お問い合わせ・ご予約

初診専用ダイヤル

050-7576-1964

再診・その他のお問い合わせ

B1F03-3775-4181

3F03-6429-1182

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

診療時間:10:00~20:00 ※土日祝は19:00まで

妊娠すると歯が弱くなると聞きましたが、本当ですか?どうしたらよいですか?|大森駅北口改札のすぐの歯医者なら横須賀歯科医院

横須賀歯科医院
横須賀歯科医院へのお問い合わせ:B1F 03-3775-4181 3F 03-6429-1182

妊娠すると歯が弱くなると聞きましたが、本当ですか?どうしたらよいですか?

大田区大森駅ナカの歯医者さん、横須賀歯科医院です。
今回のテーマは「妊娠すると歯が弱くなるのは本当なのか?」です。
妊娠すると歯が弱くなって虫歯になりやすい…そう聞いたことがある人もいると思います。

最も、そう聞いたことはあっても理由までは分からないという人がほとんどでしょうし、
理由が分からないとなると、妊娠で歯が弱くなるというのは本当なのかも疑わしくなってきます。
そこで、ここでは妊娠中の歯の状態について解説していきます。

1. 間違った知識に注意

妊娠すると歯が弱くなる、その理由として赤ちゃんにカルシウムを取られてしまうと答える人がいます。
まずこの知識は間違いで、赤ちゃんのせいで歯が弱くなることはありません。
そもそも歯のカルシウムというのは妊娠に限らず、どんな場合も血液中に溶け出すことはないのです。

と言うことは、当然胎盤を通してお腹の赤ちゃんに歯のカルシウムが届くことはあり得ないのです。
しかし、妊娠すると虫歯などの病気になりやすいというのは本当です。
当然それには理由があるわけで、以下の項目でその正しい理由を解説します。

2. 悪阻の影響

個人差はあるものの、妊娠すると一定の期間は悪阻に悩まされます。
そして、この悪阻が虫歯などを引き起こしやすくなる要因の一つになります。
理由は簡単で、悪阻によってお口の中を清潔な状態に保つのが難しくなるからです。

悪阻による嘔吐でお口の中が汚れますし、嘔吐によって出される胃液は強酸性で歯に悪影響を及ぼします。
さらに悪阻で気分が悪いと歯磨きすら苦しくなり、とても丁寧に磨くような余裕はないでしょう。
このような理由でお口の衛生面に問題が起こり、そのせいで虫歯などを引き起こしやすくなるのです。

3. 飲食の頻度が増える

お腹にいる赤ちゃんが大きくなってくると、内臓が押し上げられることによって胃が圧迫されます。
そうなると、どうしても少しずつ何度も食事する生活習慣になってしまいます。
また、鉄分や水分を補うための飲食の機会も増えるでしょう。

こうして時間を決めずにちょこちょこと飲食をすることは、虫歯になるリスクを高める要因になるのです。
飲食の頻度が高いことでお口の中は酸性状態が続くため、歯が溶かされて虫歯を招きます。
最も、これは妊娠中に限ったことではないので、
元々ダラダラ食べるのが習慣になっている人は例え男性や子供でも虫歯を引き起こしやすいのです。

4. 唾液の分泌量が低下する

これは、妊娠によって女性ホルモンのバランスが変化するのが原因です。
女性ホルモンのバランスが変化することで唾液に粘り気が出てくる上、唾液の分泌量も低下します。
つまり、「量が少なくてネバついている」というタイプの唾液に変化します。

さて、唾液は細菌を洗浄する役割を持っているのですが、
ネバついている上に量も少ないことで、従来の洗浄効果を発揮できなくなるのです。
その結果細菌を除去しきれなくなり、さらに口の中は酸性状態が続くため虫歯になりやすいのです。

5. 歯周病にも注意

妊娠中は歯だけでなく歯肉にも注意が必要で、いわゆる歯周病です。
歯周病菌の中には女性ホルモンをエネルギーとするものもあり、
さらに妊娠するとその女性ホルモンの分泌が活発になるのです。
そうなるとそれをエネルギーとする歯周病菌の働きも当然活発になり、歯周病になるリスクが高くなるのです。

ちなみに「男性よりも女性の方が歯周病になりやすい」と言いますが、
それは妊娠中には女性ホルモンの分泌が活発になることが根拠として挙げられています。
また、妊娠中の歯周病は低体重児出産のリスクが7倍高めるとも言われており、
徹底予防はもちろん、実際に歯周病になってしまった際には早期治療が必要です。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、妊娠すると歯が弱くなるのは本当か?についてまとめます。

  1. 間違った知識に注意 :「赤ちゃんにカルシウムを取られるから歯が弱くなる」は間違っている
  2. 悪阻の影響 :悪阻の影響で口の中を清潔に保ちづらく、さらに吐く時に出る胃液が歯に悪影響を及ぼす
  3. 飲食の頻度が増える :一定時期になると少量を何度も飲食するようになり、それが虫歯のリスクを高める
  4. 唾液の分泌量が低下する :唾液の分泌量が低下することで洗浄効果が不充分になり、虫歯になりやすい
  5. 歯周病にも注意 :女性ホルモンの分泌が活発になることで歯周病菌の働きも活発になる

これら5つのことから、妊娠すると歯が弱くなるのは本当か?が分かります。
そもそも赤ちゃんにカルシウムを取られるという間違った知識を生む元は、
「妊娠すると歯が弱くなる」という表現にあります。

正確には「妊娠すると口の中が虫歯になりやすい環境になる」と表現すべきでしょう。
しかし、いくら虫歯になりやすいといっても妊娠中の虫歯や歯周病はお腹の赤ちゃんにも影響を与えます。
このため、体調の良い時には歯科医院で検診を受けるなど、妊娠中は虫歯や歯周病対策が必須です。

PAGE TOP