お問い合わせ・ご予約

初診専用ダイヤル

050-7576-1964

再診・その他のお問い合わせ

B1F03-3775-4181

3F03-6429-1182

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

診療時間:10:00~20:00 ※土日祝は19:00まで

セラミックは保険でできるのでしょうか?|大森駅北口改札のすぐの歯医者なら横須賀歯科医院

横須賀歯科医院
横須賀歯科医院へのお問い合わせ:B1F 03-3775-4181 3F 03-6429-1182

9月, 2017年

  • セラミックは保険でできるのでしょうか? 2017.09.20

  • 大田区大森駅ナカの歯医者さん、横須賀歯科医院です。
    今回のテーマは「セラミックと保険適用の有無」です。
    皆さんは健康保険適用の条件をご存じでしょうか?

    実は、医療機関で受けられる治療の全てに健康保険が適用されるわけではありません。
    当然歯科医院の治療においても例外ではなく、中には保険が適用されない治療もあるのです。
    そして、セラミックもまた保険が適用されない治療の1つです。

    1. 保険が適用されない理由

    セラミックで保険が適用されないのは、冒頭でも触れた「健康保険適用の条件」が理由になっています。
    健康保険適用の対象となるのは、「健康を手にする上で必要最低限の治療」となっています。
    さて、セラミックは詰め物や被せ物として使用しますし、どちらも健康を手にする上で必要な治療ですね。

    その意味では、セラミックも「健康を手にする上で」という条件は満たしています。
    しかし「必要最低限の治療」とはならず、それはセラミックが審美目的も兼ねているからです。
    つまりセラミックは必要最低限以上の価値があり、そのため健康保険適用の条件が除外されてしまうのです。

    2. セラミックにする価値

    健康保険が適用されない以上、セラミックの費用は高くなります。
    ただし、セラミックには費用に見合った価値があることを忘れてはいけません。
    逆に言えば、そういったプラスαの価値からこそ、健康保険が適用されないのです。
    では具体的にどんな価値があるのか?…以下でセラミックにするメリットを挙げていきます。

    見た目が美しい

    保険適用となる銀歯は、あくまでも詰め物や被せ物としての最低限の仕様にしかなっておらず、
    審美性は全く無視したものになっています。しかしセラミックは見た目が美しく、
    詰め物や被せ物とは言え、天然の歯と見比べても遜色ない光沢のある白さを誇っています。

    二次虫歯になりにくい

    銀歯にすると使用するにつれて、詰め物や被せ物と歯との間に隙間が生じるようになってきます。
    そうなるとその隙間から細菌が侵入し、二次虫歯を引き起こしてしまいます。
    一方セラミックは隙間が生じにくく、さらにプラークの付着も防げるので二次虫歯になりにくいのです。

    金属アレルギーの心配がない

    金属アレルギーを持っている方にとっては、これも大きなメリットと言えるでしょう。
    セラミックは陶器を素材としているため、一部のタイプのものを除き金属を使用していません。
    このため、銀歯のように金属アレルギーで不安を抱える必要がないのです。

    長持ちする

    セラミックの詰め物や被せ物は、銀歯に比べて寿命が長い特徴があります。
    ケアさえしっかり行っていれば、オールセラミックの場合普通に10年以上使用している方も珍しくありません。
    また、目立った変色などの劣化も起こりにくいため、使用している間は美しさを維持できるのです。

    …これらはいずれも銀歯では得られない、セラミックならではのメリットです。

    3. セラミックの種類

    セラミックにはいくつかの種類があり、それぞれ費用が異なります。
    そして、中にはお手軽な費用のセラミックもあります。
    例えばハイブリッドセラミック…これはセラミックとレジンを混ぜ合わせたタイプです。

    100%セラミックではない分、ハイブリッドセラミックは費用がお手軽というメリットがあるのです。
    他にもオールセラミック、メタルボンド、ジルコニアセラミックといった種類がありますが、
    それぞれ特徴が異なるのはもちろん、費用も異なります。

