきます。

メタルボンドの特徴

セラミックの中でもメタルボンドは少々特殊な作りになっています。
と言うのも、メタルボンドは100%セラミックではなく、名前のとおり金属が使用されています。
具体的には金属のフレームにセラミックが焼き付けてあり、例えるなら一部金属を使用したセラミックです。

この金属を使用している点は、メタルボンドの長所にも短所にもなっています。
まず長所としては、金属で補強してあることで耐久性に優れていることです。
欠けや割れが心配されるセラミックですが、メタルボンドなら奥歯の被せ物としても安心して使えます。

次に短所ですが、セラミックの奥が金属になっているために透明感に欠けていることです。
また年数が経って劣化すると、金属部分が露出する、
さらには金属イオンの溶け出しで歯肉が黒ずむなどの問題が起こる可能性もあります。

銀歯との比較

次に、メタルボンドと銀歯を比較した際の長所と短所を説明します。

2-1. 長所
まず長所として真っ先に挙げられるのが審美性の高さです。メタルボンドの短所に注目すると、
「劣化による金属の露出」や「金属イオンの溶け出しによる歯肉の黒ずみ」など、審美性の短所が挙がります。
それでもセラミックである以上、銀歯と比べれば審美性は格段に高くなっています。

また、表面のセラミックはツルツルした感触になっているためプラークが付着しにくく、
銀歯に比べて二次虫歯を予防しやすくなっています。
さらに金属で補強されている点から、セラミックでありながら銀歯と同等の耐久度を誇っています。

2-2. 短所
短所として真っ先に挙げられるのは費用の高さです。
最も、これはメタルボンドに限らず全ての種類のセラミックに言えることで、
セラミックは健康保険適用外となるため銀歯に比べて費用が高くなります。

また、金属アレルギーを理由にセラミックを希望する人がいますが、
メタルボンドは一部金属を使用しているため、銀歯と同じで金属アレルギーの対象になってしまいます。
このため、金属アレルギーの人にはメタルボンドは銀歯同様におすすめできません。

ジルコニアセラミックの登場

メタルボンドは金属を使用している点から、他の種類のセラミックに比べて審美性は低めです。
その反面耐久性には優れているため、その硬さがメタルボンドの長所でもありました。
しかし最近、新しいタイプのセラミックとしてジルコニアセラミックが登場しました。

ジルコニアセラミックは人工ダイヤモンドとも呼ばれるジルコニアを使用しており、
メタルボンドと同じで耐久性に優れたタイプです。
さらにジルコニアセラミックは金属を使用していないため、審美性の高さも兼ねそろえているのです。

もちろん金属アレルギーの対象にもならないため、
現状ではジルコニアセラミックがメタルボンドの後継的存在になりつつあります。
ただしジルコニアセラミックにも短所があり、それはセラミックの中でも費用が高く設定されていることです。

その他の種類のセラミック

セラミックの種類は今回のテーマであるメタルボンド、上記で説明したジルコニアセラミック、
それ以外にはオールセラミックとハイブリッドセラミックがあります。

実際にセラミック治療を受ける際にはセラミックの種類を選択することになるため、
今回登場していないオールセラミックとハイブリッドセラミックについても簡単に説明しておきます。

•オールセラミック
100%セラミックでできており、セラミックの中で最も美しいタイプです。
ジルコニアセラミック以上に審美性が高く、金属アレルギーの人でも安心して使用できます。
セラミックの最上位に位置づけられており、そのため費用が高いのが唯一の欠点です。

•ハイブリッドセラミック
レジンを混ぜたセラミックで、費用が安くお手軽なセラミックとして位置づけられています。
ただし費用が安い分、審美性の高さはオールセラミックやジルコニアセラミックに劣りますし、
レジンを混ぜてあることから長年使用すると変色することもあります。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、メタルボンドの説明についてまとめます。

1. メタルボンドの特徴 :一部金属を使用しているため耐久性に優れており、奥歯にも安心して使用できる
2. 銀歯との比較 :銀歯より審美性が高く、二次虫歯を予防しやすい。ただし費用は銀歯よりも高額になる
3. ジルコニアセラミックの登場 :耐久性と審美性の両方を備えたジルコニアセラミックというタイプが登場
4. その他の種類のセラミック :オールセラミックとハイブリッドセラミック(特徴は本文参照)

これら4つのことから、メタルボンドの説明について分かります。
メタルボンドの特徴をまとめると、金属を使用している点が長所にも短所にもなっています。
長所は金属の耐久性を備えていることで、メタルボンドなら奥歯に使用しても安心です。
短所はセラミックでありながら金属アレルギーの対象になること、
そして使用年数の経過によって金属が露出し、審美性を損なう可能性があることです。

PAGE TOP