お問い合わせ・ご予約

初診専用ダイヤル

050-7576-1964

再診・その他のお問い合わせ

B1F03-3775-4181

3F03-6429-1182

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

診療時間:10:00~20:00 ※土日祝は19:00まで

歯列矯正は大人になってからでもできますか?|大森駅北口改札のすぐの歯医者なら横須賀歯科医院

横須賀歯科医院
横須賀歯科医院へのお問い合わせ:B1F 03-3775-4181 3F 03-6429-1182

歯列矯正は大人になってからでもできますか?

大田区大森駅ナカの歯医者さん、横須賀歯科医院です。
今回のテーマは「大人の歯列矯正について」です。
基本的に歯科治療において年齢制限はないですが、歯列矯正に至っては子供の治療のイメージがあります。

実際、子供の歯列矯正を希望する親御さんが歯科医院に来ることは多いですが、
親御さん自身が歯列矯正を希望するというケースは、みなさんもイメージしにくいと思います。
では実際に大人が歯列矯正を希望することは可能なのでしょうか。

大人でも歯列矯正は可能

今回のテーマの結論を言うと、大人でも歯列矯正をすることは可能です。
可能は可能ですが大人と子供で比較した場合、治療のタイミングとしておすすめなのは子供です。
つまり、「歯列矯正は大人でも可能だが、できれば子供の時に行った方が良い」と言うのが答えです。

と言うのも大人が歯列矯正を行う場合は、子供の歯列矯正にはないデメリットがいくつかあるからです。
では、大人の歯列矯正にはどんなデメリットがあるのでしょうか。

大人の歯列矯正のデメリット

大人が歯列矯正をする場合、以下のデメリットがあります。

・抜歯が必要になる可能性が高い
大人は既に永久歯が生えそろい、顎の骨も成長を終えています。
このため、成長を予測した治療計画を立てることができません。
歯列矯正をするのであれば、歯のスペースを確保するための抜歯が必要になるケースが多いのです。
最も、子供の歯列矯正でも抜歯が必要になることがありますが、大人の歯列矯正の方が可能性は高いでしょう。

・後戻りが起こりやすい
大人の歯は完全に成長を終えており、そのため子供の歯に比べて動かしにくい問題があります。
歯列矯正によって歯を動かすことは可能ですが、元々動きにくい分、治療後の後戻りも起こりやすくなります。
また、「動きにくい」や「後戻りしやすい」などの点から、治療期間も長くなります。

・口腔内の健康状態の問題
歯列矯正は口腔内…つまりお口の中の健康状態によってはスムーズに治療をスタートすることができません。
例えば、虫歯や歯周病があった場合はそれらの治療を優先しなければならないのです。
最も、これは子供の場合も同じことが言えますが、口腔内の健康状態は大人の方が悪いことが多いのです。

矯正装置について

歯列矯正では矯正装置を使用しますが、この矯正装置の使用に抵抗を感じる人は非常に多いです。
子供の場合は審美性を気にすることはないかもしれませんが、大人の場合はそうはいきません。
目立つ金属のワイヤーを装着して生活するのは嫌だと感じる人が多いでしょう。

ただし、これについては見えない矯正方法が存在します。
例えば裏側矯正…これは従来のワイヤーを文字どおり裏側に装着する矯正方法で、
表側から矯正装置が見えないことで審美性の点で問題ありません。

さらにマウスピース矯正…これは最近人気の矯正方法です。
着脱式のマウスピースが矯正装置になっており、食事や歯磨きの時には自分で外すことができます。
さらに見た目も透明で目立ちにくいため、裏側矯正同様に審美性の高さが特徴です。

大人の歯列矯正のタイミング

子供の歯列矯正について最も多い質問は「治療開始のタイミング」です。
これは子供の場合は乳歯から永久歯に生え変わる時期がありますし、
顎の骨も成長期の段階であるため、それらに合わせた歯列矯正のベストタイミングがあるためです。

では大人の場合はどうなのか?…大人の場合は治療のベストタイミングと言うものはありません。
既に永久歯が生えそろって顎の骨も成長を終えているため、好きなタイミングで治療をスタートできます。
このように大人の歯列矯正は好きなタイミングで行えるため、その点は大人の歯列矯正の長所でしょう。

敢えて言うなら、大人の場合は仕事生活の問題が治療のタイミングに関わってきます。
と言うのも歯列矯正は治療期間が長い治療ですから、当然通院する期間も長くなります。
例えば転勤や長期出張があれば通院できなくなるため、その点の問題を考える必要はあるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、大人の歯列矯正についてまとめます。

1. 大人でも歯列矯正は可能 :大人でも歯列矯正はできるが、タイミングとしては子供の時に行った方が良い
2. 大人の歯列矯正のデメリット :抜歯が必要になる可能性が高い、後戻りが起こりやすく治療期間が長い
3. 矯正装置について :審美性の問題を気にするなら、裏側矯正やマウスピース矯正などの方法がある
4. 大人の歯列矯正のタイミング :子供の場合と違い、大人の歯列矯正はタイミングにこだわらなくて良い

これら4つのことから、大人の歯列矯正について分かります。
大人と子供、歯列矯正を行うタイミングはどちらがベストなのか?…その質問に対する答えは後者です。
しかし、だからと言って大人は歯列矯正ができないというわけではありません。
大人でも時間を掛ければ歯列矯正は可能なので、希望する人は歯科医院で相談してみてください。

PAGE TOP