    4. 銀歯とセラミックではどちらがおすすめか

    保険が適用される銀歯と適用されないセラミック…これだけでどちらがおすすめかは判断できません。
    確かに、何よりも費用の安さを重視するのであれば、銀歯の方がおすすめと言えるでしょう。
    しかし、上記で説明したようにセラミックはそれならではのメリットをいくつも持っています。

    このため、詰め物や被せ物に対して何を重視するかによっておすすめが決まります。
    例えば審美性や機能性を重視するのであれば、
    いくら健康保険が適用されないとは言え、おすすめなのはセラミックになるのです。

    まとめ

    いかがでしたか?
    最後に、セラミックと健康保険適用の有無についてまとめます。

    1. 保険が適用されない理由 :セラミックにすることは審美目的を兼ねることになるため
    2. セラミックする価値 :見た目の美しさや二次虫歯の予防など、費用の高さに見合った価値はある
    3. セラミックの種類 :セラミックとレジンを混ぜたハイブリッドセラミックは費用がお手軽になっている
    4. 銀歯とセラミックではどちらがおすすめか :何を重視するかで決まる。審美性を求めるならセラミック

    これら4つのことから、セラミックと健康保険適用の有無が分かります。
    まとめると、健康保険適用となる治療は「健康を手にする上で必要最低限の治療」という条件があります。
    そして審美目的を兼ねたセラミックは「必要最低限の治療」と認められず、健康保険が適用されないのです。

    ではセラミックにするのは損なのか?…そんなことはありません。
    セラミックには銀歯にはない審美性の高さや機能性があり、
    これらを求めるのであれば例え費用が高くてもセラミックの方がおすすめです。

  • 銀歯とセラミックで迷っていますが、セラミックの利点 2017.09.10

  • 大田区大森駅ナカの歯医者さん、横須賀歯科医院です。
    今回のテーマは「セラミックの銀歯と比較してのメリット」です。
    虫歯治療をした際などの詰め物や被せ物は、材質を選ぶことができます。

    その材質として一般的なのが銀歯ですが、近年注目されているのはセラミックです。
    そこで、ここではセラミックの利点について考え、銀歯との比較を交えながら説明していきます。
    銀歯とセラミックで迷っている方は、それぞれの特徴を知る上でぜひ参考にしてください。

    1. 審美性が高い

    詰め物や被せ物はイコール虫歯の治療跡でもありますし、本来人に見られたくない部分です。
    その上銀歯は目立つため、とても審美性が高いとは言えません。
    その点、セラミックは天然の歯と遜色ない美しさを誇っています。

    特にオールセラミックは光沢のある白さを持っているため、天然の歯と見分けがつかないほどの美しさです。
    つまり、詰め物や被せ物として美しいだけでなく、詰め物や被せ物だと分からないほど審美性が高いのです。
    本来人に見られたくない部分が見せても平気になる…この審美性の高さがセラミック最大の利点です。

    2. 二次虫歯になりにくい

    そもそも詰め物や被せ物は、治療した歯を細菌の感染から防ぐために歯を覆っています。
    このため隙間なく覆っているのですが、銀歯の場合は使用するうちに隙間が生じてしまうのです。
    銀歯が劣化しやすい材質であることと、そもそも銀歯は歯と接着しにくいのが理由になっています。

    そして、隙間が生じてしまうことでそこから細菌が侵入し、二次虫歯…つまり再び虫歯が起こってしまうのです。
    その点セラミックは歯との接着の相性も良く、なおかつプラークが付着しにくい特徴も持っています。
    これらの点からセラミックは銀歯に比べて二次虫歯を予防しやすいのです。

    3. 金属アレルギーの心配がない

    銀歯の素材は言うまでもなく金属ですから、金属アレルギーの方からすれば脅威になるでしょう。
    しかしセラミックの素材は陶器ですから、金属アレルギーの方でも安心して使用できます。
    つまり、セラミックには金属アレルギーの心配がないという利点もあるのです。

    ただしこれに関しては1つだけ注意点があり、全てのセラミックがその対象というわけではありません。
    と言うのも、セラミックの中にはメタルボンドというタイプがあり、これは一部金属を使用しているからです。
    このため、金属アレルギーの回避を理由にセラミックを希望する方は、
    それについて歯科医に伝え、金属アレルギーが起こらないタイプのセラミックを選択する必要があります。

    4. 寿命が長く劣化が起こりにくい

    セラミックは銀歯に比べて寿命が長く、選ぶタイプやケア次第で10年も20年も使用可能です。
    また、その間劣化も起こりにくいため、目立った変色を起こすこともありません。
    一方、銀歯は寿命が短い上に長年使用していると劣化して金属イオンが溶け出してきます。

    そうなると、溶け出した金属イオンの影響で歯肉が黒く変色してしまうのです。
    また、銀歯は劣化することで歯との接着が弱まるため、上記で説明した二次虫歯のリスクも高まります。
    セラミックはこうした目立った劣化が起こらず、なおかつ寿命自体も長い特徴があるのです。

    5. セラミックの欠点

    セラミックの利点という今回のテーマからは逸れてしまいますが、
    実際にセラミックにするかどうかを利点だけで判断するのは禁物です。
    利点だけでなく欠点を把握し、その上で考えなければなりません。

    ちなみに銀歯と比較した上でのセラミックのデメリットは2つで、1つは費用の高さです。
    健康保険が適用されないセラミックは、適用される銀歯に比べて費用が高くなります。
    もう1つは強度の問題で、単純な強度においては金属である銀歯の方が硬い仕様になっています。

    まとめ

    いかがでしたか?最後に、セラミックの銀歯と比較してのメリットについてまとめます。

    1. 審美性が高い :セラミックは天然の歯と変わらないほどの白さと光沢を持ち、銀歯よりも美しい
    2. 二次虫歯になりにくい :セラミックはプラークが付着しにくく、隙間も生じにくいので二次虫歯を防げる
    3. 金属アレルギーの心配がない :セラミックは陶器なので金属アレルギーが起こらない(メタルボンド以外)
    4. 寿命が長く劣化が起こりにくい :銀歯に比べて長持ちする。ケア次第では10年や20年の使用も可能
    5. セラミックの欠点 :銀歯より費用が高く、強度が劣る。こうした欠点を把握しておくことも大切

    これら5つのことから、セラミックの銀歯と比較してのメリットが分かります。
    補足しておくと、セラミックの欠点として「銀歯よりも強度は劣る」と挙げましたが、
    最近ではジルコニアセラミックという非常に硬いセラミックも存在します。

    ジルコニアはダイヤモンドの代わりとして用いられるほど硬いため、
    ジルコニアセラミックにすれば強度における欠点は克服できます。
    また、費用の高さにおいてもそれに見合う価値があることも事実です。

  • セラミック治療とは何ですか?また、銀歯と何が違うの 2017.09.01

  • 大田区大森駅ナカの歯医者さん、横須賀歯科医院です。今回のテーマは「セラミック治療の説明と銀歯との比較」です。ホワイトニングやインプラントなど、近年歯科の世界では審美治療が注目を集めています。

    そして、審美治療の中で最も一般化しつつあるのでセラミック治療です。銀歯ではなくセラミックの詰め物や被せ物を使用するセラミック治療、ここではその治療の特徴を銀歯との比較を交えて説明していきます。

    セラミック治療とは

    セラミック治療とは、詰め物や被せ物をセラミック製のものにする治療で、分かりやすく表現するなら「セラミックの詰め物や被せ物を入れる治療」です。以前までは詰め物や被せ物の材質は銀歯が一般的でしたが、最近ではセラミックが人気となっています。

    このため、銀歯を使用している方がセラミック治療によってセラミックに交換するケースも増えているのです。ではなぜ銀歯ではなくセラミックにこだわる方がそこまで増加しているのか?…それはもちろん、セラミックには銀歯よりも優れた特徴がいくつもあるからです。

    セラミックのメリット

    では実際にセラミックにするメリットを銀歯との比較を交えて説明していきます。

    審美性が高い

    銀歯は目立つため、とても審美性が高いとは言えません。その点セラミックは見た目が美しく、詰め物や被せ物であったとしても天然の歯と遜色ない審美性の高さを誇ります。

    また、銀歯を使用していると金属が溶け出して歯肉が変色してしまうのですが、セラミックにはそれもありません。つまり歯だけでなく、歯肉の美しさも維持することができるのです。

    金属アレルギーが起こらない

    セラミックは文字どおり陶器ですから、金属を使用していません。このため、金属アレルギーの方でも安心して使用できるのです。

    ただしセラミックにはいくつか種類があり、その中の1つにメタルボンドというタイプのものがありますが、このタイプは一部金属を使用しているため、全てのセラミックが金属を非使用というわけではありません。

    二次虫歯を予防できる

    銀歯はプラークが付着しやすく、さらに長年の使用で劣化していきます。そうなると詰め物や被せ物としての接着も弱まってしまい、歯との間に隙間が生じてしまいます。

    この時、生じた隙間から細菌が侵入することで二次虫歯が起こりますが、セラミックはプラークが付着しにくい上に隙間も生じにくいため、二次虫歯を予防できるのです。

    長持ちする

    詰め物や被せ物は人工物ですから、一生使用できるというわけではなく寿命があります。そして、セラミックはその寿命が非常に長いという特徴があるのです。

    つまり、銀歯に比べて圧倒的に長持ちしますし、劣化によって変色が起こることもほとんどありません。肝心の寿命の長さはケア次第で変わりますが、オールセラミックなら10年や20年使用している方もいます。

    セラミックのデメリット

    何事にもメリットとデメリットがあるように、セラミックにもデメリットはあります。そこで、次にセラミックのデメリットを銀歯との比較を交えて説明していきます。

    費用が高い

    セラミックは基本的に保険が適用されないため、保険適用となる銀歯に比べて費用は高くなります。とは言え、セラミックには上記で説明した複数のメリットがあることを考えると、銀歯と比べれば高くなるものの、単に高額なわけではなくそれに見合った価値があるのも事実です。

    欠けたり割れたりすることがある

    セラミックは陶器ですから、金属である銀歯と比べると強度の点では劣ります。このため、あまり強い力で噛んでしまうと欠けたり割れたりしてしまうことがあるのです。
    最も、強度に関してはジルコニアセラミックを選択することで問題は解決します。

    セラミックの種類

    セミックにはいくつかの種類があります。ここまでの説明の中でもメタルボンドやジルコニアセラミックが登場しましたが、これらを含めてセラミックの種類と特徴を説明します。

    オールセラミック

    100%セラミックを使用したタイプで、セラミックの中でも最も美しいとされています。

    ハイブリッドセラミック

    セラミックとレジンを混ぜたタイプで、レジンが混ざっているため費用が安めなのがメリットです。

    ジルコニアセラミック

    100%セラミックなのに加え、金属と変わらないほどの強度を持つ新しいタイプのセラミックです。

    メタルボンド

    一見セラミックですが、見えない裏側は金属になっているタイプです。

    まとめ

    いかがでしたか?最後に、セラミック治療の説明と銀歯との比較についてまとめます。

    1. セラミック治療とは :詰め物や被せ物をセラミックのタイプにする治療
    2. セラミックのメリット :審美性が高い、金属アレルギーが起こらない、二次虫歯になりにくいなど
    3. セラミックのデメリット :費用が高い、金属より強度が劣るため欠けや割れが起こるなど
    4. セラミックの種類 :オールセラミック、ハイブリッドセラミック、ジルコニアセラミック、メタルボンド

    これら4つのことから、セラミック治療の説明と銀歯との比較について分かります。セラミックは見た目が美しいだけでなく、二次虫歯の予防や長持ちするといった機能性が高い特徴を持っています。つまり、詰め物や被せ物としての見た目においても質においても銀歯より優れているのです。

PAGE TOP